けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリエイターの資金調達をサポートする「Kickstarter」

アメリカに、Kickstarterというクリエイターの資金調達をサポートするサービスがあります。

購入と寄付の境界線 ~ Kickstarterに垣間見る境界線のゆらぎ

ミュージシャンやゲームクリエイターなど、何かを創造しようとするプロジェクトに対して一般の人から資金を募るというものです。
ただ面白いのが、資金に対する見返りは金利ではなく、PLEDGE(誓約)という一種のファンサービスのようなものだということです。たとえばミュージシャンが資金を募集する場合は、資金提供者に完成後のCDが送られてくる、などです。

多くの人から資金を募るところはソーシャルレンディングに似ていますが、こういう遊び心のあるサービスも面白いと思います。

ちなみに、FAQを見たところ、アメリカに住んでいなくてもPLEDGE(誓約)を受けることはできるようです。
好きなアーティストがいる方などは一度試してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 21:33:29|
  2. 海外の動向
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のAQUSHマーケット・ヒートマップ

今日のAQUSHマーケット・ヒートマップです。
AQUSHマーケット・ヒートマップとは

AQUSHヒートマップ20110228.JPG

月末なので匿名組合の切り替え処理に入っているようです。


結局2月の借り手は全部で11名程度でした。
少ないですね。
なぜこれだけ金利が低いのに借り手が来ないのでしょうか?
PR不足なのか、手数料が高いと思われているのか・・・。

たまたま今月少なかっただけかも知れないので、引き続き3月も見てみようと思います。

<今月の借り手(推測)>
グレードAA 1
グレードA 0
グレードB 2
グレードC 3
グレードD 5
----------------
(合計)   11

  1. 2011/02/28(月) 20:09:58|
  2. AQUSHヒートマップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【用語解説】元利均等返済

maneo,AQUSH,SBIソーシャルレンディングが採用している返済方式「元利均等返済」について説明します。

元利均等返済は、月々の元本返済と金利の合計額が均等になるような返済の方式です。

実際の例をお見せします。

以下は、実際に自分がmaneoで融資している居酒屋「わっつり」の返済予定表を一部加工したものです。
貸出金額95万円・貸出金利8.5%で返済期間は30ヶ月という条件です。

元本の返済額は徐々に増えていき、金利の額は徐々に減っていくのがわかると思います。
合計の返済額が毎月ほぼ同じになるように元本の返済額を決めているということです。
分配月元本返済額(A)金利(B)返済額(A)+(B)
2011/728,112 6,838 34,950
2011/827,838 6,642 34,480
2011/928,572 6,232 34,804
2011/1028,807 6,227 35,034
2011/1128,814 5,831 34,645
2011/1229,281 5,811 35,092
2012/128,881 5,613 34,494
2012/229,964 5,055 35,019
2012/330,202 5,174 35,376
2012/429,497 4,817 34,314
2012/531,038 4,749 35,787
2012/630,578 4,379 34,957
2012/730,674 4,312 34,986
2012/831,410 4,076 35,486
2012/931,365 3,732 35,097
2012/1031,632 3,630 35,262
2012/1132,030 3,291 35,321
2012/1232,293 3,163 35,456
2013/132,447 2,929 35,376
2013/232,722 2,455 35,177
2013/333,283 2,458 35,741
2013/433,113 2,169 35,282
2013/533,792 1,978 35,770
2013/633,851 1,686 35,537
2013/734,139 1,498 35,637
2013/834,477 1,243 35,720
2013/934,644 986 35,630
2013/1035,103 744 35,847
2013/1135,314 482 35,796
2013/1236,127 243 36,370
合計950,000 108,443 1,058,443

グラフにすると以下の通りです。


元利均等返済グラフ 


他の返済方式としては、「元金均等返済」があります。
毎月元金の返済金額が等しくなるような返済の方式です。
この場合は、金利の額は最初多くてだんだん少なくなっていきます。当然返済額(元金+金利)も徐々に少なくなっていくことになります。

「元利均等返済」は、借り手からすると、毎月の返済額が同じになるため、返済計画が立てやすいというメリットがあります。
ただし、最初のうちは返済額のうち金利の割合が多く、元金の減りが遅いため、元金均等返済と比較すると返済総額が多くなるというデメリットもあります。

消費者金融などでは返済方式を選択できるところもあります。
ソーシャルレンディングでも、そのうちに返済方式を選択できるサービスが登場するかも知れません。
  1. 2011/02/27(日) 20:50:51|
  2. 用語解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneoは飲食店向け融資に力をいれる方針へ転換(3)

maneoの方針転換は日経ビジネス誌でも紹介されています。

『ネット融資で外食、出店攻勢』(2010年11月29日)

以下は、記事の一部抜粋です。

------------------------------------------------------------------------------
ソーシャルレンディングはネットにより中間コストを削減しており、
消費者金融より金利が低い場合が多い。

この仕組みに目をつけたのが外食業だ。

開業資金をソーシャルレンディングで調達する算段だ。
店を持ちたくても、手元に資金がない人は多い。

何の実績もない個人に融資する銀行はほとんどない

同社の井戸実社長自身、事業を始めた当初、貸し手が見つからず途方に暮れたという。
そんな苦い経験からソーシャルレンディング活用に踏み切った。
------------------------------------------------------------------------------


ソーシャルレンディングで資金を貸した飲食店が成功したらレンダー(貸し手)としてもこれほどうれしいことはありません。
銀行が融資しない・できない分野に対して個人の資金力で貢献することができれば、まさにソーシャルレンディングの理念を実現したと言えるでしょう。
  1. 2011/02/26(土) 18:47:19|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のAQUSHマーケット・ヒートマップ

今日のAQUSHマーケット・ヒートマップです。
AQUSHマーケット・ヒートマップとは

AQUSHヒートマップ20110225.JPG

グレードDの貸付充当率が微妙にあがっています。
借り手が現れたようです。
2月ももうじき終わりですが、このまま終わるのでしょうか。

<今月の借り手(推測)>
グレードAA 1
グレードA 0
グレードB 2
グレードC 3
グレードD 5
----------------
(合計)   11

  1. 2011/02/25(金) 21:51:43|
  2. AQUSHヒートマップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディング3社の徹底比較(借り手関連)

ソーシャルレンディング3社の比較(借り手関連編)です。


 maneo(マネオ)AQUSH(アクシュ)SBIソーシャルレンディング
パーソナルローンスペシャルローン SBISLフリーローン(予定)SBISL借換ローン(予定)
借り手関連金利(借り手側)2.85%~17.80%
平均8.7%
2.85%~17.80%
平均8.1%
6.74%~17.92%
平均9.24%
6.0%~17.5%9.5%~14.5%
借入限度額10万円~200万円10万円~10万~300万円10万円~300万円10万円~500万円
手数料(借り手側)なし借入時に借入金額の4.0%相当額借入元本の3.0%
担保・保証人不要フランチャイザーや法人代表者などが保証人となる場合がある。
不動産などが担保として供される場合もある。
不要不要
借入期間6ヵ月~36ヵ月(3か月毎)(繰り上げ返済不可)6か月~60か月36ヶ月
(繰り上げ返済は手数料0円で可能)
24ヶ月、36ヶ月36ヶ月
返済方式月々元利均等返済毎月所定の元利金を返済
※一定期間の元金返済据え置き期間がある場合や最終返済日に元金一括返済の場合などもある。
月々元利均等返済元利均等返済
使用用途自由FCの開業費用やコーポラティブハウスの建設費用などテーマ性の高い借入目的自由自由(借換は除く)借換
遅延損害金年率14.5%年率14%年率20.0%


担保や保証人が不要で使用用途は自由であるところや、返済方式が月々の元利均等返済であるところは3社とも同様です。

借り手にとって一番気になるのはやはり借入金利だと思います。
借入金利は、maneo(パーソナルローン)が平均8.7%でAQUSHは平均9.24%です。
借入の条件や審査の基準がそれぞれのローンで異なるので、単純に全部のローンを平均で比較してもあまり意味はないのですが、借入金利に大きな違いはないと言えます。
(本当は同一条件のローンを両社で申し込んだとき金利の差がどのくらい発生するか知りたいところですが)

また、ビジネスモデルの比較でも書きましたが、
 ・maneoは金利を借り手が設定できる
 ・AQUSHでは金利はマーケットで決まるので、借り手は金利がいくらになるかは貸し手を募集してみないとわからない
という違いがあります。

これは、どちらの方式がよいとは一概には言えません。
例えば、Yahooオークションなどで商品を出品する際、価格を決めて出品することもできるし、オークション形式で出品することもできます。しかし、どちらの方式が高く売れるか、というのは商品の内容や出品タイミングなどに左右されるので、一概には言えないですね。
ローンの金利の決定方式も、それと同じことだと言えます。

一般論でいえば、AQUSHの方式では、需要と供給のバランスから適切な金利に落ち着くはずです。しかし、借り手にとって予想以上に高い金利になってしまうこともありえます。
一方、maneoの方式では、予想外の金利になってしまうことはない一方で、金利が高すぎてなかなか資金が集まらなかったり、逆にすぐに資金が集まってしまって、もっと低い金利を設定すればよかったと後悔することもあり得ます。

強いて言えば、借入の際に以下のような基準で選択すればよいのではないでしょうか
 ・絶対に金利xx%以上では借りたくない ⇒maneo
 ・金利xx%以下という条件はないが、少しでも安い金利で借りたい ⇒AQUSH
  1. 2011/02/25(金) 19:48:41|
  2. サービス会社比較
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のAQUSHマーケット・ヒートマップ

今日のAQUSHマーケット・ヒートマップです。
AQUSHマーケット・ヒートマップとは

AQUSHヒートマップ20110224.JPG

今日も新たな借り手が現れなかったようです。
これで3日連続です。

金利4%でお金が借りられるというすばらしい環境なのですが・・・。
どなたか是非借りてあげてください。

<今月の借り手(推測)>
グレードAA 1
グレードA 0
グレードB 2
グレードC 3
グレードD 4
----------------
(合計)   10

  1. 2011/02/24(木) 21:50:20|
  2. AQUSHヒートマップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディング3社の徹底比較(ビジネスモデル)

ソーシャルレンディング3社の比較(ビジネスモデル編)です。



 
maneo(マネオ)AQUSH(アクシュ)SBIソーシャルレンディング
パーソナルローンスペシャルローン SBISLフリーローン(予定)SBISL借換ローン(予定)
ビジネスモデル・1人の借り手に対して貸し手が複数
・金利は借り手が決定
・貸し手は、借入目的・借り手の収入などの情報を元に借り手と貸出金額を指定する。
・複数の借り手に対して貸し手も複数
・金利はマーケットで決定される
・借り手を審査し、信用リスクを客観的に格付評価した「AQUSHグレード」(5段階)を提示
・投資家は借り手を直接指定できず、グレードと金利を指定して投資する。
(不明)


このように、maneo,AQUSHのビジネスモデルは大きく異なります。
それぞれ一長一短ありますが、まとめると以下の通りです。


<maneo>
 ■貸し手にとって
  ●メリット
   ・借入目的・収入などの情報を元に借り手を直接選ぶことができる。
   ・借り手と直接コミュニケーションができる。
   ・仕組みがわかりやすい
   ・借り手を決めれば、貸付は必ず行われる。
   ・一部のローンでは、店舗の優待券などがもらえる。
  ●デメリット
   ・借り手の情報を元に信頼性を見極める力が必要になる。
   ・投資先を自動的に分散させる仕組みはない(リスク分散は自分で行う必要がある)
 ■借り手にとって
  ●メリット
   ・自分で金利を決められる。
   ・貸し手に対して借入目的や熱意・お礼などを伝えることができる。
  ●デメリット
   ・貸し手に対して借入目的・収入などの情報を公開する必要がある

<AQUSH>
 ■貸し手にとって
  ●メリット
   ・借り手の情報を元に信頼性を判断する必要がない。(借り手の情報はそもそも見られない)
   ・自動的にリスク分散される(各グレードの中で自動的に分散投資される)
  ●デメリット
   ・慣れるまでやや仕組みがわかりにくい
   ・投資先のグレード・金利によってはなかなか貸付が実行されない。
 ■借り手にとって
  ●メリット
   (特になし)
  ●デメリット
   ・自分で金利を決められない(金利がいくらになるかは貸し手を募集するまでわからない)   


 貸し手の側からみると、やはり「借り手の顔が見えるかどうか」が一番の違いです。
 「顔が見える」といっても氏名や住所などの個人情報が見られるわけではないのですが、借入目的や収入が見られるかどうかは大きな違いです。借入をアピールする文章から、しっかりした人かどうかある程度がわかることもあります。
 ただし、必ずしも顔が見えないことがデメリット、とも言い切れません。
 貸し手によっては、「借入目的や収入などをいくらチェックしても、どこまで本当かわからないし、それで貸し倒れが100%防げるわけでもない。それならある程度の信用度だけを把握して分散投資するほうがよい。」という考えの人もいます。
 結局貸し手の投資に対する考え方の違いによるということです。
 投資することにより借り手を援助したい、喜んでもらいたい、と考えるのであればmaneo・より安全に金利収入が得られればよい、と考えるのであればAQUSH,といったところでしょう。
 
 ただし、ビジネスモデル以外にも比較すべき要素はいくつかあります。
 次回以降引き続き検討します。



 
  1. 2011/02/24(木) 11:53:01|
  2. サービス会社比較
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディング3社の徹底比較(1)

maneo,AQUSH,3月からサービス開始予定のSBIソーシャルレンディングの3社について、現在わかっている限りの情報を元に比較しました。

 maneo(マネオ)AQUSH(アクシュ)SBIソーシャルレンディング
パーソナルローンスペシャルローン SBISLフリーローン(予定)SBISL借換ローン(予定)
ビジネスモデル・1人の借り手に対して貸し手が複数
・金利は借り手が決定
・貸し手は、借入目的・借り手の収入などの情報を元に借り手と貸出金額を指定する。
・複数の借り手に対して貸し手も複数
・金利はマーケットで決定される
・借り手を審査し、信用リスクを客観的に格付評価した「AQUSHグレード」(5段階)を提示
・投資家は借り手を直接指定できず、グレードと金利を指定して投資する。
(不明)
借り手関連金利(借り手側)2.85%~17.80%
平均8.7%
2.85%~17.80%
平均8.1%
6.74%~17.92%
平均9.24%
6.0%~17.5%9.5%~14.5%
借入限度額10万円~200万円10万円~10万~300万円10万円~300万円10万円~500万円
手数料(借り手側)なし借入時に借入金額の4.0%相当額借入元本の3.0%
担保・保証人不要フランチャイザーや法人代表者などが保証人となる場合がある。
不動産などが担保として供される場合もある。
不要不要
借入期間6ヵ月~36ヵ月(3か月毎)6か月~60か月36ヶ月
(期限前返済は手数料0円で可能)
24ヶ月、36ヶ月36ヶ月
返済方式月々元利均等返済毎月所定の元利金を返済
※一定期間の元金返済据え置き期間がある場合や最終返済日に元金一括返済の場合などもある。
月々元利均等返済元利均等返済
使用用途自由FCの開業費用やコーポラティブハウスの建設費用などテーマ性の高い借入目的自由自由(借換は除く)借換
遅延損害金年率14.5%年率14%年率20.0%
貸し手関連金利(貸し手側)借り手側借入金利-1.5%各ローンによって異なる。4%~15%
平均7.74%
(不明)
投資額1件あたり1万円以上20万円以下1万円以上5万円~2000万円(不明)
手数料(貸し手側)貸付時に貸付金額の1.5%各ローンによって異なる。毎月、貸付金残高の0.125%(不明)
会社運営関連ローン成立件数(累計)262件33件未公開
(けにごろう推定:約200件)(2日に1件 × サービス開始400日)
-
ローン成立金額(累計)1.88億円1.84億円未公開
(けにごろう推定:約1億円) 200件×50万
-
利用者数(累計)約2万人約3500人-
貸し倒れ率(件数ベース)13.7%0%未公開-
貸し倒れ率(金額ベース)13.2%0%未公開-
運営会社maneo株式会社
maneoマーケット株式会社
maneoエスクロー株式会社
株式会社エクスチェンジコーポレーションSBIソーシャルレンディング株式会社
サービス開始2008年10月2009年12月2011年3月(予定)
URLhttps://www.maneo.jp/https://www.aqush.jp/http://www.sbi-sociallending.co.jp/


データはいずれも2011年2月時点のものです。
次回から各項目ごとに検討してみます。
  1. 2011/02/23(水) 22:33:09|
  2. サービス会社比較
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のAQUSHマーケット・ヒートマップ

今日のAQUSHマーケット・ヒートマップです。
AQUSHマーケット・ヒートマップとは

AQUSHヒートマップ20110223.JPG

今日も新たな借り手が現れなかったようです。
だいじょうぶでしょうか。

<今月の借り手(推測)>
グレードAA 1
グレードA 0
グレードB 2
グレードC 3
グレードD 4
----------------
(合計)   10

  1. 2011/02/23(水) 20:45:42|
  2. AQUSHヒートマップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。