けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海外不動産投資のリスク

引き続き海外不動産投資(主に東南アジア)の話です。

やはり不動産投資特に海外となると、為替リスクをはじめとした多くのリスクが気になります。

書籍などの情報を元に、主なリスクおよび対処法をまとめてみました。

 リスク説明対処法
物件完成前現地エージェントにだまされる日本では宅建業法登録した業者しか不動産販売できないが、海外ではそうした仕組みがないところもある。
悪質な現地エージェントにだまされるケースもある。
英米などでは仕組みが整っており、だまされる確率は低い。
現地の日本人エージェントは、必ずしも信用できない。
日本にもビジネス拠点を持つ人・現地人も顧客にしている人であれば信用できる可能性は高い。
だまされないためには、第3者に意見を求めるのも有効。
(決定版! 海外不動産投資《地球の買い方》より)
建設会社の倒産建築中の物件(プレビルド)の場合、完成前に建設会社の倒産などにより工事が中断してしまうリスクがある。信用のおける建設会社を選ぶ
資金調達リスクローンが組めないリスクローン審査が通らなかった場合、現金で決済するか違約金を払って解約するしかない。
物件完成後為替リスク売却時に、代金を円に交換する場合に為替差損がでる可能性がある。-
カントリーリスク政治体制の変更・政策・規制・税制の変更・財政破綻・テロ・戦争-
天災地震・台風・洪水など-
賃料・物件価格が下がるリスク-賃貸需要の高い地域を選ぶ。
空室リスク4%程度賃貸需要の高い地域を選ぶ。
サブリースを付ける
流動性リスク不動産は現金化に時間がかかる。資金に余裕を持たせる。
金利上昇リスクローン返済の金利が上昇するリスクがある。-
家賃滞納-オーストラリアでは、2~3週間家賃を滞納したら、簡易裁判をやって強制執行をすればよい。
(決定版! 海外不動産投資《地球の買い方》より)

これだけでもかなりありますね。
やはり株や債券、ソーシャルレンディングなどと比べるとリスクの種類や気を付けなければならない点ははるかに多いようです。

他にもいろいろあると思いますが、わかったら随時追加していきます。

ちなみに、フィリピンペソの過去5年間の為替レートの推移は以下の通りでした。
フィリピンペソ為替レート

http://philippinepeso.ryogae.com/exchange_rate.php

最高: 0.58 ペソ/円
最低: 0.40 ペソ/円
⇒変動率 31.0%
なので、投資期間を5年間とすると、最大で3割程度の為替リスクを想定しておけば良さそうです。

また、実際に購入する際は現地に行って現物を確認し、契約を行う必要があります。
フィリピンであれば成田から4~5時間で行けるようですが、やはり何度も行くのは大変でしょう。
  1. 2014/06/14(土) 05:00:00|
  2. 海外不動産投資
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィリピンホテルファンドについて | ホーム | maneoマーケット情報(2014年5月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kennygorou931old.blog.fc2.com/tb.php/516-2c4a9c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。