けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイヤモンドオンライン記事紹介「平均投資利回り7%超の新しい金融商品 「ソーシャルレンディング」とは?」

ダイヤモンドオンラインでソーシャルレンディングに関する記事が掲載されているので紹介します。

平均投資利回り7%超の新しい金融商品「ソーシャルレンディング」とは?


記事の中で紹介されているのはAQUSH・maneo・SBIソーシャルレンディングの3つです。

最大のリスクである貸し倒れ率の低さについては以下のように記載されています。(以下はAQUSHの貸し倒れ率についての評価です。)

(以下引用)
 まだ事業を開始して数年しか経っていないため、貸倒率の定義を他の銀行や消費者金融と同じ定義で見ることはできない状況だが、三菱UFJフィナンシャルグループの前期末開示資料では、同社の破綻更生等債権(経営破綻に陥っている債務者に対する債権)比率は0.12%、危険債権(債権の元本の回収及び利息の受取ができない可能性の高い債権)が0.77%とのことであり、貸倒率が1%に満たない状況はある程度評価されてよさそうである。
(引用終わり)

AQUSHの貸し倒れ率は消費者金融と同じくらいのレベルであり、特に低くはない、との見方です。

一方、ソーシャルレンディングのもう一つの特徴である「ソーシャル」の面については、
「投資家が出したお金が最終的に誰にどのように使われたかが見えないため、ソーシャルレンディングの言葉で連想させるソーシャル性がやや薄いという面は否めない。」との評価です。

maneoが個人向けから事業・不動産向けに路線変更をしたため、確かに現在借り手と貸し手のコミュニケーションの場を提供しているソーシャルレンディングというのは現在ほとんど無い状況です。

記事の全体の評価としては、7%以上の高利回りに対して貸し倒れリスクはそれほど高くはなく、投資商品の一つとして有望であるとの評価です。

ソーシャルレンディングが一般向けの投資雑誌でも紹介されることが増えてきています。知名度があがることで今後投資家のすそ野が広がっていくと思われます。
投資家のすそ野が広がることで貸出金利の低下をもたらし、それが借り手を呼び寄せるという好循環が起こると期待しています。




↑SBIソーシャルレンディングでの借入はこちらから








  1. 2011/10/26(水) 20:43:59|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SBIソーシャルレンディングで返済遅延発生 | ホーム | SBIソーシャルレンディング運用状況(2011年10月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kennygorou931old.blog.fc2.com/tb.php/249-3a2d805d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。