けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MRIインターナショナル社の資産消失問題とソーシャルレンディング

アメリカの資産運用会社MRIインターナショナルが、顧客から預かった資産約1300億円の大半を消失したことはニュース等でさんざん報道されているのでご存じの方も多いかと思いますが、この件に関連して、2013年4月30日にmaneoのメールマガジンに以下の記載がありました。

<以下引用>
MRIインターナショナル社の資産消失問題に関して、
maneoあてにも何通かお問い合わせが寄せられました。

(以下、頂いたお問い合わせの一部抜粋。お名前は伏せさせていただきます)

先日MRI社の損害事件で、金融庁は第2種金融商品取扱業者の調査が不十分と言われています。
同じ立場のmaneoは健全な会社であると、投資家達にご説明する(Webページに声明文書をアップするなど)などのご対応をしてはいかがでしょうか??
私はmaneoの運用実績などがグラフで常に見れるようになっていますので、非常に透明性が高く、正しく運用できていると思っておりますが、
更に言葉でご説明していただけるとなお投資する立場の者としては安心できます。

(以上、抜粋終わり)

MRIインターナショナル社の件では(過日のAIJ事件もそうでしたが)、
投資家の皆様からお預かりした資金を自社の運転資金や他の投資家への配当に『流用』したものとされております。

これは、投資家からお預かりした資金を『分別管理』していなかったことから発生している問題です。

投資資金が投資対象に向かっており、しかし、投資対象から想定する収益が上がらず、
元本が毀損するリスクとは別の問題です。

メルマガでもお伝えしたこともありますし、募集ページにも重要事項説明書にも記載しておりますが、
maneoにも『借入先からの返済が行われず元本を毀損するリスク』はあります。
また、maneoサービスの主たる営業者であるmaneo社(貸金業務)やmaneoマーケット社(投資家からの資金の募集・勧誘業務)の倒産リスクもあります
(お陰様で黒字運営はできておりますが)。

ただ、MRIインターナショナル社やAIJ社の資産消失問題は、上記『信用リスク』や『倒産リスク』とは全く問題の性質が異なります。

本来、投資家の資金は、営業者の資金とは『分別管理』することが求められております。

maneoの仕組みにおいては、この分別管理を徹底するために『maneoエスクロー社』が存在します。
投資家の皆様のご資金は、投資対象へ向かうまでの間、あるいは投資対象からの元本および収益が分配された後は、
このmaneoエスクロー社の『レンダー資金口』という口座にて管理されています。

要すれば、投資家の皆様のお金は、主たる営業者であるmaneo社およびmaneoマーケット社とは別の会社・別の口座で分別管理されており、
営業者の運転資金や元本および収益への分配に流用している事実はございませんので、ご安心ください
(ご安心くださいというのも変な話で、当たり前の事なんですが…)。

<引用終わり>


MRIの被害にあった個人投資家は約8700人にも上り、ほとんどが日本での被害だったそうです。
出資金の大半を個人投資家に約束した運用には回さず、他の投資家への配当金の支払いに流用していた疑いが持たれています。

MRIが手掛けていたのは、米国のMARS(Medical Account Receivables、診療報酬請求債権)を運用対象とした金融商品で、円建てで年6%~9.6%の高利回りをうたっていました。

maneoの案件の中には「保険療養費立替金支援ローン」などがあり、5%~8%の利回りをうたっています。
maneoに問い合わせをしたという投資家の方も、MRIの報道を見て思わず不安を覚えたのでしょう。

さて、「maneoは(MRIと同じような)投資詐欺であるかどうか」は非常に答えを出すのが難しいテーマであり、また別の記事で詳細に検討してみたいと思います。(個人的にはもちろんmaneoもAQUSH・SBIソーシャルレンディングとも投資詐欺ではないと思ってはいますが)


とりあえずここでは、上記maneoのメールにある「maneoは顧客資産を分別管理しているから資産消失は起こり得ない。」という主張について考えてみたいと思います。

報道によると、MRIも「分別管理を行っている」と虚偽の説明をして投資家から資金を集めていた可能性も出ているそうです。
また、数年前にはFX会社が何社か破綻しましたが、その際も分別管理をうたっていながら実は資産を流用していたことがありました(すみません、正確な会社名は覚えていないのですが)。

そもそも業者が分別管理をうたっていても、その主張自体の真偽がわからないのであればあまり安心材料とはなりません。
必ずしも「業者が分別管理をうたっているから安全」とは言えないということです。

(繰り返しになりますが、個人的にはもちろんmaneoもAQUSH・SBIソーシャルレンディングとも投資詐欺ではないと思ってはいます)






  1. 2013/06/22(土) 19:12:13|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ソーシャルレンディングが投資詐欺である可能性はないのか(maneo編)(1) | ホーム | AQUSH運用状況(2013年5月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kennygorou931old.blog.fc2.com/tb.php/422-b9f435a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。