けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

maneo運用状況(2012年5月)

maneoでの5月の運用状況です。

今月は新たに2件に投資しました。(下記運用実績(詳細)の紫の箇所)
いずれも金利8%の案件です。

また、今月は返済が4件ありました(下記運用実績(詳細)の茶色の箇所)。

結果として、現時点での貸出元本は3,528,433円 となりました。

今月の純利益(手数料・税引き後)は、先月より若干増え、19442円となりました。
来月は2万円を超えそうです。

これまでのところ貸し倒れ・返済遅延は発生していません。

運用実績は以下の通りです。


maneo運用実績サマリ(2011年)
 2010/122011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本950,000950,000950,000960,000980,000979,666979,2921,388,9061,360,4081,382,0281,722,8282,503,3882,753,5331,373,850←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)-14,96207,2574,7995,1725,5795,5465,6207,8127,9527,5446,32314,42063,062←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-0.0%9.2%6.1%6.5%6.8%6.8%6.9%6.7%7.0%6.6%4.4%6.9%4.6%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)
maneo運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本2,923,1363,322,8153,157,1193,771,1273,528,433       3,340,526←貸出元本平均(A)
純利益(手数料・税引後)15,63117,95815,00416,89719,442       84,932←純利益累計(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)6.8%7.4%5.4%6.4%6.2%0.0%#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!6.1%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)

            
maneo運用実績2012/5/22時点         
投資概要     純利益   ステータス返済完了日
投資先投資金額
(a)
投資開始時期年利貸出期間貸出元本
(※1)(b)
純利益(※2)(当月)(c)純利益率(当月)(年率換算)
(=c/b)
純利益(累計)(d)純利益率(累計)(年率換算)
(=d/a)
【株式会社KID’S保証付】魚串 鮮魚 もつ鍋 【新橋四丁目酒場 わっつり】開業支援ローン(2539)950,0002010/12/168.5%36か月660,032 3,854 7.0%65,439 4.8%返済中 
【代表者保証・高利回り】UeCONA第2弾 田町店 開業支援ローン(2704)10,0002011/2/89.0%24か月4,823 35 8.7%481 3.7%返済中 
【第3次募集・代表者保証・12カ月一括返済】「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」 福岡県 春日店 開業資金ローン(2786)20,0002011/4/269.0%24か月20,000 118 7.1%1,142 5.3%返済中 
【株式会社ショウエイ×maneo】【保証付】【東京新名所公認】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (2899)10,0002011/6/287.0%36か月7,916 37 5.6%420 4.7%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第22弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3008)100,0002011/9/168.0%5か月0 0 #DIV/0!2,648 5.9%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第23弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3009)100,0002011/9/168.0%5か月0 0 #DIV/0!2,648 5.9%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第25弾】【代表者保証付】柴又エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3011)50,0002011/9/208.0%5か月0 0 #DIV/0!1,069 5.9%返済完了2012/1/31
【ドリーミングハウス×maneo 第26弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3023)100,0002011/9/228.0%5か月100,000 526 6.3%3,771 6.2%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第27弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3024)100,0002011/9/238.0%5か月100,000 526 6.3%3,771 6.2%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第28弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3025)100,0002011/9/268.0%5か月100,000 526 6.3%3,771 6.3%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス×maneo 第30弾】【代表者保証付】亀有エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3027)100,0002011/9/288.0%5か月0 473 #DIV/0!3,629 7.3%返済完了2012/3/28
【ドリーミングハウス×maneo 第32弾】【代表者保証付】王子エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3038)100,0002011/10/68.0%5か月0 473 #DIV/0!3,384 7.1%返済完了2012/3/28
【ドリーミングハウス×maneo 第34弾】【代表者保証付】青井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3043)100,0002011/10/148.0%5か月0 473 #DIV/0!3,384 7.4%返済完了2012/3/28
【株式会社ショウエイ×maneo】【保証付】【東京新名所内水族館】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (3040)20,0002011/10/217.0%5か月17,179 81 5.7%580 4.9%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第36弾】【代表者保証付】東矢口エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3049)100,0002011/10/258.0%5か月100,000 526 6.3%3,315 5.8%返済中 
【担保付&UBI保証付】【UBIfinance×maneo 第13弾】温浴施設購入資金 不動産担保付きローンへの投資(3051)150,0002011/10/258.0%36か月138,490 748 6.5%4,961 5.7%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第37弾】【代表者保証付】東矢口エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3050)100,0002011/10/288.0%5か月100,000 526 6.3%3,262 5.8%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第38弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3054)100,0002011/11/97.5%5か月100,000 493 5.9%2,858 5.3%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第39弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3055)60,0002011/11/117.5%5か月60,000 296 5.9%1,697 5.3%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第40弾】【代表者保証付】西巣鴨エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3057)100,0002011/11/177.5%5か月100,000 493 5.9%2,726 5.3%返済中 
【株式会社ショウエイ×maneo】【代表者保証付】【韓流スター】新規お菓子開発プロジェクトローンへの投資 (3058)30,0002011/11/308.0%5か月27,569 148 6.4%787 5.5%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第42弾】【代表者保証付】西新井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3064)100,0002011/12/67.5%5か月0 0 #DIV/0!1,381 6.0%返済完了2012/2/28
【ドリーミングハウス×maneo 第43弾】【代表者保証付】青井エリア(第2)分譲住宅プロジェクトへの投資(3065)100,0002011/12/67.5%5か月100,000 493 5.9%2,415 5.2%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第44弾】【代表者保証付】上高田エリア分譲住宅プロジェクトへの投資(3067)100,0002011/12/67.5%5か月100,000 493 5.9%2,415 5.2%返済中 
【ドリーミングハウス×maneo 第45弾】【代表者保証付】池上エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3068)100,0002011/12/67.5%5か月0 0 #DIV/0!1,381 6.0%返済完了2012/2/28
【UBIモンゴル×maneo 第1弾】【保証付】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3071)100,0002011/12/218.0%18か月100,000 526 6.3%2,315 5.5%返済中 
【‐完済実績あり‐】【UBIfinance×maneo 第23弾】新規事業資金(飲食店開業)事業性資金支援ローンへの投資(3077)100,0002011/12/217.5%33か月97,335 493 6.1%2,168 5.2%返済中 
【ドリーミングハウス第53弾】青井エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3098)100,0002012/1/207.0%6か月100,000 460 5.5%1,565 4.6%返済中 
【UBIモンゴル第2弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3100)100,0002012/1/308.0%24か月100,000 526 6.3%1,613 5.2%返済中 
【ドリーミングハウス第55弾】神楽坂エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3105)100,0002012/1/317.0%7か月100,000 460 5.5%1,397 5.6%返済完了2012/5/1
【ドリーミングハウス第57弾】綾瀬エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3109)80,0002012/2/77.0%7か月80,000 368 5.5%1,030 4.5%返済中 
【ドリーミングハウス第59弾】綾瀬エリア 分譲住宅プロジェクトへの投資(3111)100,0002012/2/77.0%7か月100,000 460 5.5%1,289 4.5%返済中 
【株式会社スイッチスマイル】スマートフォン向け動画配信プラットフォームの開発資金への投資(3117)100,0002012/2/298.5%24か月100,000 1,155 13.9%1,155 5.1%返済中 
【UBIモンゴル第3弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3119)100,0002012/2/298.0%18か月100,000 1,087 13.0%1,087 4.8%返済中 
【金馬車】パチンコホールの改修資金への投資(3118)70,0002012/2/299.5%12か月64,962 904 16.7%904 5.7%返済中 
【江戸しぐさ】「日本橋魚河岸市場」開業支援ローンへの投資(3107)100,0002012/3/138.0%36か月100,000859 10.3%859 4.5%返済中 
【UBIモンゴル第4弾】モンゴルへ円建て・軽油販売事業支援ローンへの投資(3144)100,0002012/3/168.0%36か月100,000806 9.7%806 4.4%返済中 
【金馬車 第2弾】ホール改修資金および新機導入資金への投資(収益の一部を寄付)(3147)750,0002012/3/3010.0%12か月750,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【スカンヂナビア第2弾】野球球団向けグッズ販売資金ローンへの投資(3138)100,0002012/4/248.0%5か月100,0000 0.0%0 0.0%返済中 
【ホルス第1弾】マンション設備導入資金支援ローンへの投資(3182)100,0002012/5/88.0%12か月100,0000 0.0%0 0.0%返済中 
合計5,000,000 2010/12/16--3,928,306 19,442 5.9%139,523 -  
            
※1:貸出元本は、投資金額から返済済の金額を引いた金額         
※2:純利益は、金利収入からmaneo手数料(2011年7月から廃止)および源泉徴収税(20%)を引いた金額     

スポンサーサイト



  1. 2012/05/30(水) 21:39:43|
  2. 運用状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「【江戸しぐさ】日本橋魚河岸市場」からレンダー優待が届きました

3月にmaneoで投資した「【江戸しぐさ】日本橋魚河岸市場」から優待券が届きました。

内容は、「カード提示でファーストドリンク(樽酒・ビール・ハイボール)が1杯まで無料」です。
日本橋鮮魚卸売市場優待券1
日本橋鮮魚卸売市場優待券2

maneoのサイトによると、開業早々繁盛しているようです。

職場に近いようなので、是非同僚を誘って行ってみたいと思います。


昨年投資して優待券をもらった新橋の「わっつり」には、すでに2回行きました。
優待券を提示したところ、もともと安いお店なのにさらに安くしてもらい、さらにいろいろとサービスしてもらいました。
結構飲んで食べたのに一人あたり3000円程度でした。一緒に行った友人たちにも喜ばれました。
こちらもおすすめのお店ですので、お近くの方は是非足を運んでみてください。
  1. 2012/05/26(土) 19:40:22|
  2. maneo
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

クラウドファンディング(ソーシャルファンディング)サービスの分類

先日紹介した記事「ネット資金調達米国の賭け」やWBS特集「ソーシャルファンディング 資金調達は広く小口で」では、ネットを通じて個人から広く資金を集めてビジネス・プロジェクト・借り手などに融通することを「クラウドファンディング」あるいは「ソーシャルファンディング」という言葉で呼んでいました。

ただし、それらの言葉でくくられる個々のサービス内容にはいろいろと違いがあります。
とりあえず国内で現在サービスが開始されているものについて分類・整理してみたいと思います。
「リターンが何か」「対象が何か」という2つの観点で分類すると、以下のようになります。

クラウドファンディング分類

まず、資金の出し手に対するリターンには「お金」「モノ・特典」「なし」の3種類があります。

「お金」は文字通り出資に対するリターンがお金の形で得られるものです。
さらに細かく分類すると「融資」と「投資」の2パターンに分かれます。これは企業における「社債」と「株式」の違いに相当します。
「融資」はお金を貸すことで、リターンは金利の形で得られます。金利が何パーセントになるかは事前に決まっています。
「投資」の場合は、リターンは配当の形で得られます。一般的に、配当が何パーセントになるかは事前にはわかりません。赤字になった場合は配当がまったく得られないこともあります。

「モノ・特典」は、例えばミュージシャンに対してCDを作成・販売する資金を提供するリターンとして、完成したCDやライブのチケットがもらえる、というようなものです。
他にも農家や水産加工会社に資金を提供して、その製品(食品)がもらえる、というものもあります。

「なし」というのは文字通り有形のリターンはありません。
ただ、資金提供先からの感謝の言葉や、ビジネス・プロジェクトが成功した場合、プロジェクトの一員としての達成感などが得られることもあります。

一方、対象の分類としては「個人向け」と「ビジネス・プロジェクト向け」の2種類があります。

個人向けは一時的にお金を必要としている人に対してお金を貸してあげるというものです。
ビジネス・プロジェクト向けは、新たなビジネスを立ち上げたり、新商品を開発したりするための資金を提供するものです。
例えば、震災で工場が被害を受けた企業向けに再建の資金を提供したりする、といったものもあります。


さて、この分類でいくと、クラウドファンディング(ソーシャルファンディング)の中で、リターンがお金(融資)のものを「ソーシャルレンディング」と位置づければよいということになります。
その中でも対象が個人向けなのがAQUSHで、ビジネス・プロジェクト向けなのがmaneoです。SBIソーシャルレンディングは両方手がけています。

また、リターンがお金(投資)型のものとしてはミュージックセキュリティーズがあります。ただ、現状では「半分寄付・半分投資」の案件が多いようです。


これらのサービスを利用する資金提供者の目的としては、「利益」と「社会貢献」があります。
ただ、この2つの目的は相反するものではなく、すべてのサービスは多かれ少なかれ両方の要素を持っています。
資金提供者は、どちらを重視するか各自でバランスを考慮していずれのサービスを利用するかを決めるということになります。


さて、こうしてクラウドファンディングサービス全体を眺めてみると、純粋に利益を追及する投資型のサービスというのは無いように見えます。(自分が知らないだけでどこかにあるのかもしれませんが)
コンセプトとしてはいわゆるエンジェル投資などがこれに当たると思いますが、自分はエンジェル投資に対して「かなりまとまった金額(数百万円?)からでないと投資できない」「投資先と個別に条件などを決めないとならない」といったイメージを持っています。
ネットを通じて数万円から簡単にできるエンジェル投資サービスというのがあるのでしょうか。
もしあれば、それはまさにこの分類に当てはまります。
そうしたサービスがあれば自分も是非投資してみたいと思います。






  1. 2012/05/23(水) 17:48:48|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

AQUSH運用状況(2012年5月)

2012年5月の自分の運用状況(AQUSH)を公開します。
投資を検討している方は参考にしていただければと思います。

AQUSH運用実績サマリ(2011年)
 2011/12011/22011/32011/42011/52011/62011/72011/82011/92011/102011/112011/12(集計) 
貸出元本22,171 99,324 110,648 187,846 161,680 226,388 313,477 519,910 930,245 1,204,792 1,334,461 1,477,838 549,065 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)0 116 600 737 1,220 994 983 2,222 3,673 6,317 8,885 11,998 37,745 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)-6.3%7.2%8.0%7.8%7.4%5.2%8.5%8.5%8.1%8.8%10.8%7.5%←純利益率(年間)(B/A)
AQUSH運用実績サマリ(2012年)
 2012/12012/22012/32012/42012/52012/62012/72012/82012/92012/102012/112012/12(集計) 
貸出元本1,490,986 1,507,568 1,564,020 1,498,232         1,515,202 ←貸出元本平均(年間)(A)
純利益(手数料・税引後)3,295 10,262 9,398 9,265         32,220 ←純利益累計(年間)(B)
純利益率(年利換算)(純利益/前月度の貸出元本×12)2.7%8.3%7.5%7.1%0.0%#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!#DIV/0!6.4%←純利益率(年間)(B/A)
(各月末時点での数値)

グレードごとの貸し出し状況
グレード未収元本平均金利
(営業者報酬・源泉徴収税控除前)
AA11,391 9.7%
A20,674 9.2%
B57,126 11.4%
C559,910 10.6%
D846,588 11.6%
(合計)1,495,689 11.2%

AQUSH月次収支20120506
<コメント>
今月も貸出金利が全体的に低めだったため、今月は新規融資をしませんでした。
結果として、純利益は若干減少しました。
(AQUSHの返済は元利均等方式なので、新たな貸し出しを行わないと毎月の金利収入は減少していきます)
貸出元本を増やしたいのですが、なかなかチャンスがありません。

なお、2011年6月から返済遅延が生じている匿名組合「D-36-10.00-20110201」は、まだ返済がありません。


4月末時点でのヒートマップについては下記をご覧ください。
先月よりも、A~Dランクの金利が低下しています。
特にランクDは1%以上も低下しています。
また金利が上昇に転じることはあるのでしょうか。


<AQUSHマーケットヒートマップ(2012年4月)>  
 AQUSHヒートマップ20120429 


  1. 2012/05/19(土) 21:09:32|
  2. AQUSH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneoマーケット情報(2012年4月)

maneoマーケット情報(2012年4月)を転載します。

maneoマーケット情報201204

<ローン成約額推移>
今年に入ってから10億円以上伸びています。
5月中には30億円を超えるでしょう。

<分配額推移>
元利分配額は12億円を超えました。
また、利息分配額の累計は約4800万円で、先月は約600万円の利息分配があったことになります。
ローン成約額30億円のうち12億円が分配されているので、現在の貸出元本は約18億円です。

<投資家1人当たりの投資額>
投資家1人当たりの投資額は99万6000円です。
先月から10万円以上も増えています。
登録ユーザー数は22000人で年初からそれほど増えてはいませんが、一人あたりの投資金額が増えることで増加するローン金額をカバーしています。
事業性ローンでまだデフォルトが発生しておらず、自分も含めて投資家は安心して投資金額を増やしているようです。

<事業性ローン返済実績一覧>
今月の貸し出し件数は33件でした。
そのうちドリーミングハウス案件が12件・金馬車が10件と多くを占めています。

事業性ローンにおいてまだデフォルトは発生していません。
また、少なくとも自分の投資している範囲では返済遅延も発生していません。
今後もぜひこの傾向で継続してほしいですね。
  1. 2012/05/16(水) 16:19:52|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネット資金調達 米国の賭け

2012年4月24日の日経新聞に「ネット資金調達 米国の賭け」という記事が掲載されていました。

「アメリカでネットを通じ広く資金を集める「クラウドファンディング」が広がっている」という内容です。
ネット資金調達のインディーゴーゴーというサービス事例が紹介されていました。

今はやりの「クラウドコンピューティング」のはクラウドはcloud(雲)ですが、「クラウドファンディング」はcrowd(大衆)で、全然違う単語です。
日本語にすると同じになってしまうので大変紛らわしいのですが。


記事の中で特に気になった部分を引用します。

(引用開始)
潮流をワシントンもかぎ取る。これまでは寄付ベースだったが、今月成立した新法では、投資型でも一定範囲でネットを通じた募集を認めた。米証券取引委員会は来年、詳細な規則を決める。高失業率に悩むだけに「起業こそ新規雇用を生む」(ブラウン上院議員)ともくろむ。
(引用終わり)


アメリカではネットでの資金調達についての法整備を進めているとのことです。
アメリカにはすでに世界最大のソーシャルレンディング「レンディングクラブ」がありますが、さらに多様な新規企業が今後生まれるでしょう。

日本のmaneoやAQUSH・SBIソーシャルレンディングはサービス開始にあたり金融庁等から認可を受けるまで何年も費やしたそうです。このあたりに日本で新たな金融サービスがなかなか生まれない理由があるように思います。
投資家保護は確かに重要ですが、新たな金融サービス誕生を阻害することのないよう、過度の規制はないほうがよいのではないでしょうか。
極端に言えば、リスクや資金用途についての情報開示だけ義務付けるようにし、あとは投資家の判断に任せる、ということでもよいように思います。
  1. 2012/05/12(土) 19:02:00|
  2. 海外の動向
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

UBI決算書分析(2011年度)

UBIの2011年度の決算書が公表されました。

UBI決算書(2011年度)
以前の記事「決算書から見たUBI株式会社の安全性は?」でUBIの2010年度までの決算書を簡単に分析しましたが、2011年度の決算書も同様に分析してみたいと思います。

まず、2011年までの経年での比較をしてみます。
UBI財務分析2012(1)

まず財務面では、2010年と比較して総資産が6億円以上増えているが、有利子負債も6億円近く増えている、ということに気づきます。(①の箇所)
貸借対照表を直接見てみると、社債の残高が8億円程度増えています。
この有利子負債の増加分はほとんど社債のようです。
UBI株式会社は2011年にmaneoでも資金調達をしているはずですが、その分は社債として計上されているのか、あるいは長期借入金として計上されているのかはよくわかりません。

結果として自己資本比率は2010年よりもやや低下し、負債比率は上昇しています。
安全性という観点からすると、やや悪化していると言えそうです。

一方、損益の面では、前年よりも売上高が70%以上も伸びていることが注目されます。
過去5年間でも最高の金額となっています。
ただし、営業利益・経常利益は前年とあまり変わっていません。(②の箇所)

これらの状況から判断すると、UBI株式会社は2011年には社債を多く発行して積極的に新規投資を行ったものと思われます。その結果として売上高は大きく増えたのでしょう。
ただ、費用も多くかかっており、利益にはまだ結びついていないようです。
好意的に考えれば、2012年以降利益が伸びてくるものと思われます。

次に、同業他社と比較してみます。
UBI財務分析2012(2)

今回も住友不動産販売と比較しました。
ただし、UBIのほうは2011年1月~12月の12か月の値であるのに対し、住友不動産販売の方は同じ期間の決算表が見当たらなかったので、2011年4月~12月の9か月間の値とします。

2010年と同様、自己資本比率・負債比率とも住友不動産販売のほうが断然よい数字です。(③の箇所)
あと、表には記載していませんが、売上高営業利益率も住友不動産販売のほうがかなり良い数字です。

ただ、「あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編」によると、自己資本比率は30%以上あればひとまず安心ということのようですので、まあすぐにつぶれることはないと考えてよいのではないでしょうか。


2011年にmaneoという資金調達マシン?を手に入れたUBI株式会社は、それを武器として積極投資に打って出ています。
このスキームが成功すれば大きな利益を生むことになるでしょうが、もしつまずくと、財務状況の大幅な悪化を招くことになるかもしれません。
  1. 2012/05/09(水) 22:29:18|
  2. maneo
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワールドビジネスサテライトでAQUSHが取り上げられました

2012年4月26日(木)のテレビ東京ワールドビジネスサテライトで、「ソーシャルファンディング 資金調達は広く小口で」という特集が組まれていました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_19568/
(動画です。いつまで公開されているのかわかりませんが)

その中でAQUSHも取り上げられていたので、内容を簡単に紹介します。

<以下引用>
・最初に紹介されていたのは、ドワンゴがニコニコ動画を通じてマラソンの藤原選手の活動資金を集めた、という事例。
藤原選手はオリンピックの代表選手だが、現在就職しておらず収入がないため、支援を求めた。
一人500円ずつ2万人から集め、1週間で1000万円の目標額を達成したとのこと。

・次に紹介されていたのは、ハイパーインターネッツ社のサービス「キャンプファイヤ」を通じて、革製品の職人さんがイベントへの出展料30万円を集めた、という事例。
キャンプファイヤは目標金額と募集期間を設定し、期間内に目標金額に達すれば資金が得られるという仕組みになっている。
キャンプファイヤは2011年6月から始まったサービスで、現在までに約8000人から4500万円の資金を集めたとのこと。

・同じくキャンプファイヤで資金を集めて起業した事例。
 名古屋で学生が非常食を半年ごとに宅配するというサービスを行う企業「ヤモリー」を自宅で立ち上げた。
 そのための資金をキャンプファイヤで募集し、これまでに約60万円を集めた。
 投資家には見返りとしてステッカーや非常食を配ったとのこと(配当などはないらしい)
 ネットで資金を集めるということには、サービスに対するニーズがあるかどうか事前に反応を見ることができる、というメリットがあるとのこと。

・もっと投資寄りのサービスとして、AQUSHがある。
 ある都内のサラリーマンはAQUSHで資金を運用している。
 AQUSHでは借り手を信用力に応じて格付けしており、投資家はそのグレードと金利・金額を指定して投資を行うことができる。
 副社長の大前氏のコメント「個人(借り手)と個人(貸し手)の距離を近づける。それにより浮いたコストのメリットを投資家と借り手に還元する。」

・キャスターによるコメント
 「支援か投資かという違いはあるが、ネットを通じ、人の役に立ちたいというニーズを掘り起こしている。」

・コメンテータの伊藤元重氏によるコメント
 「より特徴のある、ユニークな人・サービス・ビジネスに対して支援や投資が集まりやすい。高リスクであっても集まる可能性がある。例えば、心臓移植を必要としている女の子への資金など。
  今後の課題はリスク管理。小口で集めるからよいという面もある。」
<引用終わり>


「ネットで資金を集めるということには、サービスに対するニーズがあるかどうか事前に反応を見ることができるというメリットがある」という起業家の言葉は印象的でした。
AQUSHでは借入目的は公開されませんが、maneoでは借入目的が公開されます。
そこで資金の用途が有望なビジネスだと投資家から認められれば、低金利で資金を集められることもあります。
資金が集められるということは、ある程度ニーズがあると言えるでしょう。

ちなみに、AQUSHの紹介ではオフィスの映像も流れていました。
見たところ、ラッセル・カマー社長と大前副社長を入れて7名の社員が一室で勤務していました。

また、今回の特集では一番時間が割かれていたのはキャンプファイヤの紹介でした。
どうも世間的?には、投資の色彩が濃いAQUSHよりも、支援・寄付の色彩が濃いキャンプファイヤや(今回は出ていませんでしたが)ミュージックセキュリティなどの方が今のところ注目を集めているようです。「ソーシャルレンディング」という言葉も今回出てきませんでした。

あと、放送当日はこのブログのアクセス数も伸びていました。
番組を見た後「AQUSH」などのキーワードで検索し、このブログを見てくださった方も多かったようです。
  1. 2012/05/05(土) 17:27:56|
  2. AQUSH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UBIセミナーレポート(2)

UBIセミナーレポート(2012/4/18)の続きです。


<今後の戦略>
 ・グループの深堀り
 ・maneoの横展開

<現在の戦略>
 ・不動産投資・融資 → 社債・maneoでバラす。
 ・連邦経営
 ・新興国での展開

<UBIの歴史>
 ・もともと不動産を買って、貸して、買い戻してもらうというビジネス(7年前から)
 ・その後貸金業もやることになった。
 ・現在では、不動産は社債でレバレッジをかけている。
  (社債←不動産担保・借入残高約16億円)
 ・貸金業は約15%で貸している。maneoでレバレッジをかけている。

<投資の方針>
 ・投資のスピードは、運用サイドに合わせる。
 (資金調達サイドに合わせるのではない。資金が余ってもよい)

<maneoについて>
 ・グループ各社への融資資金はmaneoを通じて集めている。
 ・maneoでは約20%の投資家が約80%の資金を投資している。(最高は8000万円)
 ・maneoのビジネスモデルやシステムのレンタルを考えている。
 ・貸金業のフランチャイズ展開(パチンコ向けのpatioなど)
 ・パチンコ店へは誰かが融資する。どうせ融資するなら、ブラックな金よりホワイトな金のほうがよい。

<連邦経営>
 ・資金を集める時は、グループ各社の企業間で相互に保証するようにする。
 ・新しい企業をグループに参加させるときは、他のグループ企業とシナジーが働くかどうかを基準にする。
  (例えば、お菓子製造のショウエイと芸能人コンテンツ作成のスカンヂナビアなど。
   スカンヂナビアに融資するときはショウエイが連帯保証した)
 ・ベンチャーキャピタルが投資していて、借金がないような企業に投資するのがよい。
  仮に倒産しても大きな損害はない。
 ・出資と貸付を同時に行う。
  出資は、株式対価の45%を支払う。貸し付けは年利15%。
  貸付金の用途は自由。出資は、不動産担保があれば不要。
 ・グループ各社のアメーバ展開を目指す。
  (ウィンコーポレーションによる飲食店支援など)

<その他>
 ・テクノシステムによる「フードサーバー」のデモンストレーション
  1台で、スープやカレー・中華丼などが自動で作れる機械。  
  1台100万円。これまでに6000台ほど売れた。

<所感>
 ・グループ会社や、参加を検討している企業の経営者と思われる方たちが多く参加しており、熱気が伝わってきました。(maneoの妹尾社長も参加されていました。)
 ・国内外を問わず、積極的に投資・融資を手掛けているのがよくわかりました。将来性のある会社だと思います。
  これらのグループ企業も、今後maneoの案件として登場してくると思います。個人的にもぜひ融資したいと思う企業はいくつかありました。
 ・maneoがUBIの戦略の一つの核となっていることを強調されていました。
 ・グループ各社間での連帯保証は、投資家にとっては安全性を高めるものであると同時に、1社の破たんが他社へも波及してしまうというリスクをはらむものであると感じました。
 ・質疑応答の時間がなかったので、maneoとの資本関係などについて質問したかったのですが、できませんでした。また次の機会に聞いてみたいと思います。

以上 
  1. 2012/05/02(水) 21:56:37|
  2. セミナーレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR