けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

BIG tomorrowで融資型クラウドファンディングが取り上げられました。

3月25日発売のBIG tomorrow5月号で融資型クラウドファンディングが取り上げられました。


BIG tomorrow(ビッグトゥモロ 2015年 05 月号 [雑誌]BIG tomorrow(ビッグトゥモロ 2015年 05 月号 [雑誌]
(2015/03/25)
不明

商品詳細を見る



相互リンク先の「ソーシャルレンディング赤裸々日記」管理人のファイアフェレットさんのインタビューを元に、ほぼ見開き2ページに渡って紹介されています。
「毎月10万円が定期的に入ってくる1口オーナー生活の始め方」という特集の中で、トップを飾っています。
他に紹介されているのは1口馬主、購入型クラウドファンディング、会員制別荘のオーナーなどです。

ファイアフェレットさんの過去3年の具体的な収益額や実際に投資している案件も掲載されており、説得力があります。
ファイアフェレットさんは毎年40万円以上の収益をあげているとのことです。
利回りの高さや安定性など融資型クラウドファンディングの魅力が非常によくわかる記事です。

私もそうですが、ファイアフェレットさんも以前株やFXで大きな損失を出したことがあるそうです。
融資型クラウドファンディング投資を始める人はみんな通る道なのでしょうか。


さて、今回の記事では「1口オーナー」という括りの中で融資型クラウドファンディングが紹介されているわけですが、
世間的には融資型クラウドファンディングはどういうカテゴリーに位置付けられているのでしょうか。

私が先日出版した著書は、大きな書店では、大体「その他資産運用」といった棚に置かれているようです。
株、FX、不動産投資といった棚はありますが、クラウドファンディングの棚はないので、その辺りに置かれています。
同じ棚には投資信託や金投資・個人年金などの本が並んでいることが多いようです。
「金持ち父さん、貧乏父さん」、も同じ棚にあったりします。

いずれ、書店にクラウドファンディングの棚ができる日が来るのでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2015/03/28(土) 05:00:00|
  2. 投資本の書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(4)

前回の続きです。

前回税理士さんにいただいたアドバイスに従ってまた確定申告を手直ししました。
収支内訳書を新たに作成し、経費に住居費(40万円)や水道光熱費(27606円)を入れました。

作りなおした確定申告書は以下の通りです。
確定申告書(1)
収支内訳書


結局、経費の合計として619,664円を計上しました。
これにより、所得税の還付額は189,026円となりました。
前回作成したバージョンに比べて、さらに4万円ほど税金が安くなりました。
住居費や光熱費を経費に入れたのが大きいです。

あと、この本も参考になりました。

完全図解版 あらゆる領収書は経費で落とせる完全図解版 あらゆる領収書は経費で落とせる
(2015/02/06)
大村 大次郎

商品詳細を見る



ようやくできたので、これで税務署に提出してみます。
無事認められるでしょうか。
また結果を報告します。

なお、私は税金の専門家ではないので、このような経費の申告が認められるのかは定かではありません。
もし同じように経費を申告して、税務署に何か指摘されても自己責任でお願いします。




年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







  1. 2015/03/25(水) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(3)

前回の続きです。

確定申告の内容に自信がないのでチェックしてもらうため、まずは税理士を探す必要があります。

最初、知り合いの個人事業主を通じて税理士を紹介してもらいました。
基本的に企業向けの税理士のようでしたが、確定申告のチェックもしてもらえるそうです。
ただ、費用を聞いたらなんと10万円とのこと。
せいぜい数万円の節税のために10万円の費用をかけるのは本末転倒なので、別の税理士を探すことに。

次は以下のサイトで探してみました。

比較ビズ

依頼内容や希望条件を入力すると複数の税理士から見積もりがもらえ、比較できるようです。
また、一般的な料金の目安も載っていて、それによると確定申告のチェックは3万円くらいとのこと。

見積依頼を出すと早速翌日にはいくつか見積が届きました。
そのうちのひとりの税理士さんは、住所が近所で、自転車でも行けるくらいの距離です。
料金も3万円でやってくれるとのことでしたので、そこに頼むことにしました。

アポをとり、事務所に行って書類を見せながら説明すると、その税理士さんはたまたまmaneoのことを知っており、話が非常に早かったです。
ついでなので今度出す本の話などもしたところ、興味を持っていただけました。
そして確定申告の仕方について次のアドバイスをいただきました。

・ソーシャルレンディング収益の経費として、ネット通信費などを計上するのは問題ない。

・自宅でやっているのであれば、住居費や水道光熱費も経費に入れてよい。
 ただし全額ではなく、作業に使っている部屋の面積で按分する。

・投資関係のセミナーなどに参加したら、その参加費や交通費も入れてよい。
 また、関係者と飲食したら、接待交際費として計上してよい。

・証券担保ローンなどで資金を借りて投資しているのであれば、支払った金利も経費に入れてよい

・アフィリエイト収入などきちんとした支払調書がない場合は、収益の額がわかるweb画面などを添付する。

・ソーシャルレンディングの収益は雑所得ではなく事業所得としてもよい。
 その場合は「収支内訳書」の提出が必要

収支内訳書(用紙)

どれも大変貴重なアドバイスでした。
ちなみに、一時間ほど相談してこれらのアドバイスをいただいて、相談料は一万円でした。
これで数万円は所得税が安くなるはずなので、全然元はとれそうです。

いただいたアドバイスを元に、確定申告を手直ししてみます。
いくら所得税が安くなるでしょうか。

なお、私は税金の専門家ではないので、ここに書いた確定申告や青色申告の仕方が正しい保証はありません。
あくまでご参考とお考えください。

3月19日の日経新聞1面に著書の広告が掲載されました!
日経広告2



年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







  1. 2015/03/21(土) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(2)

前回の記事の続きです。

融資型クラウドファンディングの経費となりそうなものとしては、

・ネット通信料:年間9063円
・携帯通信料:年間33565円 (maneoなどに携帯から投資することもあるので)
・パソコン関連費用・周辺機器・プリンタインク代など:年間17412円

があります。

また、融資型クラウドファンディングの収益とは別に、ささやかながらこのブログのアフィリエイト収入もあります。
こちらの経費としては、以下があげられます。
・関連書籍代:年間16609円(ブログで投資関連本などを紹介しているので)
・新聞代:年間50820円(ブログで新聞記事も紹介しています。)

また、実はもうひとつ別の雑所得もあります。(金額は20万円ほど)
こちらの経費としては雑費として6万円ほど計上できそうです。

これらの経費はトータル192,056円となりました。
(下記赤枠の箇所)
確定申告2(2014)


この金額を計上することで、所得税をどれくらい減らせるでしょうか。

できあがった確定申告はこんな感じです。
144、409円還付されることになります。(赤枠の部分)

確定申告1(2014)

結局、これらの経費を計上することで、計上しない場合と比べて、還付金額が4万円ほど増えたことになります。
(今年の自分の所得税率は20%なので、 19万円の経費 × 20% ⇒ 約4万円)
所得税率の高い方はもっと減らせるかも知れません。

ただ、これらが実際に経費として認められるかわかりませんので、一旦税理士に事前に相談してみたいと思います。

(次回に続く)

池袋リブロにて著書をプッシュしていただいています。
ありがとうございます。
リブロ





年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







  1. 2015/03/18(水) 04:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(1)

今年も確定申告の時期がやってきました。

2014年の融資型クラウドファンディング各社の収益は以下の通りでした。
会社税引き前利益源泉徴収税
maneo234,778 47,845
AQUSH180,262 36,575
SBIソーシャルレンディング1,128 225
クラウドバンク42,761 8,694
(合計)458,929 93,339
 

2013年の税引き前利益は472,014円でしたので、残念ながら若干下回りました。
AQUSHマーケットでの貸出が減少したのが大きいです。

各社から発行された年間取引報告書の内容は以下の通りです。

<maneo>
年間取引報告書(2014)maneo

<AQUSH>
年間取引報告書(2014)AQUSH


<SBIソーシャルレンディング>
年間取引報告書(2014)SBI


<クラウドバンク>
年間取引報告書(2014)クラウドバンク




さて、昨年まではこの金額をそのまま収入として申告していたのですが、今年は「経費」を計上してみます。
昨年いただいたアドバイスによると、かかった費用を経費として計上すれば、その分所得税が安くなるとのことです。

ソーシャルレンディング金利の確定申告(2013年度)しました。還付金額は5万円超

どこまで源泉徴収された所得税を取り返せるでしょうか。

(次回に続く)


年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る






  1. 2015/03/14(土) 04:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(出版告知)「ソーシャルレンディング赤裸々日記」のファイアフェレット氏より感想文をいただきました。

3/10に出版の拙著
「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!
  ~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」

について紹介します。

現在全国の書店にて販売中です。
是非よろしくお願いいたします。

年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


池袋のジュンク堂本店でも並べていただきました。
ジュンク堂


本書を読んでいただいた方より感想文をいただきましたのでご紹介いたします。
今回は、私と同じくソーシャルレンディングについてのブログを書いておられるファイアフェレット氏による感想文です。

ファイアフェレット氏はソーシャルレンディングに関して様々な角度から分析されていて、私も大変勉強になります。

ソーシャルレンディング赤裸々日記

実は、本のカバー見返しの部分の推薦文もファイアフェレット氏に書いていただいたものを使わせていただきました。
この場を借りてお礼を申し上げます。

*****

どうしたら投資型クラウドファンディングの魅力を読者に伝えられるのか、投資をしてもらえるのか。ブログの管理人として記事を書くときに私が常に気にかけていることです。

いくら魅力を伝えたいとして、良い点ばかりを書いていたのではかえって信用を失う。そこで私がとっているスタイルが客観的にありのまま書くということです。

私はクラウドファンディング投資の成果、感想について良いこと、悪いことを包欠かさず書いていますが、それでいてなお、プラスの印象を読者に与えることができたと考えています。これは決して私の力でなく投資型クラウドファンディングそのものの魅力、投資実績です。おかげさまである程度の読者もつき、コメントも増え、また参考になりましたと言っていただけることもあり、このスタイルは間違えてなかったと思っています。

そしてそれを徹底的に書籍の形でやってしまったのが本書です。
本書は投資型クラウドファンディングの基礎から実践、加えてそのシステムから裏側まで徹底的に迫り、読者に投資における確信と、発展しつつある現場に居合わせているという高揚感を与えてくれることを約束します。

本書が既存の投資指南本と確実に違う点を上げるのならば、投資対象であるクラウドファンディングを客観的に実に客観的に論じていることです。良い所も悪いところも読者へ包み隠すところなく紹介し、それでいてなおクラウドファンディングの魅力を色褪せさせない。こんな投資指南の本は稀有であると言えましょう。

*****






  1. 2015/03/11(水) 05:00:00|
  2. 出版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

投資ニュースサイトのZUU Onlineに記事を書かせていただきました

投資ニュースサイトのZUU Onlineに記事を書かせていただきました。
個人投資家向けに融資型クラウドファンディングを紹介する内容で、3本書きました。

■注目集める新たな資産運用法「融資型クラウドファンディング」
http://zuuonline.com/archives/48186

■融資型クラウドファンディング投資だけが持つ5大メリット
http://zuuonline.com/archives/48178

■融資型クラウドファンディング投資でデフォルトリスクを低減するための3つのポイント
http://zuuonline.com/archives/48193

また、このうち「注目集める新たな資産運用法「融資型クラウドファンディング」」は、Yahooニュースにも掲載されました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150310-00000005-zuuonline-bus_all

ZUU Onlineは、主に富裕層向けの投資ニュースを扱っているようですが、融資型クラウドファンディングを取り上げるのは初めてとのことです。
少しでも融資型クラウドファンディングの知名度アップにつながればうれしいです。
今後機会があればぜひまた書かせていただければと思います。






  1. 2015/03/11(水) 04:00:00|
  2. メディア掲載
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(出版告知)いよいよ本日発売です。各社代表者へのインタビュー項目を公開します。

いよいよ本日3月10日、拙著
「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!
  ~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」

が発売されます。

是非よろしくお願いいたします。

年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


新宿の紀伊国屋書店本店ではすでに並んでいました。

紀伊国屋


さて、本書の第2章「実践! はじめての融資型クラウドファンディング」では、maneo、AQUSH、クラウドバンクの代表者への特別インタビューを収録しています。
そのインタビュー項目をご紹介します。

■maneo株式会社代表取締役社長 瀧本憲治氏インタビュー
 「『プロの投資領域の大衆化』を目指し、投資家により大きなリターンを提供していきます」

<インタビュー項目>
・昨年妹尾さんから瀧本さんに社長が交代しましたが、何か変化はありましたか。
・審査の体制については変化はありますか。
・現在借り手となる企業はどうやって募集しているのですか。
・借り手は増えているのでしょうか。
・maneoの経営状況は順調ですか。
・現在の課題は?
・maneoも複数の借り手を1つのファンドにまとめる形式に変更するとのことですが。
・今後どのようなサービスを予定していますか?
・株式型クラウドファンディングに参入する予定はありますか。

■株式会社エクスチェンジコーポレーション代表取締役社長 ラッセル・カマー氏
 「新サービスPaidyとAQUSHを組み合わせ、これまでなかったサービスを生み出します」

<インタビュー項目>
・そもそもなぜ日本で融資型クラウドファンディングサービスを立ち上げようと考えたのでしょうか。
・現在の社員数は。
・現在のデフォルト率はどの程度でしょうか。
・2014年にAQUSHマーケットで法人向け貸出を中止したのはなぜでしょうか。
・会社の経営状況については満足されていますか。
・新サービス「Paidy」はどのようなサービスでしょうか。
・現在のAQUSHサービスの課題は。

■日本クラウド証券代表取締役社長 大前和徳氏
「当社は証券会社ではなく、クラウドファンディングの総合サービス企業です」

<インタビュー項目>
・エクスチェンジコーポレーションを退職され、日本クラウド証券を立ち上げた経緯について教えてください。
・借り手の企業はどのように募集しているのですか。
・クラウドエクイティで扱っているグリーンシート企業へクラウドバンクから融資することはありますか。
・1つのファンドは何社くらいの貸出先から構成されているのでしょうか。
・返済遅延の場合の対応はどうなっていますか。
・日本クラウド証券は持ち株会社制度に移行したそうですが、狙いは何でしょうか。
・現在、クラウドバンクは証券会社が手掛ける唯一の融資型クラウドファンディングですが、そのメリットは何でしょうか。
・今の会社の経営状況についてはどうでしょうか。
・クラウドバンクの現在の課題は何だと考えますか。
・株式型への参入を表明されていますが、投資先の企業の目星はあるのですか。
・クラウドバンクで個人向けの融資を手掛ける予定はありますか。






  1. 2015/03/10(火) 05:00:00|
  2. 出版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(出版告知)いただいた感想文を紹介します。

前回に引き続き、3/10に出版の拙著
「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!
  ~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」

について紹介します。

現在Amazonにて予約受付中です。
是非よろしくお願いいたします。

年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


本書を読んでいただいた方より感想文をいただきましたのでご紹介いたします。

*****

ちょっとネットに詳しい人なら、本やCDを売るならブックオフよりもアマゾンで売った方が、服やバッグを売るなら古着屋よりもヤフオクで売った方が、それぞれ何倍も高く売れることを知っている。
今や、たいていの取引は、仲介業者を通すよりも、ネットを使って自分で直接買い手と取引した方が、ずっとお得なのだ。

お金の運用についても同じことが言える。銀行は預金者から預かったお金を企業に貸して利子を得る商売で、煎じ詰めれば預金者と借り手企業との間を繋ぐ仲介業者にすぎない。
たしかに預金者は、銀行にお金を預けておけば特に何もしなくても利息を得られるが、その額は雀の涙程度。
ちょうど、ブックオフに本を売っても1冊十円くらいにしかならないのと同じように。
そうであれば、多少の手間をかけてでも、自分で借り手企業にお金を貸すことができれば、きっと遥かに多くの利息を得られるはず。
本書が紹介する「融資型クラウドファンディング」は正にそうした借り手企業への直接融資を可能にする。

本書は、近時急速に注目の高まっている「融資型クラウドファンディング」の解説書だ。
他の金融手法と比較した場合の特徴や、投資手法としてのメリットとデメリットを手際よく整理した上で、実際に投資を開始するまでの手続もわかりやすく説明している。
クラウドファンディング提供会社のビジネスモデルの解説や、各社代表へのインタビューも掲載されており、ネットでちょっと調べただけでは得られない深い理解が得られるのも特筆すべき点だ。

(30代・公務員・投資歴:株式投資5年)

*****





  1. 2015/03/07(土) 05:00:00|
  2. 出版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッキーバンク運用状況(2015年2月) 今月から公開します

2014年12月から投資を開始したラッキーバンクについて、2015年2月から分配が始まったので、その状況を報告します。
投資をされている方、検討されている方は参考にしていただければと思います。

<利益について>
貸出残高50万円に対して、今月の分配金合計は、931円(税引き前)でした。
利益率は、11.2%になります。
(先月の貸出残高10万円に対する利益率)

最初に投資した10万円は、「第1号ローンファンド Lucky Bank OPEN記念 東京都中央区日本橋プロジェクト」で、利回りは10.0%でした。
12月分と1月分の金利が分配されたので、今月は一時的に10%を上回る数値となっています。

<新規貸出について>
2月には、新たに以下の案件に投資しました。
第8号ローンファンド 東京都墨田区両国プロジェクト(9.00 %・6ヶ月) ⇒40万円
とりあえず最初の案件の分配金が無事に入ってきたので、今後少しずつ投資金額を増やしていきたいと思います。

<返済状況について>
これまでのところ自分の投資したファンドで貸し倒れ・返済遅延は発生していません。

<口座の状況について>
口座の状況は以下の通りです。

ラッキーバンク実績20150222

見ての通り、ラッキーバンクの投資状況の確認画面は大変わかりやすいです。
上記の他に、ファンドごとの分配実績の画面もあります。
どのファンドでいくら分配があったのかが一目でわかります。

ラッキーバンク実績20150222(2)


<過去の運用実績について>
今年の運用実績は以下の通りです。

ラッキーバンク運用実績サマリ(2015年)
 2015/12015/22015/32015/42015/52015/62015/72015/82015/92015/102015/112015/12(集計) 
貸出元本100,000 500,000           300,000 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料引後)0 931           931 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)#REF!11.2%0.0%#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!1.9%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)








  1. 2015/03/07(土) 04:00:00|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR