けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SBIソーシャルレンディング運用状況(2012年10月)

2012年10月のSBIソーシャルレンディング運用状況です。

<今月の動き>
 10月15日に今月の元本と利息の支払いがありました。
 純利益(手数料・税引き後)は768円でした。
 また、今月は早期返済があったようで、20万円以上も元本の返済がありました。
 (早期返済があった旨のメッセージ等は特に来ていないので詳細はわからないのですが)
 
 なお、返済遅延が発生しているファンド「SBISLフリーローンファンド3年2011年7月第4号」「SBISLフリーローンファンド3年2011年7月第1号 」についてはその後進展はありません。

SBIソーシャルレンディング運用実績サマリ(2011年)
 2011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本    500,000480,247481,005461,691442,286422,594402,866383,173446,733←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)    09522,1799,7342,2602,0631,7691,80220,759←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)    0.0%2.3%5.4%24.3%5.9%5.6%5.0%5.4%8.0%←純利益率(年間)(B/Aを年間換算)
(各月末時点での数値)
SBIソーシャルレンディング運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本363,105343,058322,874302,409282,508262,418242,153221,752701,224442,465  348,397←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)1,5211,5591,4631,2661,2421,114999907857768  11,696←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)4.8%5.2%5.1%4.7%4.9%4.7%4.6%4.5%4.6%1.3%0.0%#DIV/0!5.0%←純利益率(年間)(B/Aを年間換算)
(各月末時点での数値)
SBI口座情報20121024

<解説>
・SLS口座残高
 「SBIソーシャルレンディングサポート」(貸し手側の会社)の口座残高のことです。

・SL口座残高
 「SBIソーシャルレンディング」(借り手側の会社)の口座残高のことです。
 SBIソーシャルレンディング全体の仕組みとして、貸し手側と借り手側の会社が分かれており、それぞれに口座が存在します。
 とはいえ、形式的に分かれているだけなので運用状況や利回りを見る上ではその違いはあまり気にしなくてよいでしょう。両方の口座の合計金額が自分のお金だと思えばよいと思います。

・運用中元本残高
 現在貸し出している金額です。
 毎月元本が少しずつ返済されるので、何もしないと毎月減っていきます。
 返済された元本と金利は「SL口座残高」のほうに入金されます。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 21:26:09|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneo運用状況(2012年10月)

maneoでの10月の運用状況です。

今月は7件、計93万円新たな投資を行いました(下の表の紫の部分)。
先月の返済分が多く、引き続き7%の案件でも投資することとしました。

先月も書いたように9月に入ってから8%以上の高利回り案件がいくつも出てきたため、資金を50万追加しました。。

また、今月は返済が1件ありました。


結果として、現時点での貸出元本は先月から90万ほど増え、4,310,794円となりました。

今月の純利益(手数料・税引き後)は、先月より若干増え、17,267円となりました。

これまでのところ貸し倒れ・返済遅延は発生していません。

運用実績は以下の通りです。

maneo運用実績サマリ(2011年)
 2010/122011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本950,000950,000950,000960,000980,000979,666979,2921,388,9061,360,4081,382,0281,722,8282,503,3882,753,5331,373,850←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)-14,96207,2574,7995,1725,5795,5465,6207,8127,9527,5446,32314,42063,062←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-0.0%9.2%6.1%6.5%6.8%6.8%6.9%6.7%7.0%6.6%4.4%6.9%4.6%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
maneo運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本2,923,1363,322,8153,157,1193,771,1273,528,4333,022,2652,769,2603,214,9043,450,7374,310,794  3,347,059←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)15,63117,95815,00416,89719,44225,16517,08416,98815,89017,267  177,326←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)6.8%7.4%5.4%6.4%6.2%8.6%6.8%7.4%5.9%6.0%0.0%#DIV/0!6.4%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
            
maneo運用実績2012/10/20時点         
投資概要     純利益   ステータス返済完了日
投資先投資金額
(a)
投資開始時期年利貸出期間貸出元本
(※1)(b)
純利益(※2)(当月)(c)純利益率(当月)(年率換算)
(=c/b)
純利益(累計)(d)純利益率(累計)(年率換算)
(=d/a)
【株式会社KID’S保証付】魚串 鮮魚 もつ鍋 【新橋四丁目酒場 わっつり】開業支援ローン(2539)950,0002010/12/168.5%36か月504,967 2,986 7.1%82,440 4.7%返済中 
【代表者保証・高利回り】UeCONA第2弾 田町店 開業支援ローン(2704)10,0002011/2/89.0%24か月2,681 19 8.5%612 3.6%返済中 
【第3次募集・代表者保証・12カ月一括返済】「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」 福岡県 春日店 開業資金ローン(2786)20,0002011/4/269.0%24か月00#DIV/0!1,2495.7%返済完了2012/5/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【保証付】【東京新名所公認】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (2899)10,0002011/6/287.0%36か月6,621 32 5.8%593 4.5%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第22弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3008)100,0002011/9/168.0%5か月00#DIV/0!2,6485.9%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第23弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3009)100,0002011/9/168.0%5か月00#DIV/0!2,6485.9%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第25弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3011)50,0002011/9/208.0%5か月00#DIV/0!1,0695.9%返済完了2012/1/31
【ドリーミングハウス×maneo 第26弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3023)100,0002011/9/228.0%5か月00#DIV/0!3,7716.2%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第27弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3024)100,0002011/9/238.0%5か月00#DIV/0!3,7716.2%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第28弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3025)100,0002011/9/268.0%5か月00#DIV/0!3,7716.3%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第30弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3027)100,0002011/9/288.0%5か月00#DIV/0!3,6297.3%返済完了2012/3/28
【ドリーミングハウス×maneo 第32弾】【代表者保証付】王子エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3038)100,0002011/10/68.0%5か月00#DIV/0!3,3847.1%返済完了2012/3/28
【ドリーミングハウス×maneo 第34弾】【代表者保証付】青井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3043)100,0002011/10/148.0%5か月00#DIV/0!3,3847.4%返済完了2012/3/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【保証付】【東京新名所内水族館】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (3040)20,0002011/10/217.0%5か月15,170 70 5.5%960 4.8%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第36弾】【代表者保証付】東矢口エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3049)100,0002011/10/258.0%5か月00#DIV/0!3,7886.4%返済完了2012/5/28
【担保付&UBI保証付】【UBIfinance×maneo 第13弾】温浴施設購入資金 不動産担保付きローンへの投資(3051)150,0002011/10/258.0%36か月00#DIV/0!7,7256.1%返済完了2012/8/28
【ドリーミングハウス×maneo 第37弾】【代表者保証付】東矢口エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3050)100,0002011/10/288.0%5か月00#DIV/0!3,7356.4%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第38弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3054)100,0002011/11/97.5%5か月00#DIV/0!3,3026.0%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第39弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3055)60,0002011/11/117.5%5か月00#DIV/0!1,9636.0%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第40弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3057)100,0002011/11/177.5%5か月00#DIV/0!3,1706.0%返済完了2012/5/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【代表者保証付】【韓流スター】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (3058)30,0002011/11/308.0%5か月23,911 129 6.5%1,486 5.6%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第42弾】【代表者保証付】西新井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3064)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!1,3816.0%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第43弾】【代表者保証付】青井エリア(第2)分譲住宅プロジェクトへの投資(3065)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!3,8126.8%返済完了2012/6/28
【ドリーミングハウス×maneo 第44弾】【代表者保証付】上高田エリア分譲住宅プロジェクトへの投資(3067)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!3,8126.8%返済完了2012/6/28
【ドリーミングハウス×maneo 第45弾】【代表者保証付】池上エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3068)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!1,3816.0%返済完了2012/2/28
【UBIモンゴル×maneo 第1弾】【保証付】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3071)100,0002011/12/218.0%18か月100,000 526 6.3%4,999 6.0%返済中 
【‐完済実績あり‐】【UBIfinance×maneo 第23弾】新規事業資金(飲食店開業)事業性資金支援ローンへの投資(3077)100,0002011/12/217.5%33か月82,748 422 6.1%4,466 5.4%返済中 
【ドリーミングハウス第53弾】青井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3098)100,0002012/1/207.0%6か月00#DIV/0!2,9465.6%返済完了2012/7/30
【UBIモンゴル第2弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3100)100,0002012/1/308.0%24か月100,000 526 6.3%4,297 5.9%返済中 
【ドリーミングハウス第55弾】神楽坂エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3105)100,0002012/1/317.0%7か月00#DIV/0!1,3975.6%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス第57弾】綾瀬エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3109)80,0002012/2/77.0%7か月00#DIV/0!2,4905.6%返済完了2012/8/28
【ドリーミングハウス第59弾】綾瀬エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3111)100,0002012/2/77.0%7か月00#DIV/0!3,0995.6%返済完了2012/8/28
【株式会社スイッチスマイル】スマートフォン向け動画配信プラットフォームの開発資金への投資(3117)100,0002012/2/298.5%24か月90,415 530 7.0%3,973 6.2%返済中 
【UBIモンゴル第3弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3119)100,0002012/2/298.0%18か月100,000 526 6.3%4,314 6.7%返済中 
【金馬車】パチンコホールの改修資金への投資(3118)70,0002012/2/299.5%12か月40,100 249 7.5%2,595 5.8%返済中 
【江戸しぐさ】「日本橋魚河岸市場」開業支援ローンへの投資(3107)100,0002012/3/138.0%36か月100,000 544 6.5%3,561 5.9%返済中 
【UBIモンゴル第4弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3144)100,0002012/3/168.0%36か月100,000 526 6.3%3,490 5.8%返済中 
【金馬車 第2弾】ホール改修資金および新機導入資金への投資(収益の一部を寄付)(3147)750,0002012/3/3010.0%12か月750,000 4,932 7.9%30,412 7.3%返済中 
【スカンヂナビア第2弾】野球球団向けグッズ販売資金ローンへの投資(3138)100,0002012/4/248.0%5か月100,0004735.7%2,7546.4%返済完了2012/9/28
【ホルス第1弾】マンション設備導入資金支援ローンへの投資(3182)100,0002012/5/88.0%12か月66,160 392 7.1%2,288 5.1%返済中 
【株式会社ショウエイ第6弾】浅草・墨田観光みやげの開発資金への投資 (3202)20,0002012/5/317.0%36か月18,746 88 5.6%276 3.5%返済中 
【UBIfinance第61弾】太陽光発電システム販売企業!事業性資金支援ローンへの投資(3230)100,0002012/7/127.0%12か月84,519424 6.0%1,203 4.4%返済中 
【商流・物流・金流の一体管理モデル 第4弾】「「三軒茶屋鮮魚卸売市場」開業支援ローンへの投資(3253)200,0002012/7/318.0%36か月197,3781,051 6.4%1,051 2.4%返済中 
【モンゴル軽油事業 第5弾】円建て投資・軽油販売事業支援ローンへの投資(3251)100,0002012/7/317.0%36か月100,000575 6.9%575 2.6%返済中 
【商流・物流・金流の一体管理モデル 第5弾】「うどん伊呂波」台湾出店支援ローンへの投資(3260)200,0002012/7/318.0%36か月197,3781,051 6.4%1,051 2.4%返済中 
【日本柔道整復師振興育成会第11弾】保険療養費立替金支援ローンへの投資(3287)200,0002012/8/237.0%2か月200,0001,196 7.2%1,196 3.8%返済中 
【エムティーオー株式会社】ニンテンドー3DS向けゲーム開発資金ローンへの投資(3294)200,0002012/8/307.0%9か月200,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【エスクローファイナンス 第1弾】不動産一括購入資金・担保付きローンへの投資(3297)200,0002012/8/307.0%7か月200,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【株式会社ショウエイ第7弾】『東京観光新名所』おみやげの開発資金(第2弾)への投資(3306)30,0002012/9/147.0%36か月30,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【名校教育グループ】留学生専門指導塾の増加運転資金支援ローンへの投資(3307)200,0002012/9/208.0%24か月200,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【株式会社ウィンコーポレーション 第17弾】ドライバー派遣増加に伴う季節資金支援ローンへの投資(3308)
200,0002012/9/147.0%12か月200,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【日本柔道整復師振興育成会第15弾】保険療養費立替金支援ローンへの投資(3309)100,0002012/9/117.0%6か月100,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【上場企業A社向け】ホテル改修及び新規開業支援・不動産担保付きローン(第5弾)への投資(3320)200,0002012/9/209.0%36か月200,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【山本香料株式会社】ローズオイル購入資金支援ローンへの投資(3317)100,0002012/10/58.0%6か月100,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【イデアグローイングシステム株式会社 第1弾】次世代携帯電話基地局・工事資金支援ローンへの投資(3335)100,0002012/10/18.0%5か月100,0000 0.0%0 0.0%返済中 
合計7,150,000 2010/12/16--4,310,794 17,267 4.8%231,917 -  
            
※1:貸出元本は、投資金額から返済済の金額を引いた金額         
※2:純利益は、金利収入からmaneo手数料(2011年7月から廃止)および源泉徴収税(20%)を引いた金額     
 ←返済完了した案件         
 ←今月新たに投資した案件         

  1. 2012/10/27(土) 21:23:48|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AQUSH運用状況(2012年9月)

2012年9月の自分の運用状況(AQUSH)を公開します。
投資を検討している方は参考にしていただければと思います。

AQUSH運用実績サマリ(2011年)
 2011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本22,171 99,324 110,648 187,846 161,680 226,388 313,477 519,910 930,245 1,204,792 1,334,461 1,477,838 549,065 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)0 116 600 737 1,220 994 983 2,222 3,673 6,317 8,885 11,998 37,745 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-6.3%7.2%8.0%7.8%7.4%5.2%8.5%8.5%8.1%8.8%10.8%7.5%←純利益率(年間)(B/A)
AQUSH運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本1,490,986 1,507,568 1,564,020 1,498,232 1,410,889 1,466,607 1,250,069 1,282,668 1,283,218    1,417,140 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)3,295 10,262 9,398 9,265 9,714 9,040 8,522 8,591 8,132    76,219 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)2.7%8.3%7.5%7.1%7.8%7.7%7.0%8.2%7.6%0.0%#DIV/0!#DIV/0!7.2%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)

グレードごとの貸し出し状況
グレード未収元本平均金利
(営業者報酬・源泉徴収税控除前)
AA9,143 9.7%
A16,412 9.2%
B111,799 9.6%
C395,620 10.6%
D641,979 11.5%
(合計)1,174,953 10.4%


<コメント>
今月は久々に貸し出しを行うことができました。
グレードB 9%に¥81,534
グレードD 8%に¥37,868

なお、2011年6月から返済遅延が生じている匿名組合「D-36-10.00-20110201」は、まだ返済がありません。


9月末時点でのヒートマップについては下記をご覧ください。
先月よりも、グレードCの金利が若干上昇しています。 

AQUSHヒートマップ20120922  
  1. 2012/10/24(水) 20:56:02|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneoマーケット情報(2012年9月)

maneoマーケット情報(2012年9月)を転載します。

marketplace201209.jpg
marketinfo201209.jpg

<ローン成約額(累計)推移>
ローン成約額は引き続き好調です。
8月から4億円以上伸び、9月で46億円を超えています。
今年に入ってから30億円近く増えています。

<分配額(累計)推移>
元利の分配額も順調に伸びています。
元利分配額は20億円に達しました。先月から1.6億円程増えています。
また、利息分配額(累計)は約9000万円で、今月は約1000万円の利息分配があったことになります。
ローン成約額46億円のうち20億円が分配されているので、現在の貸出元本は先月よりやや多い約26億円です。

<事業性ローン返済実績一覧>
今月の貸し出し件数は37件で、先月とほぼ同様です。
不動産担保ローンのマネオエスクロー案件がスタートし、4件の貸し出しがありました。
また、「その他事業性案件」に分類されている「【上場企業A社向け】ホテル改修及び新規開業支援・不動産担保付きローン(第1弾~第7弾)」が、計2億円の募集を行いました。

事業性ローンにおいてはまだデフォルトは発生していません。
今後もぜひこの傾向が継続してほしいですね。
  1. 2012/10/20(土) 14:17:42|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maenoの親会社がシナジーパワー社に変更

maneoの親会社が、UBI株式会社からシナジーパワー社に変更となりました。

UBI株式会社の副社長である瀧本さんのブログ

なお、この件について今のところmaneo側からは特に発表はありません。


<以下引用>
先日、シナジーパワー社が、

UBI社の持つ、maneo社の株式の51%にあたる株式を、

1億2,500万円で購入しました。

これにより、maneo社は、シナジーパワー社の子会社となりました。
 
 
51%の株式を1億2,500万円で買うということは、

maneo社の時価総額を2億5,000万円と見た結果、ということになります。
 
 
 
純資産額を見てみましょう。現時点でのmaneo社の純資産額は、1億4,000万円超。

これの51%ですから、純資産額を割れば、7,000万円程度です。

純資産額が1億4,000万円の会社を、時価総額2億5,000万円と見るのは、どうなんでしょうか。
 
 
maneo社はすでに、

本年4月~7月までの4ヶ月で2,600万円弱の税引き前利益を上げています。

4ヶ月ですから、1年の3分の1です。

2,600万円×3=7,800万円の利益を一年で生む力があります。

<引用終わり>


maneoの親会社が変更となったといっても、シナジーパワー社はUBI株式会社のグループ会社なので、やはりUBIグループであることに変わりはありません。

maneoの株式をシナジーパワー社に売却した狙いとしては、前回の瀧本氏のブログによると、
 ・シナジーパワー社の株式の価値を高め、
 ・シナジーパワーの株主に、maneoを身近に感じてもらい、
 ・maneoの案件組成に協力してもらいたい
 ・シナジーを効かせた案件で、資金調達もしてほしい
ということだそうです。

シナジーパワー社という新会社の経営を早期に軌道に乗せるために収益の上がっているmaneoの株式を取得させた、ということのようです。

一般的には、親会社が変われば経営者や経営方針も大きく変わることがあり得ます。
今回の変更によるmaneoの経営への影響はどうなのでしょうか?。

そもそも2011年6月にUBIがmaneoの親会社になったときに「個人向け貸し出しの中止」「事業向け貸し出しへの特化」という大きな方針の転換があったわけですが、今回の変更に伴う大きな経営方針の転換は今のところ発表されていません。
狙いの一つに「maneoの案件組成に協力してもらいたい」とあることから、今後シナジーパワー社自身がmaneoで融資を募ることもあるのでしょう。影響としては当面それくらいでしょうか。

率直に言って、このシナジーパワー社が何をやる会社なのか記事を読んでもよくわからないところがおおいのですが、それについてはまた今後書きたいと思います。

いずれにしても、今後はmaneo・UBIに加え、このシナジーパワー社の動向も注視していく必要があります。
  1. 2012/10/17(水) 13:22:42|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディング各社の不動産担保ローン比較

8月・9月にAQUSH・SBIソーシャルレンディングが相次いで不動産担保ローンサービスを開始しました。
以前からサービスを手掛けているmaneoも合わせて、各社の不動産担保ローンサービスの内容を比較してみたいと思います。

<各社不動産担保ローン比較(2012年9月時点)>  
  maneo(マネオ)AQUSH(アクシュ)SBIソーシャルレンディング
商品名UBIfinance・エスクローファイナンス案件アサックス保証不動産担保ローンファンドSBISL不動産担保ローン事業者ファンド
借り手関連金利(借り手側)(年利)9%~12%程度5.5%5.5%
借入限度額(不明)未公開当初7500万円
最大10億円
手数料(借り手側)(不明)(不明)基本契約締結手数料:47万2500円
使用用途不動産事業者向けの物件購入資金自由不動産担保ローン事業者向けに行う貸付事業
担保・保証人不動産担保不動産担保不動産担保
   
借入期間6ヶ月~10ヶ月程度一律36ヶ月一律14ヶ月
返済方式元金一括返済バルーン返済(※1)元金一括返済
(金利は毎月返済)(金利は毎月返済)
期限前返済あり可能・手数料なし可能・手数料なし
貸し手関連金利(貸し手側)(年利)4.0%~7.0%
(過去案件実績)
4.0%
(手数料を除いた実質金利は2.5%)
3.0%
投資額2万円~5万円~2000万円1万円~
(ローンによっては最低投資額がもっと大きいものもある)
手数料(貸し手側)なし毎月、貸付金残高の0.125%貸付金残高の2.5%(年利)
投資してから実際に融資が実行されるまでの期間最大1カ月最大1カ月原則2週間
(借り手の希望金額総額が貸し手の投資金額よりも少ない場合はさらにかかる)
その他個別の案件に投資。
常に案件が募集されているとは限らない。
複数の案件にファンドの形式で投資。複数の案件にファンドの形式で投資。
実績ローン成立件数78件0件0件
ローン成立金額約10億円0円0円
貸し倒れ率(サービス開始以来累計)(件数ベース)0%0%0%
   
貸し倒れ率(サービス開始以来累計)(金額ベース)0%0%0%
   
 サービス開始時期2011年5月2012年8月2012年9月
(※1)バルーン返済とは、実際の返済期間(例えば36ヶ月)よりも長期の期間(例えば120ヶ月)を返済期間として想定し、かかる想定返済期間における元利均等払いの返済額を毎月返済するとともに、実際の返済期間の最終弁済回時点で残存する元金等を一括して支払う返済方法です。最終弁済回に残元金等を一括して返済するため、支払金額が最後に膨らむ形がバルーン(風船)に似ていることからバルーン返済と呼ばれます。バルーン返済によって、投資家は、安定的な分配金を受け取ることができ、借り手は、毎月の返済額を抑えることができるというメリットがございます。但し、最終弁済回に受け取る残元金の金額が大きくなりますのでご注意ください。(AQUSHサイト説明より)



上記の比較を踏まえると、結論としては現状ではmaneoの不動産担保ローンのサービス内容が投資家にとっては最も良いと言えそうです。

まず、気になる金利(貸し手側)から見てみます。
maneoが一番高く4.0%~7.0%(案件により異なる)で、次はSBIが3.0%、もっとも低いのがAQUSHで2.5%です。

また、借入期間には各社でかなり違いがあります。
最も短いmaneoでは6ヶ月~10か月ですが、SBIは14ヶ月・AQUSHは36ヶ月と比較的長期です。
一般的には借入期間が長いほどリスクは高まります。この観点からしても最も期間の短いmaneoが有利です。

返済方式について、maneoとSBIは元金一括返済ですが、AQUSHのみ「バルーン返済」というあまり聞きなれない方式です。
AQUSHサイトの説明によると、「実際の返済期間(例えば36ヶ月)よりも長期の期間(例えば120ヶ月)を返済期間として想定し、かかる想定返済期間における元利均等払いの返済額を毎月返済するとともに、実際の返済期間の最終弁済回時点で残存する元金等を一括して支払う返済方法です。」とのことです。
元金一括返済よりもリスク・リターンともやや低い方式です。イメージとしては元金一括返済と元利均等返済の中間といえます。

3社とも文字通り不動産を担保とすることで安全性を確保しています。
不動産の担保評価が適切に行われているのであれば、通常の個人向け・事業向けローンよりも安全性は高いでしょう。不動産の担保評価については、不動産会社のアサックスと提携しているAQUSHがより確実であると言えます。

また、AQUSHとSBIは複数の貸し出し案件を一つのファンドとしているのに対し、maneoは個別の案件に対して投資する形となるので、投資した案件がもしデフォルトとなった場合の損失が大きくなることに注意する必要があります。
maneoに投資する場合は、特に分散投資を心がけるべきでしょう。


各社とも不動産担保ローンを手掛けるようになったのは、やはり貸出金額を効率よく伸ばしたいためでしょう。
ソーシャルレンディング全体の知名度不足もあって個人の借り手はなかなか集まらず、また一人あたりの借入金額も比較的少額です。個人向け貸し出しだけで貸出金額を効率よく伸ばすのは現状では難しいようです。
それに対し、不動産担保ローンは1件当たりの貸出金額が数千万円以上となることが普通で、審査も個人向けや事業向けの無担保ローンと比べてやりやすいものと思われます。
特に現状ではまだ黒字化できていないAQUSH・SBIにとっては、何としても貸出金額を増やして経営を軌道に乗せることが第一です。このサービスをまずは金のなる木に育てていってほしいと思います。
  1. 2012/10/13(土) 11:16:11|
  2. サービス会社比較
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SBIソーシャルレンディング運用状況(2012年9月)

2012年9月のSBIソーシャルレンディング運用状況です。

<今月の動き>
 9月18日に今月の元本と利息の支払いがありました。
 純利益(手数料・税引き後)は857円でした。
 また、先月50万円を証券担保ローンに入金したところ、予想外に?ローンが成立してしまいました。
 まあキャッシュバックと合わせて年利4%になると思えば、それほど悪くはないでしょう。
 
 なお、返済遅延が発生しているファンド「SBISLフリーローンファンド3年2011年7月第4号」「SBISLフリーローンファンド3年2011年7月第1号 」についてはその後進展はありません。

SBIソーシャルレンディング運用実績サマリ(2011年)
 2011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本    500,000480,247481,005461,691442,286422,594402,866383,173446,733←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)    09522,1799,7342,2602,0631,7691,80220,759←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)    0.0%2.3%5.4%24.3%5.9%5.6%5.0%5.4%8.0%←純利益率(年間)(B/Aを年間換算)
(各月末時点での数値)
SBIソーシャルレンディング運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本363,105343,058322,874302,409282,508262,418242,153221,752701,224   337,945←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)1,5211,5591,4631,2661,2421,114999907857   10,928←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)4.8%5.2%5.1%4.7%4.9%4.7%4.6%4.5%4.6%0.0%#DIV/0!#DIV/0!4.9%←純利益率(年間)(B/Aを年間換算)
(各月末時点での数値)

SBI口座情報20120922

<解説>
・SLS口座残高
 「SBIソーシャルレンディングサポート」(貸し手側の会社)の口座残高のことです。

・SL口座残高
 「SBIソーシャルレンディング」(借り手側の会社)の口座残高のことです。
 SBIソーシャルレンディング全体の仕組みとして、貸し手側と借り手側の会社が分かれており、それぞれに口座が存在します。
 とはいえ、形式的に分かれているだけなので運用状況や利回りを見る上ではその違いはあまり気にしなくてよいでしょう。両方の口座の合計金額が自分のお金だと思えばよいと思います。

・運用中元本残高
 現在貸し出している金額です。
 毎月元本が少しずつ返済されるので、何もしないと毎月減っていきます。
 返済された元本と金利は「SL口座残高」のほうに入金されます。
  1. 2012/10/10(水) 20:36:00|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

maneoの株式

UBI株式会社の副社長である瀧本さんのブログに、maneoの株式についての記載がありました。

http://www.takimotokenji.com/2012/08/maneo_11.html

<以下引用>
1.maneoの株式を、シナジーパワー社に譲ろうと思います。
 
 
現在、maneoの株式はUBIが99%以上保有していますが、このうち51%を、
今般設立したシナジーパワー社に譲ろうと思います。

maneo社は、今期、現在までで、25百万円の税引前利益を出しています(今年4~7月の4ヶ月間)。
このまま行けば、来年3月の決算時には、50百万円以上の利益を出すのは、ほぼ確実な情勢です。

シナジーパワー社がmaneo社の株式を持つことで、シナジーパワー社の株式の価値は高まります。

シナジーパワー社の下にmaneoを置くことによって、

・シナジーパワー社の株式の価値を高め、
・シナジーパワーの株主に、maneoを身近に感じてもらい、
・maneoの案件組成に協力してもらいたい
・シナジーを効かせた案件で、資金調達もしてほしい

ということから、このようにしたいと思います。

<引用終わり>


UBIとmaneoの資本関係があまりはっきりしていなかったのですが、これによると現状はほぼ100%子会社のようです。

シナジーパワー株式会社というのは、UBIが先日設立した会社で、業務内容は以下の通りだそうです。
1.太陽光パネル・LED関連事業
2.農作物加工・小売・食材関連事業
3.余裕資金の運用(レンタル、割賦、など)

http://www.takimotokenji.com/2012/08/post_248.html

ニュースでもよく話題になっていますが、政府の支援策を受けて太陽光発電事業へ多くの企業が参入しつつあります。
今後はmaneoでこのシナジーパワー関連の案件が出てくるかも知れません。もし好条件の案件であれば是非投資したいと思います。
  1. 2012/10/06(土) 20:48:22|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【書籍紹介】ソーシャルファイナンス革命 ~世界を変えるお金の集め方(3)

前回に引き続き「ソーシャルファイナンス革命 ~世界を変えるお金の集め方」の紹介です。

ソーシャルファイナンス革命 ~世界を変えるお金の集め方 (生きる技術! 叢書)ソーシャルファイナンス革命 ~世界を変えるお金の集め方 (生きる技術! 叢書)
(2012/06/30)
慎 泰俊

商品詳細を見る


「第3部 情報技術の進歩が可能にした新しいファイナンス-P2Pファイナンスとクラウドファンディング」
いよいよ自分が最も興味のある部分にさしかかりました。

maneo・AQUSHはもちろん、購入型のCAMPFIRE、アメリカのLendingClub・PROSPERなども紹介されています。

最初にP2Pファイナンスの将来性について、以下のように述べられています。
「アメリカやイギリスを中心としたP2Pファイナンスの市場規模は今後も年率66%で成長し、2013年までにはその規模が50億ドルに達するといわれている。」

このP2Pファイナンス成長の背景として、
 1.情報処理技術の進歩
 2.知識集約型産業へのシフトで減少した初期資本
の2つが挙げられています。
 確かにインターネットがまだそれほど普及していなかった10年前だったら、ソーシャルレンディングサービスのアイデアをたとえ思いついたとしても、実現するのは難しかったでしょう。
 2は、IT産業のスタートアップに必要な資本が少なくて済むようになった、ということを意味しています。

また、P2Pファイナンスが成功するための条件として、以下の3つが挙げられています。
 (1)お金の受け手に対する信頼を維持すること
   このための方法としては、クレジットカードなどの信用取引の履歴から判断する・他人に保証してもらう、といった方法があります。
 (2)借り手にとってのメリットがあること
   銀行など他の調達先ではなく、P2Pファイナンスを選ぶには低金利などのメリットが必要です。
 (3)お金の出し手に対して妥当なリターンが提供されること
   リスクに対して適切なリターンが提供されることが必要です。

次に、日本のP2Pファイナンス事例として、maneoが紹介されています。
個人が反復継続してお金を貸すことが法律で禁じられている日本で、どうやってP2Pファイナンスを可能としたのか、その仕組みについて解説されています。この規制が障壁となり、プロスパーが日本でのビジネスを断念したそうです。


以下は私の感想です。

「P2Pファイナンスが成功するための条件」についてもう少し詳しく考えてみたいと思います。
日本でP2Pファイナンスがまだブレイクしていない理由はなんなのか、ヒントを探りたいと思っています。

現状では、maneo・AQUSHでは
 (1)お金の受け手に対する信頼
 (3)お金の出し手に対して妥当なリターンが提供されること
については一応クリアされていると考えます。

maneo・AQUSHとも貸し倒れ率は1%未満であり、貸し手にとっては安心して投資できる環境と言えます。借り手の審査を適切に行っていることの表れでしょう。
また、手数料は妥当な水準であり、リターンが貸出金利に対して不当に少ないということはありません。

すると、「(2)借り手にとってのメリットがあること」に課題があるのでしょうか。
これについては、自分も率直に言ってよくわからないところがあります。
現状、借り手にとってP2Pファイナンスを使用して資金調達を行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
P2Pファイナンスが他の資金調達手段と比べて低金利なのか・借りやすいのかどうかよくわかりません。

残念ながら結論の出ないままですが、今後も引き続き探っていきたいと思います。
  1. 2012/10/03(水) 21:53:52|
  2. 投資本の書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。