けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(告知)著書を出版することになりました

いきなりですが、今度著書を出版することになりました。

もちろん融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)をテーマとした本です。
私の初の著書です。
一部このブログの内容を元にした部分もありますが、ほぼ書き下ろしです。

Amazonで予約受付中です。
是非よろしくお願いいたします。

年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


■タイトル
「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!
  ~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」

■著者
 「けにごろう」こと中田健介

■発売予定日
 3月7日(土)

■出版社
 ぱる出版

■価格
 1500円(税込1620円)

■キャッチコピー
銀行定期預金の250倍の「金利」で資産を殖やす!
超低金利時代の新しいお金の働かせ方
◎「一攫千金を狙う投資」から「時間を味方に付けた負けない投資」へ
◎リスク1%以下! もう二度と投資で失敗したくないあなたへ
◎センス・スキル・知識・時間・多額の資金は全て不要!
◎インフレ・株価暴落・円安・原油安……全く影響なし!

■アピールポイント
 これまで国内でもクラウドファンディングについて書かれた本は何冊か出版されていま
すが、アカデミックな観点から書かれたもの、資金調達者の視点で書かれたもの、あるい
はサービス事業者自身が書いたもののいずれかでした。
 クラウドファンディングを「投資」としてとらえ、あくまで投資家の視点からそのメリッ
トやリスク、各事業者のサービス内容について客観的に記述・評価した本はおそらく国内
では初めてです。

■目次 
序 章 「銀行預金では物足りない・株やFXは怖い」あなたへ
    ★投資初心者の私が4年間連続で利回り6.8%以上をあげた「融資型クラウドファンディング」とは?

第1章 融資型クラウドファンディングの基礎知識
    ★1万円からできる・誰でも7%の金利収入が得られるネット時代の新しいお金の働かせ方


 「第1章 融資型クラウドファンディングの基礎知識」では、融資型クラウドファンディ
ングの概要について説明します。
 そもそもクラウドファンディングとは何か、クラウドファンディングの5つのタイプ(寄
付型・購入型・融資型・ファンド型・株式型)について基礎から説明します。
 クラウドファンディングという言葉を初めて見たという方・投資自体初めてという方で
も理解できるはずです。
 また、融資型については、より詳しく、メリットやリスク、各サービスの概要および基
本的な用語など投資を行う上で必要となる基礎知識について解説します。

1-1
 クラウドファンディングとは 
   ◆ネットの進歩とともに誕生した新たな資金調達法
1-2
 クラウドファンディング5つのタイプ 
   ◆投資の目的に合うのは1つだけ
1-3
 融資型クラウドファンディングの仕組み 
   ◆これまでになかったビジネスモデル
1-4
 融資型クラウドファンディングの5つのメリット 
   ◆利回り7%・1万円から・毎月収入
1-5
 融資型クラウドファンディングの3つのリスクとその対策 
   ◆適切な対策でリスクを最小限に
1-6
 世界の融資型クラウドファンディング 
   ◆市場規模は毎年倍増
1-7
 知っておきたい融資型クラウドファンディングの用語 


第2章 実践! はじめての融資型クラウドファンディング
  ★なぜ融資型クラウドファンディングで損をする人は1%以下なのか


「第2章 実践! はじめての融資型クラウドファンディング」では、融資型クラウドファ
ンディングサービスのmaneo、AQUSH、クラウドバンクを取り上げ、それぞれの
サービス内容詳細・ビジネスモデル・口座開設および投資の流れについて、実際の画面イ
メージも交えて具体的に説明します。
 こちらを読んでいただければ明日からでも融資型クラウドファンディングでの投資を始
められます。
また、各サービス会社代表者にご協力いただき、運営状況や今後の展望などについてイ
ンタビューを行いました。その内容も投資を行う上で参考になることでしょう。



2-1 maneo 
   ◆圧倒的なシェアを誇る日本最大の融資型クラウドファンディング

   ・サービス内容詳細・ビジネスモデル・口座開設・投資の流れ
   ・代表者 瀧本憲治氏インタビュー
    「『プロの投資領域の大衆化』を目指し、投資家により大きなリターンを提供していきます」」

2-2 AQUSH 
   ◆オリジナリティに富む提供サービス

   ・サービス内容詳細・ビジネスモデル・口座開設・投資の流れ
   ・代表者 ラッセル・カマー氏インタビュー
    「「新サービスPaidyとAQUSHを組み合わせ、これまでなかったサービスを生み出します」

2-3 クラウドバンク 
   ◆証券会社の手掛ける唯一の融資型クラウドファンディング

   ・サービス内容詳細・ビジネスモデル・口座開設・投資の流れ
   ・代表者 大前和徳氏インタビュー
    「当社は証券会社ではなく、クラウドファンディングの総合サービス企業です」

第3章 〈参考編〉さらにステップアップを目指す人のために

 「第3章 参考編」は、さらにステップアップを目指す投資家のための参考情報です。
 内容は、各社サービスの徹底比較、収益にかかる税金についての解説、参考書籍・サイ
トの紹介です。
実際に融資型クラウドファンディング投資を始め、「より高い利回りを得たい」
「より安全性の高い投資をしたい」「年間の収益が確定申告の基準(20万円)を超えそう」
という方にとって参考となるでしょう。
各社サービスの徹底比較については、ブログ上でも掲載していますが、最新のデータに基づき、
よりブラッシュアップした内容となっています。


3-1 各社サービスの徹底比較 
   ◆儲けたいならこの会社を選べ

3-2 融資型クラウドファンディング分配金にかかる税金 
   ◆還付金が得られるケースも

3-3 融資型クラウドファンディング投資の参考書籍・サイト 
   ◆さらに深く知りたい方のために







スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 05:00:00|
  2. 出版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

maneoマーケット情報(2015年1月)

maneoマーケット情報(2015年1月)を転載します。

元のサイトはこちらです。

marketplace20150101.jpg

<ローン成約額(累計)推移>
ローン成約額は月末時点で226億円に達しました。
この1か月で13億円程度の貸出が行われたことになります。
13億円と言う数字は、1ヶ月あたりの貸出額としては過去最高です。
(これまでの最高記録は、2014年9月の11億円でした)

「【事業者M社向け】事業性資金支援ローンへの投資」が計3億円
「【事業者X社向け】【担保付き】事業性資金(固定価格販売権利等)支援ローンへの投資」が計4億円
など、大規模な融資案件が多かった月でした。

<分配額(累計)推移>
元利の分配額も順調に伸びています。
元利分配額は月末時点で157億円に達しました。
先月から4億円程度増えています。

また、利息分配額(累計)は約5.6億円で、今月は5000万円程度の利息分配があったことになります。
ローン成約額226億円のうち157億円が分配されているので、現在の貸出元本は59億円となります。先月(60億円)とほぼ同様です。

<事業性ローン延滞・デフォルト情報>
今月は新たな返済遅延は発生していません。
また、デフォルト件数0件は継続中です。

marketinfo201501.jpg

<案件募集状況>
今月の貸し出し件数は45件と、先月(22件)から大幅に増加しました。

今月も不動産関連がほとんどを占めていました。

<金利の傾向>
 特に先月と比べて大きな傾向の変化はなく、安定しています。






  1. 2015/01/28(水) 05:00:00|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディングでレバレッジをかけてみる(3)

前回の記事の続きです。

(前回の記事)ソーシャルレンディングでレバレッジをかけてみる(1)
(前回の記事)ソーシャルレンディングでレバレッジをかけてみる(2)

手続きはかなり面倒でしたが、とりあえず無事野村WEBプラスローン(証券担保ローン)でお金を借りることができました。

改めて、この行為のメリットとリスクについてまとめてみます。

<メリット>
■好条件の案件募集が出てきて、急に資金が必要になった時でも対応できる。

 今回、野村WEBプラスローンは借入を申し込んだ翌日には口座にお金が入ることがわかったので、ある程度急な時にも対応できます。
 少なくとも、これまでの傾向から、クラウドバンクはキャンペーン案件でも、募集から2,3日は満額になることはなさそうなので、募集が開始されてからすぐに借り入れを申し込めば間に合います。
 ただ、maneoは好条件の案件は募集後数分でなくなってしまうのが常なので、募集後に野村WEBプラスローンで借り入れを申し込んでも到底間に合いません。
 事前に借りておいて、maneoの口座に入れておいてチャンスを待つしかないでしょう。
 その場合、言うまでもなく借入金利はその分余計にかかってしまうことになります。

■投資にレバレッジをかけることができ、実質利回りを高めることができる。
 借りたお金で投資をしていることになるので、自己資金以上の額を投資することができます。
 ロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん」にも、「投資にレバレッジをかけろ」と書いてあったような気がします。
 (すみません、いま本が手元にないので定かではありませんが)
 借入金利よりも高い金利で貸し出せるのであれば、たくさん借りれば借りるだけ多くの分配金が得られるので、実質利回りを高めることができます。

<デメリット・リスク>
■貸倒れ時のリスクは高まる

 借金して融資型クラウドファンディングに投資して、万一貸倒れや事業者の倒産が発生した場合、そのお金は返ってきませんが、自分が借りたお金は返さなくてはなりません。
 投資資金を失って借金だけ残るという最悪の事態になってしまいます。
 高いレバレッジをかける分だけ(より多くのお金を借りる分だけ)リスクは高まることは認識しておく必要があります。
 最悪の場合でも借金は返せるよう、借入額のバランスは慎重に検討する必要があるでしょう。

■担保にした証券などの価格下落のリスクがある。
 担保にした証券などの価格が下落して、担保評価額が実際に借りているお金の額を下回ってしまうと、その時点で借金の一部を返すか、あるいは追加の担保を差し入れないとならなくなります。
 さもないと担保にしている証券を手放さないとならなくなるので、そういう事態を避けたいのであれば、担保評価額の上限近くまでお金を借りずに、借りる額を少なめにしておく必要があります。

■野村ホームトレードは売買手数料が比較的高い
 最初から担保にする前提であれば、野村ホームトレードで株式などを購入するのもよいと思いますが、
 野村ホームトレードは他のネット証券などと比べて、株式も投資信託の売買手数料もかなり高いようです。
 短期的な売買には向かないでしょう。

融資型クラウドファンディングの利回りをより高めたいと考えていて、もし担保になる株式や投資信託を持っている方は、野村WEBプラスローンの活用を検討してみてもよいかもしれません。
野村WEBプラスローン

ただし、上記のメリット・リスクを踏まえたうえで実施されることをお勧めします。

あと、簡単にお金を借りられるということは、借りたお金をうっかり別の用途に使ってしまう危険もあるということです。
生活費に使ってしまったり、別の投資商品を買ってしまったりしてはまずいのですが、お金に色はないので、
いま使っているお金が借りたお金なのか自分の資金なのかを識別することはできません。

なので、自分なりのルールを決めて野村WEBプラスローンを利用することにしたいと思います。
具体的には、以下のルールを決めて運用することにします。
・野村WEBプラスローンで借りたお金は、融資型クラウドファンディング以外の用途には使用しない。
 (例えば野村WEBプラスローンで50万円借りたら、融資型クラウドファンディングの投資金額は50万円増やす。
  逆に、融資型クラウドファンディングの投資金額を減らしたときは、その分野村WEBプラスローンの借り入れを減らす。)






  1. 2015/01/24(土) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディングでレバレッジをかけてみる(2)

前回の記事の続きです。

(前回の記事)ソーシャルレンディングでレバレッジをかけてみる(1)

野村証券の証券担保ローン「WEBプラスローン」でお金を借りるためには、かなりいろいろと手続きが必要でした。

まず野村証券の「野村ホームトレード」に証券口座を開設しなくてはなりません。
野村証券には、「野村ホームトレード」の他にも、「野村ネット&コール」という口座もあるので間違えないようにする必要があります。
この口座開設は、オンラインで申込はできますが、その後郵送されてくる申込書にも記入する必要があります。
私は1週間程度かかりました。

次に、野村ホームバンキング(野村信託銀行)の普通預金口座も開設する必要があります。
その手続きは「野村ホームトレード」口座を開設していれば、オンラインだけでできるのでそれほどの手間ではありません。

さらに、野村ホームバンキングの画面から「WEBプラスローン」の契約申し込みを行います。

また、担保にするための株式や投資信託をこの口座に移管する手続きも別途必要です。
なお、問い合わせたところ、上場株式は基本的に移管できるようですが、投資信託は、野村ホームトレードで取り扱っている銘柄しか移管できないとのことでした。
事前に確認したほうがよいでしょう。

これでようやく利用可能になりました。

移管した株式を、WEBプラスローンの担保に設定しました。
時価で2928円の株式を800株移管したので、株式自体の評価額は234万円になりました。
担保評価額はその50%になるので、117万円です。
最大でこの金額まで借りることができます。


野村WEBプラスローン1

とりあえず50万円借りてみます。
なお、画面には「借入目的」のプルダウンがあり、中から選ぶようになっているのですが、「投資」という選択肢はありません。
仕方ないので、適当に「冠婚葬祭」を選んでみました。


野村WEBプラスローン2

結果、申し込んだ翌日の8:00にはもう50万円が口座に入っていました。
たぶん「WEBプラスローン」は人手による借入審査は行っていないのでしょう。
「借入目的」も見ていないと思われます。
担保限度額以内であれば無条件に借りられるように思います。

野村WEBプラスローン3

この借入資金は、クラウドバンクに入金し、利回り6.5%のキャンペーン案件に投資しました。
単純に計算して、
 6.5% × 80%(源泉徴収分を控除) - 2.975%
  →2.225%
の利ザヤが得られることになります。
50万円借りて、年間1万円程度の利益です。
(実際には貸出のタイムラグなどがあるのでもう少し低下するでしょう)

これまでの手間を考えるとあまり割に合わない気もしますが、今後もっと借り入れを増やせれば、より大きな利益が得られるかもしれません。







  1. 2015/01/21(水) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディングでレバレッジをかけてみる(1)

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)は優れた金融商品ですが、1つ難点があって、
「資金がないと投資できない」
ということです。
maneoやクラウドバンクなどで好条件の案件が募集されていても、そのときに手元に資金がないと指をくわえて見ていることしかできません。せっかくの投資チャンスを逃すのはもったいないことです。
当たり前だと思うかもしれませんが、こんなときに資金をすぐに調達できる方法があれば、機会を逃さずに済みます。

具体的には、投資資金を借りられる手段があればよいのではないでしょうか。

とはいっても、お金を借りれば当然金利を支払わなくてはなりません
借入金利の方が投資利回りよりも高くなってしまっては全く意味がありません。
融資型の投資利回り(手数料控除後)は大体5%~7%程度なので、それ以下の金利でお金を借りる方法があればよいのですが、そういう方法はあるでしょうか。

まず、消費者金融やカードローンなどは、10%以上の金利を支払う必要があるので論外です。
特に消費者金融は18%ほどかかるようです。借りたことはありませんが。

また、銀行の個人向けローンだとそれよりは金利が安く、5%程度のようですが、それでも高すぎます。
三菱東京UFJ銀行 多目的ローン(年利5.475%)

株式や投資信託を担保にしてお金を借りることができる「証券担保ローン」はどうでしょうか。
証券会社が行っているサービスです。
調べてみたところ、金利は以下の通りでした。

証券担保ローン比較
サービス借入金利
SBI証券担保ローン3.500%
東京証券信用組合 証券担保ローン3.625%
SMBC日興証券 イージー・コムストックローン 4.175%
野村Webプラスローン 2.975%


調べた中で最も金利の低い野村証券の「野村Webプラスローン」だと、2.975%とかなり安い金利です。
(もしもっと金利の低い借入手段を知っている方は是非教えてください)
これなら融資型の利回りを下回っているので、お金を借りて投資しても利ザヤで稼ぐことができそうです。
たとえば、2.975%で借りて利回り6%で投資すれば、3%ほどの利ザヤがとれます。

「野村Webプラスローン」の概要は以下の通りです。

■利用条件
・野村証券の「野村ホームトレード」に証券口座を開設していること。
・野村ホームバンキング普通預金口座を開設していること

■借入限度額
 50万円以上1億円以下(10万円単位)。

■担保となる証券と、その評価額(抜粋)
 (1)国内上場株式、上場優先出資証券・・・時価の50%
 (2)日本国債、地方債、公社・公団債(政府保証債)・・・時価の80%
 (3)国内公募投資信託・・・時価の70%
 
 たとえば時価100万円の株式を持っていたら、それを担保にして50万円まで借りられるということです。
 ただし、NISA口座の証券は担保にできないので注意しましょう。

■資金使途: 
 原則自由
 だったら融資型クラウドファンディングに投資してもよいでしょう。

■借入期間
借入期間は決まっていないようです。
つまり、例えば1年後に必ず全額を返さないとならない、というようなことはなく、ただ6ヶ月毎に金利の分だけ借入金の額が増えていく、ということのようです。
ただし、借入金の額が増えていったり、あるいは担保にしている証券の時価が下落して、借入金の額が担保評価額を上回ったら、担保としている証券が自動的に売却されて借金の返済に充てられる、という仕組みになっているようです。
そうなる前に借金を返すか、あるいは追加で担保となる証券を差し入れないとならないということでしょう。

さて、私は株式投資はほとんどやっていませんが、勤務している会社で社員持ち株会という制度があり、毎月少しずつ株式を購入して積み立てていました。
その株式を野村ホームトレードに移管して担保にすることができそうです。
さて、どうなるでしょうか。

野村WEBプラスローン

長くなって来たので続きはまた次回にしたいと思います。






  1. 2015/01/17(土) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クラウドバンク運用状況(2014年12月)

2014年12月のクラウドバンクでの運用状況をレポートします。
投資をされている方、検討されている方は参考にしていただければと思います。

<利益について>
貸出残高372万円に対して、今月の分配金合計は、9,455円(手数料・税引き後)でした。
先月は12,922円でしたので、やや減少しました。
また、利益率も3.5%とまた下がってしまいました。

貸出残高が増えているにも関わらず分配金合計が下がっている理由はよくわかりませんが、案件の利回り実績が月によりまちまちであるためと思われます。

例えば、2014年6月に貸出開始して12月に案件終了となった「クラウドバンク3億円突破記念ファンド 第2弾 不動産担保型ローンファンド 10号」の月ごとの利回りの実績は以下の通りでした。

6月   6.0%
7月   6.4%
8月   6.9%
9月   7.5%
10月   6.5%
11月   7.0%
合計   6.7%


月々案件の利回り実績が変動するため、月ごとの分配金の合計額も若干下がることもあるということでしょう。
トータルで見ればつじつまが合うものと期待しています。

<新規貸出について>
今月は、資金を50万円追加し、以下の2つの案件に新規貸し出しを行いました。
 クラウドバンク1周年記念キャンペーン 第二弾!(不動産担保型ローンファンド 44号)(6ヶ月・7%)
⇒50万円

 クラウドバンク1周年記念キャンペーン 第三弾! 中小企業支援型ローンファンド 70号(6ヶ月・7%)
 ⇒56万円

キャンペーン案件が2つも出たので、両方に投資しました。

<返済状況について>
先月は、以下の案件が完済となりました。
・不動産担保型ローンファンド第10号
これまでのところ自分の投資した案件で貸し倒れ・返済遅延は発生していません。

<口座の状況について>
クラウドバンク口座の状況は以下の通りです。

クラウドバンク実績20141217
クラウドバンク実績(2)20141217

明細部分はあまりに長いので途中を省略しました。
末尾にあるクラウドバンクからのお知らせによると、ファンドごとの明細が表示されるようになるそうなので、そうなれば対応が明確になるでしょう。

今年の運用実績は以下の通りです。
クラウドバンク運用実績サマリ(2014年)
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 (集計) 
貸出元本200,000 200,000 200,000 197,500 700,000 700,000 700,000 1,700,000 1,699,982 2,209,282 3,205,295 3,721,637 1,286,141 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)-0 504 1,016 896 520 2,522 2,999 3,213 5,261 12,922 9,455 39,308 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-0.0%3.0%6.1%5.4%0.9%4.3%5.1%2.3%3.7%7.0%3.5%3.1%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)


<2014年の実績について>
2014年も今月で終わりですので、実績を振り返ってみたいと思います。

今年から始めたクラウドバンク投資ですが、今のところ貸倒れ・返済遅延とも発生しておらず、まずは一安心です。

最初は様子見で20万円から始めましたが、毎月のようにキャンペーン案件が出るたびに資金を追加した結果、
12月には貸出元本370万円にもなりました。

一方で純利益の累計は4万円ほどで、純利益率は3.1%と低い水準にとどまりました。
まあ毎月資金を増やし続けたので、やむを得ないでしょう。
来年以降は安定して利益が得られるようになると期待しています。









  1. 2015/01/14(水) 05:00:00|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneo運用状況(2014年12月)

maneoでの12月の運用状況です。
投資されている方・投資を検討されている方は参考にしていただければと思います。

<利益について>
今月は、貸出元本364万円に対し、純利益(手数料・税引き後)は20,384円となりました。
先月から若干増加しました。2万円を超えるのは久しぶりです。
純利益率(年率換算)も6.3%と、先月(5.8%)から若干上昇しました。

<新規貸出について>
12月は、以下の2案件に投資しました。
【事業者X社向け】【担保付き】事業性資金(固定価格販売権利等)支援ローンへの投資【第1次募集分】(7.0%・8ヶ月)
 ⇒50万円
【maneoの虎 第7弾】神奈川県横浜市日吉エリア ラーメン店開業案件への投資(10.0%・27ヶ月)
 ⇒30万円


「maneoの虎」案件にまた投資することができました。
たまたま募集日に会社が休みだったので、募集開始時刻にPCの前で待機しており、投資することができました。

<返済状況について>
先月は、以下の案件が完済となりました。
【遊技機ファンド1号株式会社 第9弾】割賦販売のための遊技機購入資金支援ローンへの投資(7カ月物)
これまでのところ自分の投資した案件で貸し倒れ・返済遅延は発生していません。

<口座の状況について>
maneo口座の状況は以下の通りです。
MANEO実績201401217

2013年までの運用実績は以下の記事をご参照ください。

maneo運用状況(2013年12月)


今年の運用実績は以下の通りです。
結局今年の純利益累計は、19万余りとなりました。
利益率は5.9%です。
maneo運用実績サマリ(2014年)
 2014/12014/22014/32014/42014/52014/62014/72014/82014/92014/102014/112014/12(集計) 
貸出元本3,966,2463,318,4213,006,8792,312,8842,993,4933,069,9852,882,1132,811,8942,741,7443,970,6603,905,8863,640,5303,218,395←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)18,47720,38215,24414,56211,31414,84715,17514,39614,02313,16719,24320,384191,214←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)5.9%6.2%5.5%5.8%5.9%6.0%5.9%6.0%6.0%5.8%5.8%6.3%5.9%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)                 


<2014年の実績について>
2014年も今月で終わりですので、過去3年間の実績と比較してみたいと思います。
maneo運用実績サマリ(2011年~2014年)
 2011年2012年2013年2014年
貸出元本平均(A)1,373,8503,495,9822,727,3743,218,395
純利益累計(B)63,062223,579163,314191,214
純利益率(年間)(B/A)4.6%6.4%6.0%5.9%

2014年は、前年よりも貸出元本・純利益累計とも上回りました。
ただ、2012年の実績には届きませんでした。
利益率はあまり変動がなく、毎年大体6%前後です。

純利益が伸び悩んだのは、6月から8月にかけて好条件の案件が少なく、まったく投資できなかったのが響いています。
逆に、好条件の案件が連続して出てきても、資金不足で投資できないというパターンもありました。
必要に応じて柔軟・迅速に資金を準備できるような仕組みを検討する必要がありそうです。



今月の貸出状況の詳細は以下の通りです。
maneo運用実績2014/12/17時点         
投資概要     純利益   ステータス返済完了日
投資先投資金額
(a)
投資開始時期年利貸出期間貸出元本
(※1)(b)
純利益(※2)(当月)(c)純利益率(当月)(年率換算)
(=c/b)
純利益(累計)(d)純利益率(累計)(年率換算)
(=d/a)
【株式会社KID’S保証付】魚串 鮮魚 もつ鍋 【新橋四丁目酒場 わっつり】開業支援ローン(2539)950,0002010/12/168.5%36か月00#DIV/0!120,3484.2%返済完了2013/12/30
【株式会社スイッチスマイル】スマートフォン向け動画配信プラットフォームの開発資金への投資(3117)100,0002012/2/298.5%24か月00#DIV/0!8,4544.4%返済完了2014/1/28
【江戸しぐさ】「日本橋魚河岸市場」開業支援ローンへの投資(3107)100,0002012/3/138.0%36か月14,366 78 6.5%11,509 4.3%返済中 
【商流・物流・金流の一体管理モデル 第4弾】「「三軒茶屋鮮魚卸売市場」開業支援ローンへの投資(3253)200,0002012/7/318.0%36か月65,684320 5.8%19,229 4.2%返済中 
【商流・物流・金流の一体管理モデル 第5弾】「うどん伊呂波」台湾出店支援ローンへの投資(3260)200,0002012/7/318.0%36か月71,274297 5.0%18,528 4.1%返済中 
【商流・物流・金流の一体管理モデル 第6弾】「貴族の森」設備改修支援ローンへの投資(3395)200,0002012/11/78.0%36か月71,600417 7.0%19,258 4.8%返済中 
【成弘建設 第1弾】不動産購入資金・担保付きローンへの投資(3628)200,0002013/5/15.0%8か月00#DIV/0!5,6483.8%返済完了2014/1/28
【遊技機ファンド1号株式会社 第5弾 第2次募集】割賦販売のための遊技機購入資金支援ローンへの投資(8カ月物)(3671)150,0002013/5/206.0%8か月00#DIV/0!4,6904.5%返済完了2014/1/28
【ダーウィン第12弾】リース・レンタル・卸売事業を営む会社の事業資金への投資(再募集)(3698)300,0002013/6/187.0%11か月00#DIV/0!8,4523.0%返済完了2014/5/28
【日本霊廟株式会社】「納骨堂使用権の販売権」購入資金・担保付きローンへの投資(6月分 3次募集)(3706)300,0002013/6/206.5%24か月300,0001,275 5.1%22,148 5.3%返済中 
【金馬車 第50弾】新宿店設備改装資金支援ローンへの投資(3737)200,0002013/7/297.5%6か月00#DIV/0!5,9205.9%返済完了2014/1/28
【日本霊廟株式会社】「納骨堂使用権の販売権」購入資金・担保付きローンへの投資(8月分 第2次募集)(3771)100,0002013/8/306.5%24か月100,000425 5.1%6,495 5.4%返済中 
☆融資総額100億円記念案件☆【UBIfinance第97弾】貸付債権購入資金支援ローン・不動産担保付きローンへの投資(3793)200,0002013/9/277.0%7か月00#DIV/0!4,7334.7%返済完了2014/3/28
☆融資総額100億円記念案件☆【UBIfinance第98弾】貸付債権購入資金支援ローン・不動産担保付きローンへの投資(3794)200,0002013/9/277.0%7か月00#DIV/0!4,7334.7%返済完了2014/3/28
☆融資総額100億円記念案件☆【UBIfinance第100弾】貸付債権購入資金支援ローン・不動産担保付きローンへの投資(3796)200,0002013/9/277.0%7か月00#DIV/0!4,7334.7%返済完了2014/3/28
【ダーウィン第14弾】リース・レンタル・卸売事業を営む会社の事業資金への投資(3811)200,0002013/9/257.0%12か月00#DIV/0!6,3023.1%返済完了2014/9/29
【UBI株式会社保証付き】【遊技機ファンド1号株式会社 第6弾 第1次募集】割賦販売のための遊技機購入資金支援ローンへの投資(7カ月物)(3785)200,0002013/10/46.0%7か月00#DIV/0!3,8733.4%返済完了2014/4/28
【合同会社SOLパーク1号】(不動産担保付き)太陽光発電設備設置用地の仕入資金融資ローンへの投資(3851)200,0002013/10/297.0%11か月00#DIV/0!10,2305.6%返済完了2014/9/29
【ベストウェイ 第1弾】不動産一括購入資金・担保付きローンへの投資(3856)220,0002013/10/307.0%12か月00#DIV/0!4,0635.6%返済完了2014/2/28
【UBIfinance第115弾】不動産担保付貸付債権購入資金ローンへの投資(3869)200,0002013/11/107.0%14か月00#DIV/0!5,0994.7%返済完了2014/5/28
【UBIfinance第118弾】上場株式担保事業性ローンへの投資(3872)120,0002013/11/157.0%12か月00#DIV/0!3,2984.4%返済完了2014/6/30
【maneoの虎 第2弾】OA機器販売業 起業支援ローンへの投資(3895)200,0002013/11/1910.0%24か月130,029906 8.4%14,374 7.4%返済中 
【株式会社ジェイピーエス第2弾】遊技機開発・製造資金支援ローンへの投資(第1次募集)(3945)200,0002013/12/268.0%3か月00#DIV/0!2,2684.5%返済完了2014/3/28
【イデアグローイングシステム株式会社 第5弾】受注増加に伴う運転資金支援ローンへの投資(3948)220,0002013/12/208.0%9か月00#DIV/0!4,1264.3%返済完了2014/5/28
【maneoの虎 第3弾】ベトナム工場増産及びベトナム市場展開向け資金ローンへの投資(3976)120,0002014/1/2210.0%24か月74,677518 8.3%6,851 7.2%返済中 
【ダーウィン第17弾】リース・レンタル・卸売事業を営む会社の事業資金への投資(4060)200,0002014/3/277.0%11か月57,382342 7.2%5,123 4.1%返済中 
【遊技機ファンド1号株式会社 第9弾】割賦販売のための遊技機購入資金支援ローンへの投資(7カ月物)(4124)1,000,0002014/4/307.0%7か月1,000,0004,1214.9%32,3595.6%返済完了2014/11/28
【事業者G社向け】店舗設備改装資金支援ローンへの投資(4169)500,0002014/5/287.5%7か月500,0002,453 5.9%15,288 6.8%返済中 
【事業者R社向け】宮城県仙台市エリア 不動産担保付ローンへの投資(第1次募集分)(4349)500,0002014/9/177.0%7ヶ月500,0002,289 5.5%5,723 7.9%返済中 
【maneoの虎 第6弾】受注増加に伴う運転資金支援ローンへの投資(4365)300,0002014/9/2610.0%24ヶ月278,6661,889 8.1%4,237 11.7%返済中 
【事業者S社向け】事業性資金支援ローンへの投資(第1次募集分)(4368)200,0002014/9/257.0%36ヶ月200,000916 5.5%2,047 8.3%返済中 
☆maneoサービス開始6周年記念案件☆【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資(第3次募集)(4383)500,0002014/10/158.0%9か月500,0004,099 9.8%4,099 12.0%返済中 
【事業者X社向け】【担保付き】事業性資金(固定価格販売権利等)支援ローンへの投資【第1次募集分】(4449)500,0002014/12/197.0%8か月500,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【maneoの虎 第7弾】神奈川県横浜市日吉エリア ラーメン店開業案件への投資(4466)300,0002014/12/2210.0%27か月300,0000 0.0%0 0.0%返済中 
合計-2010/12/16--4,663,678 20,345 5.2%394,238 -  
            
※1:貸出元本は、投資金額から返済済の金額を引いた金額         
※2:純利益は、金利収入からmaneo手数料(2011年7月から廃止)および源泉徴収税(20%)を引いた金額     
 ←返済完了した案件         
 ←今月新たに投資した案件         








  1. 2015/01/10(土) 05:00:00|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AQUSH運用状況(2014年11月)

2014年11月のAQUSHでの運用状況を公開します。
AQUSHで投資されている方・今後投資を検討している方は参考にしていただければと思います。

<利益について>
運用中元本残高約159万円に対し、今月の投資利益(税引き後)は8,364円となりました。
新たな貸出を行っているわけでもないのに、投資利益は先月より若干増加しました。
理由は例によってよくわかりません。
収益率も7.85%と若干上昇しました。

<返済状況について>
今月は私の投資しているファンドにおいて貸し倒れは発生していません。

AQUSH月次収支20141215

<新規投資について>
今月はAQUSHマーケットでの募集が全くなかったため、新規投資はできませんでした。

AQUSHポートフォリオ20141215

<AQUSHマーケット・ヒートマップについて>
先月末時点でのヒートマップについては下記をご覧ください。
先月はAQUSHマーケットでの募集はまた0件でした。
来月に期待したいと思います。

AQUSHヒートマップ20141125






  1. 2015/01/07(水) 05:00:00|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。