けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

【サイト開設2周年企画第1弾】AQUSHラッセル・カマー社長特別インタビュー

当サイトを開設して3年目を迎えました。
そこで、今回はサイト開設2周年を記念して、特別企画をお送りします。

何と「株式会社エクスチェンジコーポレーション(AQUSH)ラッセル・カマー社長への特別インタビュー」です。

私がカマー社長にAQUSHの現状・今後についてインタビューを行ったものです。

カマー社長・大前副社長の大変なご厚意により実現しました。
(なお、自分は英会話ができないため、大前さんに通訳していただきながらのインタビューとなりました。)

カマー社長・大前副社長にはこの場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

AQUSHインタビュー

「株式会社エクスチェンジコーポレーション(AQUSH)ラッセル・カマー社長への特別インタビュー」

<昨年開始した新サービスについて>
けにごろう:昨年は法人向け貸出・ASAX不動産担保ローンと続けて新サービスを開始したが、どういった背景・狙いがあったのか。

カマー:ソーシャルレンディングという効率的にお金を個人から借り手に流す仕組みについては従来と変わらない。
これまでも事業目的の借入が1/3程度あった。事業目的の貸出に対するリスク評価についてのノウハウもたまってきたので、自然な流れとしてサービスを拡張した。
ASAX不動産担保ローンについては、戦略的な目的があった。無担保ローンとは異なるリスクプロファイルの商品を作りたかった。不動産担保に加えて上場企業であるASAXの保証があるため、リスクは非常に低い。それでも銀行預金よりははるかに高い金利の商品であり、そうした商品を求める投資家のニーズにこたえるものである。

けにごろう:昨年電通国際情報サービス(ISID)との提携についてプレスリリースがあったが、どういう提携内容か。

カマー:ISIDは金融システムについてのノウハウを持っているし、AQUSHにはシリコンバレーとのつながりがあり金融サービスについての知識に強みがある。一緒に新しいビジネスについて3年間かけて研究していこうというのが提携の狙い。
ISIDは、FBIC(FINANCIAL BUSINESS INOVATION CONFERENCE)という金融サービスに特化したイベントを主催しており、そこでAQUSHのサービスを紹介してくれている。
ISIDはほかにも金融系のスタートアップを支援している。
提携の中でノウハウが貯まっていくことで、将来具体的なサービスに結び付いていくかもしれない。また、AQUSHのローン管理システムをISIDが外販したりすることがあるかも知れない。

<AQUSHの貸倒率について>
けにごろう:AQUSHの貸倒率は現時点で0.4%程度と非常に低い。以前maneoの個人向け貸出では貸倒率10%以上・SBIソーシャルレンディングでは6%以上の遅延率となっている。AQUSHでは貸倒率を低く抑えるためにどういった工夫をしているのか。

カマー:借り手の審査についてはわれわれに非常に重大な責任がある。特に秘密があるわけではなく、FICOモデルを利用したシステムなどに多くの投資をしている。投資家に大きなリターンを出すということを目指してやっているということが低い貸し倒れにつながっている。
また、ソーシャルレンディングの審査でJICC,CICの両方の情報を使っているのはAQUSHだけであり、データを重視するビジネスをやっていくという方針に基づき審査を行っている。
一方でこれまでラッキーであったという面もある。今後ビジネスの規模が拡大すれば、若干(貸倒率が)上昇することもあるかもしれないが、リスクに対して慎重に運営していくという姿勢は変わらない。
既存の貸金業者・クレジット会社などのベストプラクティスを学んでやっている。個人向け貸出のエキスパートもスタッフの中にいる。

<AQUSH金利水準について>
けにごろう:昨年11月から大きくAQUSH金利水準が上昇したが、その原因は法人向け貸出を開始したためと理解してよいか。

カマー:その通り。AQUSHの金利は借入規模と貸し手資金のシーソーゲームにより常に変動する。今は借入のニーズが非常に増えている時期であり、金利は上昇している。今後はより多くの投資家を呼び込み、ビジネスの規模を何十倍にも拡大していくことを重視する。

けにごろう:借り手となる法人の規模・業種・借入金額の傾向はどうか。

カマー:借り手となる法人は、業績が良くキャッシュフローがちゃんと出ているが、何らかの理由で銀行など通常の金融機関から借りることが困難な企業である。
例えば、設立してからの日が浅く、銀行からの与信がつかない・金融機関で受け入れられる担保を持っていない、などの理由である。
また、大手銀行や投資銀行などが手がけるには借入の規模が小さすぎる場合もある。AQUSHではそうした借り手に対しても、リスクを抑え貸し手にリターンを出せるような貸出を行っている。
法人向け貸出はまだ始まったばかりで、平均貸出額の傾向については何とも言えないが、感覚的には5000万円~1億円程度の規模が中心になるのではないかと考えている。
5年先・10年先に資金が十分集まるようになれば、例えば大企業の債券をAQUSHで募集したりすることもあるかも知れない。

けにごろう:どういうチャネルで法人向けの貸出を募集しているのか。これまで通りWEB上で募集する以外に何か別のチャネルがあるのか。

カマー:チャネルの開拓についてはわれわれの今後の課題である。個人向け・法人向け・不動産担保とも、どういったチャネルで借り手を集めていくか今考えている。例えば投資家に7%のリターンをもたらすためにはより多くのチャネルが必要である。借入のボリュームが大きくなれば、それだけ高い金利でも借りてくれる人が増えるだろう。

<情報公開について>
けにごろう:現在、AQUSHでは決算情報・貸出残高などの情報を公開していないが、今後公開の予定はあるのか。

カマー:今後もう少しAQUSHの規模が大きくなれば公開したいと考えている。
これまでAQUSHはサイズの拡大よりも投資家にしっかりとリターンを出すこと・デフォルトを極力抑えることを重視してきた。今後もその方針は変わらないが、サービス開始から3年がたったので、情報を更新していきたい。毎年倍々ゲームで規模は拡大しているので、いずれ公開できると考えている。
繰り返しになるが、投資家にどれだけのリターンを返すかが重要だと考えている。

けにごろう:他にも例えば、グレードごとのデフォルト率・返済遅延率・個人/法人の比率・法人向けの貸出規模・資金用途などの情報についても公開してもらえると、投資家としてはより安心して投資できる。

カマー:統計データをもっと公開してほしいということだと理解した。今貸出先などについて統計データをまとめて公開予定なので、そのために参考にしたい。

<今後のサービスについて>
けにごろう:昨年は新サービスをいくつかリリースしたが、今年も新サービスを開始する予定はあるのか。

カマー:現在のところは新サービスよりも既存のサービスを充実・拡大していくことに集中している。
特に投資家の利便性を高めることが重要だと考えている。
例えば、my aqushに毎月返済元本がいくら入ってきたかをわかりやすくしたい。また返済元本を再投資せずに放っている人も多い。そういったところをよりわかりやすく、楽しくするために改善していきたい。

<ソーシャルレンディングの今後について>
けにごろう:ソーシャルレンディングというサービスは、欧米ではすでにZOPA,lendingclubなどの大きなサービス会社があり、金融市場の中である程度の存在感を示している。それに対し、日本では、規模は拡大しているとはいえ、市場全体における割合・認知度はまだ低いと感じている。
それについてはどう考えているか。

カマー:AQUSHとしては新しい投資家が集まっており、成長しているという実感はある。3年かかるか10年かかるかわからないが、AQUSHとしては、投資家へのリターンを出していくこと・デフォルトを抑えることに集中し続けることで、国内で評価されていくと考えている。


(インタビュー実施日:2013年1月18日(金))
スポンサーサイト



  1. 2013/01/30(水) 12:00:00|
  2. インタビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

結局3社の中で一番もうかった投資先はどこか(2012年)

2012年も終わりましたが、maneo,AQUSH,SBIソーシャルレンディングの3社の中で投資先として最も利益を上げることができたのはどこだったのでしょうか。

自分の3社の運用状況を踏まえて考えてみたいと思います。

maneo運用実績サマリ(2012年)Bitmap
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本2,923,1363,322,8153,157,1193,771,1273,528,4333,022,2652,769,2603,214,9043,450,7374,310,7944,311,9244,169,2753,495,982←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)15,63117,95815,00416,89719,44225,16517,08416,98815,89017,26725,87819,998223,202←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)6.8%7.4%5.4%6.4%6.2%8.6%6.8%7.4%5.9%6.0%7.2%5.6%6.4%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
AQUSH運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本1,490,986 1,507,568 1,564,020 1,498,232 1,410,889 1,466,607 1,250,069 1,282,668 1,283,218 1,186,099 2,527,479 3,285,650 1,646,124 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)3,295 10,262 9,398 9,265 9,714 9,040 8,522 8,591 8,132 8,191 7,556 9,207 101,173 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)2.7%8.3%7.5%7.1%7.8%7.7%7.0%8.2%7.6%7.7%7.6%4.4%6.1%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
SBIソーシャルレンディング運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本363,105343,058322,874302,409282,508262,418242,153221,752701,224442,465385,981308,369348,193←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)1,5211,5591,4631,2661,2421,1149999078577681,02110,87923,596←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)4.8%5.2%5.1%4.7%4.9%4.7%4.6%4.5%4.6%1.3%2.8%33.8%6.8%←純利益率(年間)(B/Aを年間換算)
(各月末時点での数値)
3社合計
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本4,777,2275,173,4415,044,0135,571,7685,221,8304,751,2904,261,4824,719,3245,435,1795,939,3587,225,3847,763,2945,490,299←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)20,44729,77925,86527,42830,39835,31926,60526,48624,87926,22634,45540,084347,971←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)5.3%7.5%6.0%6.5%6.5%8.1%6.7%7.5%6.3%5.8%7.0%6.7%6.3%←純利益率(年間)(B/Aを年間換算)
(各月末時点での数値)



<全体>
maneo,AQUSH,SBIの3社を合わせた貸出元本平均は、約550万円となり、そこから得られた純利益額(手数料・税引き後)は約35万円となりました。
利益率としては6.3%で、満足すべき結果と言えます。
3社とも幸い貸し倒れによる損失はありませんでした。
(AQUSHとSBIで返済遅延が続いている案件があり気にはなりますが、いずれも幸い少額です)

純利益率で比較すると、
maneo: 6.4%
AQUSH:6.1%
SBI  :     6.8%
で、大きな違いはありませんでした。
ただし、個別に見てみると、利益のあがった状況はやや異なります。

<maneo>
多少の波はありましたが、概ね毎月コンスタントに好条件の案件があったので、継続的に投資ができました。
基本的には金利8%以上の案件を狙って投資しています。
また、あまり特定の貸出先に集中しすぎないよう、極力分散投資を心がけています。
現在3社の中で最も多くの資金を投じています。

<AQUSH>
10月までは低金利が続き、返済された元本をほとんど再投資しなかったため、貸出元本・純利益とも減り続けていました。
11月に急にヒートマップが回復したため、これまで返済された元本と新規追加した資金を投資しました。
ですがその分の金利収入が入ってくるのは1月以降のため、結果として純利益率は他の2社より若干低くなっています。
(1月から10月までの実績だけで計算すると、純利益率は7.3%と一番高くなります。)
2013年も高金利が継続するのであれば、おそらく2013年の利益率は3社の中で一番高くなるでしょう。

<SBIソーシャルレンディング>
自分が2011年から投資しているSBISLフリーローンファンド・借換ローンファンドは、2012年には新規募集を中止してしまったため、こちらも貸出元本・純利益とも減り続けていました。
ただ、9月になってキャンペーンのキャッシュバック目当てに50万円を証券担保ローンに入金したところ、予想外に?ローンが成立してしまいました。
このキャンペーンは新規投資額の2%がキャッシュバックされるというもので(キャッシュバック金額上限は1万円)、12月に入金されました。
結果としてSBIの2012年の利益の半分近くはこのキャッシュバックによるものとなりました。
8月までの純利益率を計算すると約5%なので、もしこのキャッシュバックがなければその程度の利益率に留まったと思われます。


というわけで、大きな状況の変化がなければ、2013年はおそらくAQUSHが最も利益率が高くなるものと予想しています。おそらく7%以上になるでしょう。
SBIは引き続きお得なキャッシュバックキャンペーンがあれば狙っていきたいと思います。

結局3社のうちどこで投資するのが一番もうかるのか、というテーマに対しては、「2012年度はあまり3社の差はなかったが、2013年度はAQUSHが有利」というのが結論となりそうです。



<次回予告>
次回(2013/01/30)は、サイト開設2周年企画第1弾として、「AQUSHラッセル・カマー社長特別インタビュー」を掲載します。
どうぞご期待ください。

  1. 2013/01/26(土) 18:38:09|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AQUSH運用状況(2012年12月)

2012年12月の自分の運用状況(AQUSH)を公開します。
投資を検討している方は参考にしていただければと思います。

AQUSH運用実績サマリ(2011年)
 2011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本22,171 99,324 110,648 187,846 161,680 226,388 313,477 519,910 930,245 1,204,792 1,334,461 1,477,838 549,065 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)0 116 600 737 1,220 994 983 2,222 3,673 6,317 8,885 11,998 37,745 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-6.3%7.2%8.0%7.8%7.4%5.2%8.5%8.5%8.1%8.8%10.8%7.5%←純利益率(年間)(B/A)
AQUSH運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本1,490,986 1,507,568 1,564,020 1,498,232 1,410,889 1,466,607 1,250,069 1,282,668 1,283,218 1,186,099 2,527,479 3,285,650 1,646,124 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)3,295 10,262 9,398 9,265 9,714 9,040 8,522 8,591 8,132 8,191 7,556 9,207 101,173 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)2.7%8.3%7.5%7.1%7.8%7.7%7.0%8.2%7.6%7.7%7.6%4.4%6.1%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
グレードごとの貸し出し状況
グレード未収元本平均金利
(営業者報酬・源泉徴収税控除前)
AA661,701 10.0%
A652,739 9.6%
B730,732 9.1%
C665,065 10.3%
D569,089 11.2%
(合計)3,279,327 9.7%


<コメント>
今月も先月に引き続きヒートマップが好調でした。
そのため、さらに70万円ほど貸出を増やし、トータルで320万ほどとなりました。
グレードAA・Aで金利10%の貸し出しを行うことができました。

今月の純利益額には、キャンペーンボーナス3000円を含んでいます。
それでも純利益率が4.4%に留まったのは、先月大きく増やした貸出残高の分の金利がまだ入っていないためです。
来月から反映され、金利収入が大きく増えるでしょう。

なお、2011年6月から返済遅延が生じている匿名組合「D-36-10.00-20110201」は、まだ返済がありません。


さて、2012年も終わりましたので、AQUSHでの成績を振り返ってみたいと思います。

平均貸出残高:1,646,124 円
純利益額:101,173 円
純利益率:6.1%


2011年末時点に比べ、貸出元本を2倍以上に増やしました。
おかげで純利益額は10万円を超えました。
満足すべき利益額です。

しかし、純利益率は7.5%→6.1%と若干低下しました。
低下の原因としては、AQUSHの金利支払いの仕組みが変わったために1月の金利が少なかったことと、11月以降急に貸出残高を増やしたために12月の純利益率が低下したことが挙げられます。

1年を通して見ると、1月から10月までは金利水準が低迷していたために新たな貸出はほとんど行わず、貸出残高は減る一方でした。
それが11月に急に金利水準が上昇したため、新たな資金を追加して大きく残高を増やしました。
来年もこの高金利が持続すれば、今年以上の利益を上げることができるでしょう。


先月末時点でのヒートマップについては下記をご覧ください。
前月に引き続き好調です。
借入金利は大きく上昇しており、グレードAA・Aで何と6%近く、Bで約4%、C・Dで約1%上昇しています。

AQUSHヒートマップ20121225
  1. 2013/01/23(水) 20:30:42|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

官民連携によるふるさと投資(地域活性化小口投資)プラットフォームの構築について

日本再生戦略(平成24年7月31日閣議決定)の推進のため、「ふるさと投資プラットフォーム推進協議会」が設置されました。

「官民連携によるふるさと投資(地域活性化小口投資)プラットフォームの構築について」

<以下引用>
各地の伝統産業やソーシャルビジネス、地域や若者・女性の創業・
新分野進出等をふるさと投資※を通じて支援するため、内閣官房にお
いて、ファンド関係者の必要な情報を集約・発信できるホームペー
ジを開設して、関係者間による情報の共有・連携の向上を図るとと
もに、総合特区制度等による規制・税制等の支援措置や人材派遣等
を行うためのふるさと投資(地域活性化小口投資)プラットフォー
ムを構築する。

※ ふるさと投資…個人の志ある資金を原資に小規模な事業資金を支援する仕組み。
これまでマイクロ金融と呼んでいたものから名称を変更。

(中略)
総合特区制度、特定地域再生制度や構造改革特区制度による認定
を受けた計画に位置づけられた地域活性化等に資するふるさと投資
(地域活性化小口投資)を活用したファンド事業に対して、規制の
特例措置、財政・税制・金融上の支援措置を行う。

ふるさと投資(地域活性化小口投資)プラットフォーム
<引用終わり>


「個人の志ある資金を原資に小規模な事業資金を支援する仕組み」を、国としては「ふるさと投資」と呼ぶことになり、さまざまな形で支援していくそうです。

上記の資料には「ふるさと投資(地域活性化小口投資)を活用したファンド事業に対して、規制の
特例措置、財政・税制・金融上の支援措置を行う。」とあります。

ソーシャルレンディングはまさにこの「ふるさと投資」に当てはまると思うのですが、
ソーシャルレンディング各社または投資家に対してこうした支援が行われる時がくるのでしょうか。

例えばソーシャルレンディング投資の金利には現在20%の源泉徴収税がかかっているのですが、これが無税になるとか、国から金利の補助がでるなどの支援があると、投資家としてもお金の借り手である事業者としても大変恩恵を受けることができます。
ソーシャルレンディングサービス自体も大いに盛り上がることとなるでしょう。

政権交代してしまったのでこうした政策が継続されるかどうかよくわかりませんが、是非実現してほしいと思います。






  1. 2013/01/19(土) 15:49:10|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

maneoマーケット情報(2012年12月)

maneoマーケット情報(2012年12月)を転載します。

marketplace201301.jpg
marketinfo201301.jpg

<ローン成約額(累計)推移>
ローン成約額は62億円に達しました。
この1か月で5億円以上の貸出が行われました。
先月に引き続き貸出ペースは好調です。

<分配額(累計)推移>
元利の分配額も順調に伸びています。
元利分配額は32億円に達しました。先月から4億円程増えています。
また、利息分配額(累計)は約1.2億円で、今月も約1000万円の利息分配があったことになります。
ローン成約額62億円のうち32億円が分配されているので、現在の貸出元本は先月よりやや増加し、約30億円です。

<事業性ローン返済実績一覧>
今月の貸し出し件数は44件でした。
その他事業性案件(19件)・ドリーミングハウス案件(10件)が特に多い案件でした。

その他事業性案件(19件)のうち、18件は「【遊技機ファンド株式会社】レンタルのための遊技機購入資金支援ローンへの投資」が占めています。
この案件は12月だけで約3億円の資金を集めており、12月の全案件への貸出額(5億円)のうち60%ほどを占めていることになります。
短期間で大量の資金を集めていますが、事業計画の方は大丈夫でしょうか。
デフォルトや極端な早期返済などが起こらないことを願います。

事業性ローンにおいてはまだデフォルトは発生していません。
今後もぜひこの傾向が継続してほしいものです。
  1. 2013/01/16(水) 15:21:25|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミュージックセキュリティーズが地銀と提携

少し前の話となりますが、「被災地復興ファンド」などを手掛けるクラウドファンディングのミュージックセキュリティーズは、広島銀行・滋賀銀行・西京銀行と業務提携しました。

広島銀行 マイクロ投資ファンドに関する業務提携について

<引用開始>
1.締結先 ミュージックセキュリティーズ株式会社(以下「MS社」という。)
2.提携内容  当行は、日本再生戦略(平成24年7月31日閣議決定)にて推進される「ふるさと投資(地域活性化小口投資)(注1)」をふまえ、MS社が事業者に提供する新しい資金調達手法、マイクロ投資プラットフォーム「セキュリテ」(注2)の仕組みについて、当行のお取引先さまへのご紹介を行うもの。

(注1)ふるさと投資(地域活性化小口投資)
  各地の伝統産業やソーシャルビジネス、若者や女性の起業支援等を対象にした小口の投資ファンド。
(注2)マイクロ投資プラットフォーム「セキュリテ」
  地域の事業者等が個別にファンドを組成し、事業資金等を個人投資家から小口で資金調達するための仕組み。

3.提携の目的  当行としては、お取引先さまへの新たな資金調達手法の提供による事業成長へのご支援として、MS社としては、当行が有する地域ネットワークを活用した対象事業者の開拓に繋がることを期待するものです。
4.契約締結日 平成24年11月22日(木)
<引用終わり>


上記の説明によれば、資金を借りたい事業者に対して、広島銀行がミュージックセキュリティーズ社のファンドを通じた資金調達を紹介する、という提携の形態です。

平たく言えば、銀行として融資するにはちょっとリスクが高かったり十分な収益が見込めるかわからない事業に対し、代わりにファンドによる資金調達を紹介して仲介料を取る、ということでしょうか。
提携がうまくいけばミュージックセキュリティーズもファンドの規模を大きく拡大することができるでしょう。

ミュージックセキュリティーズはあまり金銭的なリターンを求めない投資家向けのサービスなので、銀行としても紹介しやすいのかも知れません。
もしも配当がなかったり元本割れしたりしても、投資家からあとでそれほど文句を言われなくて済みそうです。


もしmaneoやAQUSHが同じように銀行と提携できればどうなるでしょうか。
お金を借りたい個人や企業が銀行経由でソーシャルレンディングから資金を集められるようになったり、銀行でソーシャルレンディングへの投資ができるようになれば、大きくすそ野が広がるでしょう。

銀行の借り手・貸し手と、ソーシャルレンディングの借り手・貸し手は資金規模や信用度・求めるリターンなどの面で層が異なるわけですから、提携することでお互いにメリットはあるはずです。

ソーシャルレンディングのような明らかに高利回りを目的とした投資だと、投資家が損失を被った時に銀行も責任を問われるようなことになるのを恐れているのかも知れませんが、是非リスクを恐れずに提携するという銀行が出てきてほしいと思います。

既に多くの消費者金融が銀行の傘下に入っています。
これも消費者金融各社が個人向け融資においては銀行よりも高いノウハウを持っており、銀行は強い資金力を持っているために互いにメリットが生じているわけです。
ソーシャルレンディングにおいても同じように互いにメリットを得られるような関係を築くことができるはずです。






  1. 2013/01/12(土) 20:45:24|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディングの金利水準は妥当なのか

ソーシャルレンディング(事業者向けローン)について、次のような意見を時々耳にします。

「ソーシャルレンディングの借入金利は銀行借り入れなどに比べて高すぎる。
 この金利で借りるのは、銀行から借りることができないような信用力のない事業者だけである。
 そのような相手にお金を貸すのはリスクが高すぎるので、投資対象としては不適切である。」

この、「ソーシャルレンディングの金利水準が銀行借り入れなどに比べて高すぎる。」というのは本当なのでしょうか。
「みなと銀行」という地銀が中小企業向けの無担保フリーローンサービスを最近開始したので、そのサービス内容と比較してみます。
「中小企業向けの無担保フリーローン」というサービスは、maneoやAQUSHの事業者向けローンと同様です。

みなと事業者向けフリーローン

サービス概要は以下の通りです。

・使い道
 自由です。消費資金のほか事業資金(運転資金、設備資金、法人への転貸資金)にもご利用いただけます。

・融資金額
 10万円以上、300万円以内(1万円単位)

・融資期間
 6か月以上、7年以内(6か月単位)

・借入金利・金利種類
 固定金利 年5.8%・年8.8%・年10.8%・年11.9%・年14.9%のいずれか審査のうえ、決定させていただきます。


現在、maneo,AQUSHの借入金利(借り手にとっての金利)は以下の通りです。

・maneo
 6%~15%程度(案件により異なる)

・AQUSH
 4.0%(グレードAA)~8.5%(グレードD)

上記を見ると、みなと事業者向けフリーローンの金利の範囲はmaneo・AQUSHとあまり違いはないと言えます。

もちろん借り手の信用状況や借入条件によって金利は当然変わってくるので、なかなか単純には比較できないのですが、ソーシャルレンディングの金利水準は銀行の類似サービスと比較しても決して高いとは言えません。(安いとも言えませんが)

「ソーシャルレンディングの借り手は、銀行の審査が通らないような信用力の低い業者ばかりである。」という評価は適切ではないでしょう。
信用力の高い借り手にとっても、ソーシャルレンディングで借入を行うことは選択肢として十分あり得ると言えます。






  1. 2013/01/09(水) 10:15:26|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneo運用状況(2012年12月)

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

maneoでの12月の運用状況です。

今月は2件、計36万円新たな投資を行いました(下の表の紫の部分)。
いずれも「遊技機ファンド1号株式会社」です。

また、今月は新たに返済完了となった案件はありませんでした。

結果として、現時点での貸出元本は先月からやや減少し、4,169,275円となりました。

今月の純利益(手数料・税引き後)は、先月よりも6000円ほど減り19,988円となりました。

これまでのところ貸し倒れ・返済遅延は発生していません。

さて、2012年も今月でおわりです。
2012年を通じての運用実績は以下の通りでした。

・貸出元本平均(A)  3,495,982円
・純利益累計(B) 223,202円
・純利益率(年間)(B/A) 6.4%


純利益率は6.4%となりました。
昨年は純利益率が4.6%しかありませんでしたので、かなり向上したことになります。
要因としてはmaneoが2011年6月に貸出時の手数料を廃止したことが大きいと思います。
できれば来年はより高い利益率を狙いたいと思います。

純利益額は約22万円となりました。
20万円を超えたので確定申告が必要となりそうです。

貸出元本は、年初時点では約300万円でしたが、年末時点では約420万円となりました。
追加資金を投入したことによるものです。


運用実績は以下の通りです。
 
maneo運用実績サマリ(2011年)
 2010/122011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本950,000950,000950,000960,000980,000979,666979,2921,388,9061,360,4081,382,0281,722,8282,503,3882,753,5331,373,850←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)-14,96207,2574,7995,1725,5795,5465,6207,8127,9527,5446,32314,42063,062←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-0.0%9.2%6.1%6.5%6.8%6.8%6.9%6.7%7.0%6.6%4.4%6.9%4.6%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
maneo運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本2,923,1363,322,8153,157,1193,771,1273,528,4333,022,2652,769,2603,214,9043,450,7374,310,7944,311,9244,169,2753,495,982←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)15,63117,95815,00416,89719,44225,16517,08416,98815,89017,26725,87819,998223,202←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)6.8%7.4%5.4%6.4%6.2%8.6%6.8%7.4%5.9%6.0%7.2%5.6%6.4%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)


maneo運用実績2012/12/14時点         
投資概要     純利益   ステータス返済完了日
投資先投資金額
(a)
投資開始時期年利貸出期間貸出元本
(※1)(b)
純利益(※2)(当月)(c)純利益率(当月)(年率換算)
(=c/b)
純利益(累計)(d)純利益率(累計)(年率換算)
(=d/a)
【株式会社KID’S保証付】魚串 鮮魚 もつ鍋 【新橋四丁目酒場 わっつり】開業支援ローン(2539)950,0002010/12/168.5%36か月441,305 2,633 7.2%87,977 4.6%返済中 
【代表者保証・高利回り】UeCONA第2弾 田町店 開業支援ローン(2704)10,0002011/2/89.0%24か月1,799 13 8.7%641 3.5%返済中 
【第3次募集・代表者保証・12カ月一括返済】「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」 福岡県 春日店 開業資金ローン(2786)20,0002011/4/269.0%24か月00#DIV/0!1,2495.7%返済完了2012/5/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【保証付】【東京新名所公認】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (2899)10,0002011/6/287.0%36か月6,088 29 5.7%654 4.5%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第22弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3008)100,0002011/9/168.0%5か月00#DIV/0!2,6485.9%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第23弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3009)100,0002011/9/168.0%5か月00#DIV/0!2,6485.9%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第25弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3011)50,0002011/9/208.0%5か月00#DIV/0!1,0695.9%返済完了2012/1/31
【ドリーミングハウス×maneo 第26弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3023)100,0002011/9/228.0%5か月00#DIV/0!3,7716.2%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第27弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3024)100,0002011/9/238.0%5か月00#DIV/0!3,7716.2%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第28弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3025)100,0002011/9/268.0%5か月00#DIV/0!3,7716.3%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第30弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3027)100,0002011/9/288.0%5か月00#DIV/0!3,6297.3%返済完了2012/3/28
【ドリーミングハウス×maneo 第32弾】【代表者保証付】王子エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3038)100,0002011/10/68.0%5か月00#DIV/0!3,3847.1%返済完了2012/3/28
【ドリーミングハウス×maneo 第34弾】【代表者保証付】青井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3043)100,0002011/10/148.0%5か月00#DIV/0!3,3847.4%返済完了2012/3/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【保証付】【東京新名所内水族館】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (3040)20,0002011/10/217.0%5か月14,132 65 5.5%1,095 4.8%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第36弾】【代表者保証付】東矢口エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3049)100,0002011/10/258.0%5か月00#DIV/0!3,7886.4%返済完了2012/5/28
【担保付&UBI保証付】【UBIfinance×maneo 第13弾】温浴施設購入資金 不動産担保付きローンへの投資(3051)150,0002011/10/258.0%36か月00#DIV/0!7,7256.1%返済完了2012/8/28
【ドリーミングハウス×maneo 第37弾】【代表者保証付】東矢口エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3050)100,0002011/10/288.0%5か月00#DIV/0!3,7356.4%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第38弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3054)100,0002011/11/97.5%5か月00#DIV/0!3,3026.0%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第39弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3055)60,0002011/11/117.5%5か月00#DIV/0!1,9636.0%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第40弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3057)100,0002011/11/177.5%5か月00#DIV/0!3,1706.0%返済完了2012/5/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【代表者保証付】【韓流スター】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (3058)30,0002011/11/308.0%5か月22,402 121 6.5%1,737 5.6%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第42弾】【代表者保証付】西新井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3064)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!1,3816.0%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第43弾】【代表者保証付】青井エリア(第2)分譲住宅プロジェクトへの投資(3065)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!3,8126.8%返済完了2012/6/28
【ドリーミングハウス×maneo 第44弾】【代表者保証付】上高田エリア分譲住宅プロジェクトへの投資(3067)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!3,8126.8%返済完了2012/6/28
【ドリーミングハウス×maneo 第45弾】【代表者保証付】池上エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3068)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!1,3816.0%返済完了2012/2/28
【UBIモンゴル×maneo 第1弾】【保証付】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3071)100,0002011/12/218.0%18か月100,000 526 6.3%6,069 6.2%返済中 
【‐完済実績あり‐】【UBIfinance×maneo 第23弾】新規事業資金(飲食店開業)事業性資金支援ローンへの投資(3077)100,0002011/12/217.5%33か月76,711 392 6.1%5,278 5.4%返済中 
【ドリーミングハウス第53弾】青井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3098)100,0002012/1/207.0%6か月00#DIV/0!2,9465.6%返済完了2012/7/30
【UBIモンゴル第2弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3100)100,0002012/1/308.0%24か月100,000 526 6.3%5,367 6.1%返済中 
【ドリーミングハウス第55弾】神楽坂エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3105)100,0002012/1/317.0%7か月00#DIV/0!1,3975.6%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス第57弾】綾瀬エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3109)80,0002012/2/77.0%7か月00#DIV/0!2,4905.6%返済完了2012/8/28
【ドリーミングハウス第59弾】綾瀬エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3111)100,0002012/2/77.0%7か月00#DIV/0!3,0995.6%返済完了2012/8/28
【株式会社スイッチスマイル】スマートフォン向け動画配信プラットフォームの開発資金への投資(3117)100,0002012/2/298.5%24か月80,652 476 7.1%4,969 6.3%返済中 
【UBIモンゴル第3弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3119)100,0002012/2/298.0%18か月100,000 526 6.3%5,384 6.8%返済中 
【金馬車】パチンコホールの改修資金への投資(3118)70,0002012/2/299.5%12か月27,171 169 7.5%2,980 5.4%返済中 
【江戸しぐさ】「日本橋魚河岸市場」開業支援ローンへの投資(3107)100,0002012/3/138.0%36か月94,237 495 6.3%4,584 6.1%返済中 
【UBIモンゴル第4弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3144)100,0002012/3/168.0%36か月100,000 526 6.3%4,560 6.1%返済中 
【金馬車 第2弾】ホール改修資金および新機導入資金への投資(収益の一部を寄付)(3147)750,0002012/3/3010.0%12か月750,000 4,932 7.9%40,440 7.6%返済中 
【スカンヂナビア第2弾】野球球団向けグッズ販売資金ローンへの投資(3138)100,0002012/4/248.0%5か月00#DIV/0!2,7546.4%返済完了2012/9/28
【ホルス第1弾】マンション設備導入資金支援ローンへの投資(3182)100,0002012/5/88.0%12か月48,135 298 7.4%2,942 4.9%返済中 
【株式会社ショウエイ第6弾】浅草・墨田観光みやげの開発資金への投資 (3202)20,0002012/5/317.0%36か月17,757 84 5.7%449 4.2%返済中 
【UBIfinance第61弾】太陽光発電システム販売企業!事業性資金支援ローンへの投資(3230)100,0002012/7/127.0%12か月68,283349 6.1%2,051 4.8%返済中 
【商流・物流・金流の一体管理モデル 第4弾】「「三軒茶屋鮮魚卸売市場」開業支援ローンへの投資(3253)200,0002012/7/318.0%36か月192,5411,012 6.3%3,134 4.2%返済中 
【モンゴル軽油事業 第5弾】円建て投資・軽油販売事業支援ローンへの投資(3251)100,0002012/7/317.0%36か月95,283460 5.8%1,511 4.1%返済中 
【商流・物流・金流の一体管理モデル 第5弾】「うどん伊呂波」台湾出店支援ローンへの投資(3260)200,0002012/7/318.0%36か月187,8241,012 6.5%3,135 4.2%返済中 
【日本柔道整復師振興育成会第11弾】保険療養費立替金支援ローンへの投資(3287)200,0002012/8/237.0%2か月00#DIV/0!2,0555.6%返済完了2012/10/29
【エムティーオー株式会社】ニンテンドー3DS向けゲーム開発資金ローンへの投資(3294)200,0002012/8/307.0%9か月200,000920 5.5%2,853 4.9%返済中 
【エスクローファイナンス 第1弾】不動産一括購入資金・担保付きローンへの投資(3297)200,0002012/8/307.0%7か月200,000920 5.5%2,853 4.9%返済中 
【株式会社ショウエイ第7弾】『東京観光新名所』おみやげの開発資金(第2弾)への投資(3306)30,0002012/9/147.0%36か月28,705136 5.7%357 4.8%返済中 
【名校教育グループ】留学生専門指導塾の増加運転資金支援ローンへの投資(3307)200,0002012/9/208.0%24か月186,2811,016 6.5%2,487 5.3%返済中 
【株式会社ウィンコーポレーション 第17弾】ドライバー派遣増加に伴う季節資金支援ローンへの投資(3308)200,0002012/9/147.0%12か月169,969850 6.0%2,319 4.7%返済中 
【日本柔道整復師振興育成会第15弾】保険療養費立替金支援ローンへの投資(3309)100,0002012/9/117.0%6か月100,000460 5.5%1,243 4.8%返済中 
【上場企業A社向け】ホテル改修及び新規開業支援・不動産担保付きローン(第5弾)への投資(3320)200,0002012/9/209.0%36か月00#DIV/0!1,5387.2%返済完了2012/10/29
【山本香料株式会社】ローズオイル購入資金支援ローンへの投資(3317)100,0002012/10/58.0%6か月100,000526 6.3%526 2.7%返済中 
【イデアグローイングシステム株式会社 第1弾】次世代携帯電話基地局・工事資金支援ローンへの投資(3335)100,0002012/10/18.0%5か月100,000526 6.3%526 2.6%返済中 
【商流・物流・金流の一体管理モデル 第6弾】「貴族の森」設備改修支援ローンへの投資(3395)200,0002012/11/78.0%36か月200,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【遊技機ファンド1号株式会社 第1弾 2次募集】レンタルのための遊技機購入資金支援ローンへの投資(6カ月物)(3444)
200,0002012/11/308.5%6か月200,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【遊技機ファンド1号株式会社 第1弾 2次募集】レンタルのための遊技機購入資金支援ローンへの投資(4カ月物)(3446)160,0002012/11/308.5%4か月160,0000 0.0%0 0.0%返済中 
合計7,710,000 2010/12/16--4,169,275 19,998 5.8%277,793 -  
            
※1:貸出元本は、投資金額から返済済の金額を引いた金額         
※2:純利益は、金利収入からmaneo手数料(2011年7月から廃止)および源泉徴収税(20%)を引いた金額     
 ←返済完了した案件         
 ←今月新たに投資した案件         

  1. 2013/01/02(水) 23:11:41|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR