けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

SBIソーシャルレンディング運用状況(2012年7月)

2012年7月のSBIソーシャルレンディング運用状況です。

<今月の動き>
 7月15日に今月の元本と利息の支払いがありました。
 純利益(手数料・税引き後)は999円でした。
 新たな貸し出しは行っていないので、貸出元本は減る一方です。

 なお、返済遅延が発生しているファンド「SBISLフリーローンファンド3年2011年7月第4号」および「SBISLフリーローンファンド3年2011年7月第1号 」についてはその後進展はありません。

SBIソーシャルレンディング運用実績サマリ(2011年)
 2011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本    500,000480,247481,005461,691442,286422,594402,866383,173446,733←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)    09522,1799,7342,2602,0631,7691,80220,759←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)    0.0%2.3%5.4%24.3%5.9%5.6%5.0%5.4%8.0%←純利益率(年間)(B/Aを年間換算)
(各月末時点での数値)
SBIソーシャルレンディング運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本363,105343,058322,874302,409282,508262,418242,153     302,646←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)1,5211,5591,4631,2661,2421,114999     9,164←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)4.8%5.2%5.1%4.7%4.9%4.7%4.6%0.0%#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!5.2%←純利益率(年間)(B/Aを年間換算)
(各月末時点での数値)

SBI口座情報20120722
<解説>
・SLS口座残高
 「SBIソーシャルレンディングサポート」(貸し手側の会社)の口座残高のことです。

・SL口座残高
 「SBIソーシャルレンディング」(借り手側の会社)の口座残高のことです。
 SBIソーシャルレンディング全体の仕組みとして、貸し手側と借り手側の会社が分かれており、それぞれに口座が存在します。
 とはいえ、形式的に分かれているだけなので運用状況や利回りを見る上ではその違いはあまり気にしなくてよいでしょう。両方の口座の合計金額が自分のお金だと思えばよいと思います。

・運用中元本残高
 現在貸し出している金額です。
 毎月元本が少しずつ返済されるので、何もしないと毎月減っていきます。
 返済された元本と金利は「SL口座残高」のほうに入金されます。
スポンサーサイト



  1. 2012/07/28(土) 15:24:29|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「SBISL借換ローンファンド」「SBISLフリーローンファンド」が販売終了に

「SBISL借換ローンファンド」「SBISLフリーローンファンド」が7月13日に販売終了になりました。
 ↓
SBISLローンファンド販売終了のお知らせ

<以下引用>
平素は、SBIソーシャルレンディングサポートをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

弊社取扱商品である「SBISL借換ローンファンド」「SBISLフリーローンファンド」につきまして、お客様から「運用開始までの期間が長い」などのご意見を多数頂戴しており、商品の改善が必要であると判断いたしました。

つきましては、7月13日(金)をもちまして、販売を終了させていただきます。

なお、すでに「SBISL借換ローンファンド」「SBISLフリーローンファンド」へご出資中のお客様の出資金につきましては、匿名組合契約の継続期間中は、借手の募集を行ってまいりますが、現時点で弊社審査に承認された借手がいないことから運用開始時期の目処はたっていないため、匿名組合契約の終了時期が到来した場合、運用利回りが生じないまま出資金がご返金となる可能性があることをご了承くださいませ。

今までのご愛顧に心より感謝申し上げます。

今後ともお客様にご満足いただける商品をお届けするよう尽力してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

<引用終わり>


SBISLローンファンドは、現時点で融資額75,370,000円のうち返済遅延額が6,654,887円(8.8%)にのぼっています。
借り手審査の方法をはじめとして、商品設計に問題があったことは否定できません。
いったんサービスを中止し、見直しを図るのは当然と言えるでしょう。
証券担保ローンファンド(年利2.0%)とオーダーメード型ローンファンド(4%~6%)の方は引き続き募集していくようです。


maneoに続いてSBIも個人向けローンから撤退したことになり、現在ソーシャルレンディング各社で手掛けているのはAQUSHのみとなりました。

個人向けローンファンドは海外ではある程度成功しており、また現在の日本の低金利などの状況も追い風となるはずなので、ビジネスモデル自体に問題があるわけではないと思います。
AQUSHには引き続き頑張ってほしいと思います。
  1. 2012/07/25(水) 15:35:50|
  2. SBIソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneo運用状況(2012年7月)

maneoでの7月の運用状況です。

今月は新たな投資は行いませんでした。
高利回り(8%以上)の案件が出てきたらまた投資したいと思います。

また、今月は返済が2件ありました。

結果として、現時点での貸出元本は先月から25万ほど減り、2,769,260円となりました。

今月の純利益(手数料・税引き後)は、先月より減り、17,048円となりました。
先月は金馬車案件の返済が初回だったため、2か月分の金利が入ってきたのでたまたま多かったのです。

これまでのところ貸し倒れ・返済遅延は発生していません。

運用実績は以下の通りです。

maneo運用実績サマリ(2011年)
 2010/122011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本950,000950,000950,000960,000980,000979,666979,2921,388,9061,360,4081,382,0281,722,8282,503,3882,753,5331,373,850←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)-14,96207,2574,7995,1725,5795,5465,6207,8127,9527,5446,32314,42063,062←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-0.0%9.2%6.1%6.5%6.8%6.8%6.9%6.7%7.0%6.6%4.4%6.9%4.6%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
maneo運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本2,923,1363,322,8153,157,1193,771,1273,528,4333,022,2652,769,260     3,213,451←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)15,63117,95815,00416,89719,44225,16517,084     127,181←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)6.8%7.4%5.4%6.4%6.2%8.6%6.8%0.0%#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!6.8%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)

maneo運用実績2012/7/9時点         
投資概要     純利益   ステータス返済完了日
投資先投資金額
(a)
投資開始時期年利貸出期間貸出元本
(※1)(b)
純利益(※2)(当月)(c)純利益率(当月)(年率換算)
(=c/b)
純利益(累計)(d)純利益率(累計)(年率換算)
(=d/a)
【株式会社KID’S保証付】魚串 鮮魚 もつ鍋 【新橋四丁目酒場 わっつり】開業支援ローン(2539)950,0002010/12/168.5%36か月598,416 3,504 7.0%72,743 4.9%返済中 
【代表者保証・高利回り】UeCONA第2弾 田町店 開業支援ローン(2704)10,0002011/2/89.0%24か月3,975 26 7.8%537 3.8%返済中 
【第3次募集・代表者保証・12カ月一括返済】「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」 福岡県 春日店 開業資金ローン(2786)20,0002011/4/269.0%24か月00#DIV/0!1,2495.7%返済完了2012/5/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【保証付】【東京新名所公認】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (2899)10,0002011/6/287.0%36か月7,401 35 5.7%492 4.8%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第22弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3008)100,0002011/9/168.0%5か月00#DIV/0!2,6485.9%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第23弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3009)100,0002011/9/168.0%5か月00#DIV/0!2,6485.9%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第25弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3011)50,0002011/9/208.0%5か月00#DIV/0!1,0695.9%返済完了2012/1/31
【ドリーミングハウス×maneo 第26弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3023)100,0002011/9/228.0%5か月00#DIV/0!3,7716.2%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第27弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3024)100,0002011/9/238.0%5か月00#DIV/0!3,7716.2%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第28弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3025)100,0002011/9/268.0%5か月00#DIV/0!3,7716.3%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第30弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3027)100,0002011/9/288.0%5か月00#DIV/0!3,6297.3%返済完了2012/3/28
【ドリーミングハウス×maneo 第32弾】【代表者保証付】王子エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3038)100,0002011/10/68.0%5か月00#DIV/0!3,3847.1%返済完了2012/3/28
【ドリーミングハウス×maneo 第34弾】【代表者保証付】青井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3043)100,0002011/10/148.0%5か月00#DIV/0!3,3847.4%返済完了2012/3/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【保証付】【東京新名所内水族館】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (3040)20,0002011/10/217.0%5か月16,686 76 5.5%738 5.1%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第36弾】【代表者保証付】東矢口エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3049)100,0002011/10/258.0%5か月00#DIV/0!3,7886.4%返済完了2012/5/28
【担保付&UBI保証付】【UBIfinance×maneo 第13弾】温浴施設購入資金 不動産担保付きローンへの投資(3051)150,0002011/10/258.0%36か月130,446 705 6.5%6,418 6.1%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第37弾】【代表者保証付】東矢口エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3050)100,0002011/10/288.0%5か月00#DIV/0!3,7356.4%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第38弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3054)100,0002011/11/97.5%5か月00#DIV/0!3,3026.0%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第39弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3055)60,0002011/11/117.5%5か月00#DIV/0!1,9636.0%返済完了2012/5/28
【ドリーミングハウス×maneo 第40弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3057)100,0002011/11/177.5%5か月00#DIV/0!3,1706.0%返済完了2012/5/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【代表者保証付】【韓流スター】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (3058)30,0002011/11/308.0%5か月26,110 141 6.5%1,077 5.9%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第42弾】【代表者保証付】西新井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3064)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!1,3816.0%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第43弾】【代表者保証付】青井エリア(第2)分譲住宅プロジェクトへの投資(3065)100,0002011/12/67.5%5か月100,0004445.3%3,3686.0%返済完了2012/6/28
【ドリーミングハウス×maneo 第44弾】【代表者保証付】上高田エリア分譲住宅プロジェクトへの投資(3067)100,0002011/12/67.5%5か月100,0004445.3%3,3686.0%返済完了2012/6/28
【ドリーミングハウス×maneo 第45弾】【代表者保証付】池上エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3068)100,0002011/12/67.5%5か月00#DIV/0!1,3816.0%返済完了2012/2/28
【UBIモンゴル×maneo 第1弾】【保証付】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3071)100,0002011/12/218.0%18か月100,000 526 6.3%3,385 6.1%返済中 
【‐完済実績あり‐】【UBIfinance×maneo 第23弾】新規事業資金(飲食店開業)事業性資金支援ローンへの投資(3077)100,0002011/12/217.5%33か月91,527 464 6.1%3,127 5.7%返済中 
【ドリーミングハウス第53弾】青井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3098)100,0002012/1/207.0%6か月100,000 460 5.5%2,501 5.3%返済中 
【UBIモンゴル第2弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3100)100,0002012/1/308.0%24か月100,000 526 6.3%2,683 6.1%返済中 
【ドリーミングハウス第55弾】神楽坂エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3105)100,0002012/1/317.0%7か月00#DIV/0!1,3975.6%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス第57弾】綾瀬エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3109)80,0002012/2/77.0%7か月80,000 368 5.5%1,778 5.3%返済中 
【ドリーミングハウス第59弾】綾瀬エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3111)100,0002012/2/77.0%7か月100,000 460 5.5%2,209 5.3%返済中 
【株式会社スイッチスマイル】スマートフォン向け動画配信プラットフォームの開発資金への投資(3117)100,0002012/2/298.5%24か月100,000 559 6.7%2,291 6.4%返済中 
【UBIモンゴル第3弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3119)100,0002012/2/298.0%18か月100,000
526
6.3%2,700 7.5%返済中 
【金馬車】パチンコホールの改修資金への投資(3118)70,0002012/2/299.5%12か月52,732 365 8.3%1,685 6.7%返済中 
【江戸しぐさ】「日本橋魚河岸市場」開業支援ローンへの投資(3107)100,0002012/3/138.0%36か月100,000 526 6.3%1,929 6.0%返済中 
【UBIモンゴル第4弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3144)100,0002012/3/168.0%36か月100,000 526 6.3%1,876 6.0%返済中 
【金馬車 第2弾】ホール改修資金および新機導入資金への投資(収益の一部を寄付)(3147)750,0002012/3/3010.0%12か月750,000 4,932 7.9%15,288 7.4%返済中 
【スカンヂナビア第2弾】野球球団向けグッズ販売資金ローンへの投資(3138)100,0002012/4/248.0%5か月100,000 526 6.3%1,193 5.7%返済中 
【ホルス第1弾】マンション設備導入資金支援ローンへの投資(3182)100,0002012/5/88.0%12か月92,351 945 12.3%945 5.6%返済中 
【株式会社ショウエイ第6弾】浅草・墨田観光みやげの開発資金への投資 (3202)20,0002012/5/317.0%36か月20,000 0 0.0%0 0.0%返済中 
合計5,020,000 2010/12/16--2,969,644 17,084 6.9%181,772 -  
            
※1:貸出元本は、投資金額から返済済の金額を引いた金額         
※2:純利益は、金利収入からmaneo手数料(2011年7月から廃止)および源泉徴収税(20%)を引いた金額     

  1. 2012/07/21(土) 21:20:33|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディングにおけるデフォルトリスクをどう評価したらよいか

知り合いや友人にソーシャルレンディング投資について説明することがときどきありますが(ちなみにこれまで説明した人の中でソーシャルレンディングについて聞いたことがある、という人は一人もいませんでした)、必ず聞かれるのが「貸し倒れが起こったらどうなるのか?」という質問です。

「貸し倒れが起こったら当然そのお金は戻ってこない」というと、そんな危険な投資をするなんて信じられない、という反応を示す人がかなり多いです。
確かに株式・投資信託・不動産投資・外貨投資などでは、資産が目減りしても全額を失うということは普通ないので、こうした反応も理解できないことはありません。

しかし、こうした反応はデフォルトリスクに対する過大評価に基づくものであると思います。

確かに投資額をすべて1つの貸出先に融資した場合、その貸出先がデフォルトに陥った場合、全額を失うでしょう。
しかし複数の貸出先に分散投資をしておけば、全部の貸出先が同時にデフォルトに陥ることはまずないので、全額を失うようなことはないはずです。(あくまでデフォルトリスクの話だけであり、事業者リスクは考慮していません。)

例えばデフォルト率が1%だとして、100件の貸出先に均等に貸し出しを行っていたとすれば、デフォルト件数の期待値は1件となりますが、その場合の損失額は1%にすぎません。(デフォルト率と同じ)

単純化のため手数料・税金・事業者リスクなどを省略し、デフォルトリスクだけがあるとすると、ソーシャルレンディングにおける利回りは以下のように数式化できます。

<ソーシャルレンディングにおける利回り>
 利回り = 貸出金利 - デフォルト率


AQUSHを例にすると、2012年6月現在平均貸出金利は6.6%で、デフォルト率は0.8%です。
この式に当てはめると、利回りは5.8%となり、デフォルトリスクを考慮しても十分有利な投資であると言えます。
分散投資により、デフォルトリスクをコストに転嫁できるという言い方もできるでしょう。

あくまで適切な分散投資をするという前提であれば、デフォルトリスクをそこまで恐れる必要はないと言えるでしょう。

また、例えば株式では、円高や資源高などの要因で一斉に株価が下がることはありえます。また、大企業の社債がデフォルトに陥れば他社に連鎖することもあり得ます。
これに対し、ソーシャルレンディングの貸出先である個人や中小企業は、業態もバラバラで互いにほとんど関連がないので、何かの要因で同時にデフォルトが多発するという事態はあまり考えにくいと思います。
考えられるとしたら、バブルやサブプライムのように金利水準が上がってしまい一斉に返済が困難になるなどの事態でしょうか。まあそれほどの事態はそうそう起こるものでもないと思いますし、そうした事態が起これば株式や外貨投資など他の投資なども大きな影響を受けるはずなので、ソーシャルレンディング固有のリスクというわけでもありません。







  1. 2012/07/18(水) 20:36:08|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AQUSH運用状況(2012年7月)

2012年7月の自分の運用状況(AQUSH)を公開します。
投資を検討している方は参考にしていただければと思います。

AQUSH運用実績サマリ(2011年)
 2011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本22,171 99,324 110,648 187,846 161,680 226,388 313,477 519,910 930,245 1,204,792 1,334,461 1,477,838 549,065 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)0 116 600 737 1,220 994 983 2,222 3,673 6,317 8,885 11,998 37,745 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-6.3%7.2%8.0%7.8%7.4%5.2%8.5%8.5%8.1%8.8%10.8%7.5%←純利益率(年間)(B/A)
AQUSH運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本1,490,986 1,507,568 1,564,020 1,498,232 1,410,889 1,466,607       1,489,717 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)3,295 10,262 9,398 9,265 9,714 9,040       50,974 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)2.7%8.3%7.5%7.1%7.8%7.7%0.0%#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!6.8%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
グレードごとの貸し出し状況
グレード未収元本平均金利
(営業者報酬・源泉徴収税控除前)
AA10,468 9.7%
A18,925 9.2%
B48,720 11.4%
C478,181 10.6%
D770,531 11.5%
(合計)1,326,825 10.6%



AQUSH月次収支20120708
<コメント>
今月はグレードDの10%に6万ほど投資しました。 純利益は若干減少しました。
今月の 回収元本が先月に比べて大幅に減っているのは、AQUSHのシステムトラブルによるものです。
見た目の問題だけで、実際には影響ないようです。

<以下引用>
本件に関しまして、投資家の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

ローン利用者の大幅な増加と、今後の更なる増加を見越して6月に新たに導入した返済システムに伴う、
オペレーションの処理ミスが原因となり、7月2日に実施した配当金の計算に影響を与えたものです。

なお、このたびの修正にともない、一部の投資家のMy AQUSH「残高一覧」ページの「お客様の月次収支」において、6月の回収元本とAQUSH営業者報酬が通常より少なくなり、7月分は通常よりも多くなることがございます。これは、このたびの修正が7月に実施されたために、7月の月次収支欄にこれらの数字が反映されるためです(なお7月の月次収支が表示されるのは8月になってからとなります)。AQUSH営業者報酬は返済処理が行われたタイミングで計算、記録されるため、「月次収支」にてこのように表示されることをご理解ください。尚、利息収入の金額、支払いのタイミングには影響せず、投資家の皆様への収益面での影響はございませんのでご安心ください。
<引用終わり>

なお、2011年6月から返済遅延が生じている匿名組合「D-36-10.00-20110201」は、まだ返済がありません。


6月末時点でのヒートマップについては下記をご覧ください。
先月よりも、B~Dランクの金利が若干上昇しています。


<AQUSHマーケットヒートマップ(2012年6月)>    
AQUSHヒートマップ20120630    





  1. 2012/07/14(土) 20:32:17|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AQUSH社長ラッセル・カマー氏インタビュー記事

エクスチェンジコーポレーション(AQUSH)社長ラッセル・カマー氏へのインタビュー記事が掲載されていたのでご紹介します。

ネットで投資家と借り手を結びつけるソーシャルレンディング『AQUSH』を運営

副社長の大前氏はテレビなどのメディアにもよく登場しますが、謎に包まれていた?ラッセル・カマー氏の経歴などが明らかになっています。

<以下引用>
 ラッセルさんは日本に住んで7年、奥さんも日本人だ。カナダ人の両親を持ち、シンガポールで生まれ、カナダと香港で育った。高校時代はラグビー部のキャプテンだったスポーツマン。数学が好きで、イギリスの大学で物理学を学んだ。その後、思春期を過ごした香港の街に影響を受け、金融業界を目指した
(中略)
 新卒で、香港に拠点を置くメリルリンチ・グローバルエクイティ・デリバティブ・ストラテジー・グループに入社し、統計学を用いたリサーチ業務に従事。そしてスタンフォード大学大学院に進み、金融統計学修士を取得。ゴールドマン・サックス証券東京支社に転職して3年間勤務し、アジア債券コンバーティブル・トレーディング部でトレーディング業務、自己勘定取引部門で投資業務を行った。
<引用終わり>


ゴールドマン・サックスでトレーディング業務を担当していたとのこと。
また、統計学が専門で得意なようです。AQUSHレポートでもさまざまなデータがわかりやすい切り口で紹介されていますね。


<以下引用>
「日本ではゼロ金利政策が続き、個人投資家の投資先が限られています。一方、個人がお金を借りる消費者金融やカードローンの金利は20%近い。インターネットにより投資家と借り手の距離を縮め、融資に介在する金融機関コストを取り除けば、投資家と借り手が納得する金利で取引することができると思いました。個人の信用力に基づいた金利で取引できるオンライン・マーケットプレイスを作ることを考えたのです
<引用終わり>


日本でソーシャルレンディングを起業した理由について上記のように述べています。
日本における投資家と借り手との間の金利差が大きいことに注目したということですね。
ただ、この記事には書いていませんが、日本の金融当局から営業許可を得るにはかなり苦労したようです。
(海外のソーシャルレンディングが日本に進出していない理由もそのあたりにあるのではないでしょうか)

<以下引用>
 「ビジネスは、マジックではありません。私達の仕事は、株主から集めた資金を大切にしてビジネスを維持し、ユーザーが愛する仕組みを運営し、十分なお金を分配すること。毎日、私達の事業を少しずつ良いものにしています。毎日カイゼンを積み重ねることで、株主やお客様にとって良いサービスを提供しています。成果は、一日一日の積み重ねですから」
<引用終わり>


真面目な方のようで、ベンチャービジネスの起業家にありがちな、短期で一攫千金を狙うようなスタンスではないようです。長期的な視野でビジネスを考えているようなので、まあ安心して投資できそうです。
  1. 2012/07/11(水) 21:04:13|
  2. AQUSH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AQUSHが日経新聞記事で紹介(注目のVC「500スタートアップス」が日本に期待する理由 )

AQUSHにも投資しているベンチャーキャピタル「500スタートアップス」について、2012/6/7の日経新聞記事で紹介されていました。

注目のVC「500スタートアップス」が日本に期待する理由

500スタートアップスはアメリカのVCですが、少額を多くの企業に投資する・海外企業にも積極的に投資する、という特徴があるそうです。

日本に対して投資する理由について、日本担当のパートナージョージ・ケラマン氏は以下のように述べています。

<一部引用>
 ――海外への投資を拡大するのはなぜか。シリコンバレーでは「アーリーステージ」と呼ばれる設立直後のベンチャー企業への出資が過熱気味だ。競争激化が背景にあるのか。

「いや、そうではない。海外に人材と機会があるからだ。伝統的に産業は鉄道、河川、港湾の近くに立地したが、これは物流の必要があったから。ただ、私たちの投資先であるテクノロジーやソフトウエアは、ノートパソコンとインターネット接続環境があればどこでも開発できる。それなら人材がいるところにいって投資しようというのが基本的な考え方だ」

 ――シリコンバレーのVCが日本に投資する事例は極めて少ないが、ケラマン氏は日本在住が12年に及ぶ「知日派」だ。500スタートアップスは同氏の起用により日本に注力する姿勢を鮮明にした。

 「この話はよくするのだが、日本には成功のためのあらゆる要素がある。有能な人材、教育、ノウハウ、技術、資本、インフラなどだ。日本人の中には文句を言う人もいるが、政府でさえも安定しており、新興国と比べたら大きな魅力だ。こういった要素があれば大きなビジネスを育てられる」

(中略)

 ――具体的にはどういった分野に目を付けているのか。

 「消費者向けネットなどが投資先だが、特に日本で有望だと思っているのは、電子商取引関連や零細・中堅企業向けのサービスだ。例えば先日、日本で名刺を注文したが、担当者が紙とペンで必要事項を書いていた。道路で測量した作業員も情報を紙に書き込んでいた。こうした作業はタブレット端末に置き換えればはるかに効率的になる」
<引用終わり>


500スタートアップスは、エクスチェンジコーポレーション(AQUSH)のほかに、アップグルーブス(スマートフォン(高機能携帯電話)向けアプリ紹介サービス )・マイゲンゴ(翻訳サービス)・ピーティックス(イベント運営・チケット販売支援)といった企業に投資しています。

日本ではなかなかベンチャービジネスが育ちにくいと言われていますが、ビジネスチャンスがないわけではないということのようです。
自分も、ソーシャルレンディングを通じてベンチャービジネスを支援し、長期的に収益を得ていければと考えています。
  1. 2012/07/07(土) 20:32:45|
  2. AQUSH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneo決算書分析(2011年度)

maneoが先日2011年度の決算書を開示しました。

maneo決算書

これまで未公開だったのですが、黒字化を機に?公開することにしたようです。

投資家としては特に事業者リスクが気になるので、そのあたりを中心にまた分析をしてみたいと思います。
なお、同業他社であるAQUSHやSBIソーシャルレンディングはまだ決算書を公開していないので、比較対象として消費者金融最大手のプロミスを選びました。

maneo財務分析(2012)

気になった点は以下の通りです。

①総資産のうちの大部分(15.8億円)は貸付債権でした。

②流動負債のうちの匿名組合出資金(14.7億円)はmaneoが借りているわけではないので、有利子負債に入れていません。

③消費者金融最大手のプロミスは、昨年・今年とも赤字でした。特に2011年度はかなりの額の赤字を出しています。消費者金融はやはり全体的に厳しいようです。
それと比較すれば、まがりなりにも利益を出しているmaneoはすごいのかもしれません。

④maneoの自己資本比率はプロミスと比較して低い水準です。
一般的には自己資本比率が低いと安全性が低いということになりますが、maneoの総資産(20.4億円)のうちの貸付債権(15.8億円)は、回収できなくてもmaneoに損失が発生するわけではない(リスクは出資者が負っている)ので、自己資本比率が低くてもあまり問題はないように思います。

⑤負債比率は、プロミスよりもmaneoの方が若干低くなっています。倒産するリスクはmaneoの方がプロミスよりも低いと言えそうです。もしかしたらプロミスの負債比率が高すぎるのかもしれませんが。

⑥maneoの総資産はグループ中心会社であるUBI株式会社の半分程度で、子会社?としてはかなり大きな規模と言えるでしょう。今年maneoの貸出残高が大幅に増加していることを考えると、将来総資産が逆転する可能性もありそうです。

この決算書からすると、maneoがすぐに倒産するようなことはなさそうです。

安心して投資するためにも、AQUSHとSBIソーシャルレンディングも決算書を公開してくれることを望みます。
  1. 2012/07/04(水) 21:44:31|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR