けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

maneoのデフォルト(貸し倒れ)率について

maneoのデフォルト(貸し倒れ)の発生率はどの程度なのでしょうか。

maneoでメンバー向けに公開されている情報は以下の通りです。

2010年11月現在

借入目的件数
全ローンデフォルト割合金額
教育資金25 件4 件15.6 %
冠婚葬祭16 件2 件9.5 %
住宅関連45 件4 件10.4 %
マイカー購入23 件4 件14.5 %
旅行資金9 件3 件30.3 %
事業資金44 件2 件5.5 %
入院・治療4 件0 件0.0 %
借入金返済69 件9 件15.8 %
その他23 件2 件7.3 %
アーキネット
(コーポラティブハウス)
4 件0 件0.0 %
KID'Sグループ
(きむら屋・わっちゃり・よしみや・みやじ総本店)
4 件0 件0.0 %
LEIS
レイス治療院
6 件0 件0.0 %
ランシステム
自遊空間
1 件0 件0.0 %
日本介護福祉グループ
茶話本舗
1 件0 件0.0 %
エムグラントフードサービス
(よしかつ・ステーキのけん・秀久)
6 件0 件0.0 %
サンテン
(旧広島市民球場)
2 件0 件0.0 %
合計282 件30 件6.6 %


これで見ると、全ローンのデフォルト率は6.6%とかなり高い数値ですね。
単純にみると、せいぜい8~9%の金利しか得られないのにそんなにデフォルトのリスクが高ければ誰もお金を貸そうという人はいないでしょう。
ボロワー(借り手)の中には、1回も返済せずにデフォルトになるという確信犯的な人もいるようです。

ただし、個人向け(背景青部分)のデフォルト率は高いですが、飲食店や病院などの企業向けのローン(背景赤部分)だけみると、デフォルト率は0%です。
企業向けのローンはmaneoでいう「スペシャルローン」に該当するのですが、この部分を中心に貸すのであれば比較的リスクは少ないのではないでしょうか。
ただしスペシャルローンはまだ始まって間もないサービスで件数も少ないようなので、これからどうなるかはわかりませんが・・・。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/25(土) 08:50:53|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneoのデフォルト(貸し倒れ)率について

maneoのデフォルト(貸し倒れ)の発生率はどの程度なのでしょうか。

maneoでメンバー向けに公開されている情報は以下の通りです。

2010年11月現在

借入目的件数
全ローンデフォルト割合金額
教育資金25 件4 件15.6 %
冠婚葬祭16 件2 件9.5 %
住宅関連45 件4 件10.4 %
マイカー購入23 件4 件14.5 %
旅行資金9 件3 件30.3 %
事業資金44 件2 件5.5 %
入院・治療4 件0 件0.0 %
借入金返済69 件9 件15.8 %
その他23 件2 件7.3 %
アーキネット
(コーポラティブハウス)
4 件0 件0.0 %
KID'Sグループ
(きむら屋・わっちゃり・よしみや・みやじ総本店)
4 件0 件0.0 %
LEIS
レイス治療院
6 件0 件0.0 %
ランシステム
自遊空間
1 件0 件0.0 %
日本介護福祉グループ
茶話本舗
1 件0 件0.0 %
エムグラントフードサービス
(よしかつ・ステーキのけん・秀久)
6 件0 件0.0 %
サンテン
(旧広島市民球場)
2 件0 件0.0 %
合計282 件30 件6.6 %


これで見ると、全ローンのデフォルト率は6.6%とかなり高い数値ですね。
単純にみると、せいぜい8~9%の金利しか得られないのにそんなにデフォルトのリスクが高ければ誰もお金を貸そうという人はいないでしょう。
ボロワー(借り手)の中には、1回も返済せずにデフォルトになるという確信犯的な人もいるようです。

ただし、個人向け(背景青部分)のデフォルト率は高いですが、飲食店や病院などの企業向けのローン(背景赤部分)だけみると、デフォルト率は0%です。
企業向けのローンはmaneoでいう「スペシャルローン」に該当するのですが、この部分を中心に貸すのであれば比較的リスクは少ないのではないでしょうか。
ただしスペシャルローンはまだ始まって間もないサービスで件数も少ないようなので、これからどうなるかはわかりませんが・・・。
  1. 2010/12/25(土) 08:50:53|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneoのリスク(1)

あらためて、ソーシャルレンディング(maneo)のリスク説明をよく読んでみたいと思います。

(A) maneo社のサービスは、お金を借りたい方(ボロワー)とお金を貸したい方(レンダー)を、maneo社を通じてマッチングするサービスです。
お客様は、maneo社との間で匿名組合契約を結んでmaneo社にお金を出資し、maneo社がお客様の指定するボロワーに対して、そのお金を貸し付けるということになります。
このように、お客様は、maneo社にお金を出資していただくことによってレンダーとなり、ボロワーに対してお金を貸し付けるのと同様の経済的効果を得ることになります(ただし、お客様はボロワーに対して直接お金を貸し付けるわけではなく、maneo社がボロワーに対して貸し付ける原資となるお金を出資することになりますので、直接お金を貸し付けるのと異なる点がいくつかあります。)


この「匿名組合契約」というのがよくわかりませんが、とにかく「貸し手(レンダー)は借り手(ボロワー)に直接お金を貸すわけではない」というのがポイントのようです。


(B) 本サービスについては、次のような特徴があります。
(a) お客様ご自身で、出資したお金を、誰に貸し付けるのかを選択していただきます。
(b) お金を貸し付けたけれども、その人が返済をしなくなった場合には、お客様が当社にお支払いいただいた出資金の元本額が全額返ってこないおそれがあります。


ボロワーが返済しなくなった場合(貸し倒れ)には、最悪出資金が全額返ってこないこともあるとのことです。
最大のリスクですね。
  1. 2010/12/24(金) 13:22:54|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneoのリスク(1)

あらためて、ソーシャルレンディング(maneo)のリスク説明をよく読んでみたいと思います。

(A) maneo社のサービスは、お金を借りたい方(ボロワー)とお金を貸したい方(レンダー)を、maneo社を通じてマッチングするサービスです。
お客様は、maneo社との間で匿名組合契約を結んでmaneo社にお金を出資し、maneo社がお客様の指定するボロワーに対して、そのお金を貸し付けるということになります。
このように、お客様は、maneo社にお金を出資していただくことによってレンダーとなり、ボロワーに対してお金を貸し付けるのと同様の経済的効果を得ることになります(ただし、お客様はボロワーに対して直接お金を貸し付けるわけではなく、maneo社がボロワーに対して貸し付ける原資となるお金を出資することになりますので、直接お金を貸し付けるのと異なる点がいくつかあります。)


この「匿名組合契約」というのがよくわかりませんが、とにかく「貸し手(レンダー)は借り手(ボロワー)に直接お金を貸すわけではない」というのがポイントのようです。


(B) 本サービスについては、次のような特徴があります。
(a) お客様ご自身で、出資したお金を、誰に貸し付けるのかを選択していただきます。
(b) お金を貸し付けたけれども、その人が返済をしなくなった場合には、お客様が当社にお支払いいただいた出資金の元本額が全額返ってこないおそれがあります。


ボロワーが返済しなくなった場合(貸し倒れ)には、最悪出資金が全額返ってこないこともあるとのことです。
最大のリスクですね。
  1. 2010/12/24(金) 13:22:54|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディングならではのメリット

前回の続きです。

「950,000円を3年貸して利益が150.046円(手数料・税引き後金額105,075円)なので、年利にすると5%弱(手数料・税引き後だと約3.5%)にしかならないように見える」
という話をしました。

しかし、ソーシャルレンディングならではのメリットもあるのです。

それは、
「返済されたお金はすぐに別の投資に回すことができる」
ということです。

前回の例だと、毎月元本(31,667円)+金利(当初6,729円)が返済されてくるので、それをまた別の融資先に投資することができるわけです。
仮に月々の返済額(元本+金利)をすぐにまた同じ金利(年利8.5%)で投資したとすると、プラス48,438円(手数料・税引き後金額)の利益が得られます。

すると、トータルの利益は(手数料・税引き後金額153,513円)となり、(手数料・税引き後年利約5.2%)となります。

「返済されたお金はすぐに別の投資に回すことができる」という点が株や投資信託・FXなどの他の投資とソーシャルレンディングの大きく違うところですね。
他の投資だと基本的には売却しない限り元本は戻って来ず、再投資することもできません。
ソーシャルレンディングだと月々の返済金をまた再投資することで高いリターンを狙うことができると言えそうです。
  1. 2010/12/23(木) 12:29:48|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルレンディングならではのメリット

前回の続きです。

「950,000円を3年貸して利益が150.046円(手数料・税引き後金額105,075円)なので、年利にすると5%弱(手数料・税引き後だと約3.5%)にしかならないように見える」
という話をしました。

しかし、ソーシャルレンディングならではのメリットもあるのです。

それは、
「返済されたお金はすぐに別の投資に回すことができる」
ということです。

前回の例だと、毎月元本(31,667円)+金利(当初6,729円)が返済されてくるので、それをまた別の融資先に投資することができるわけです。
仮に月々の返済額(元本+金利)をすぐにまた同じ金利(年利8.5%)で投資したとすると、プラス48,438円(手数料・税引き後金額)の利益が得られます。

すると、トータルの利益は(手数料・税引き後金額153,513円)となり、(手数料・税引き後年利約5.2%)となります。

「返済されたお金はすぐに別の投資に回すことができる」という点が株や投資信託・FXなどの他の投資とソーシャルレンディングの大きく違うところですね。
他の投資だと基本的には売却しない限り元本は戻って来ず、再投資することもできません。
ソーシャルレンディングだと月々の返済金をまた再投資することで高いリターンを狙うことができると言えそうです。
  1. 2010/12/23(木) 12:29:48|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneoの金利計算の仕組み

95万円を年利8.5%で36カ月(3年)貸しているのに、収益が150.046円にしかならない理由について説明します。

考えてみれば当たり前なのですが、
「返済するごとに元本は減っていく」
そして、
「金利は元本に対してかかる」
のです。

つまり、最初の1回は確かに95万円に対する年利8.5%(の1カ月分)である6729円が利息として支払われますが、
以降は徐々に元本が減っていくので、支払われる利息も減っていくのです。

具体的には、今回の条件である
・貸出金利(年利) 8.50 %
・借入希望期間 36 ヶ月
・元本返済据置回数 6 回

に基づいた36ヶ月間の返済のされ方は以下のとおりとなります。


返済回数元本元本返済額利息
0 950000 --
1 950000 0 6729
2 950000 0 6729
3 950000 0 6729
4 950000 0 6729
5 950000 0 6729
6 950000 0 6729
7 918333 31667 6729
8 886667 31667 6505
9 855000 31667 6281
10 823333 31667 6056
11 791667 31667 5832
12 760000 31667 5608
13 728333 31667 5383
14 696667 31667 5159
15 665000 31667 4935
16 633333 31667 4710
17 601667 31667 4486
18 570000 31667 4262
19 538333 31667 4038
20 506667 31667 3813
21 475000 31667 3589
22 443333 31667 3365
23 411667 31667 3140
24 380000 31667 2916
25 348333 31667 2692
26 316667 31667 2467
27 285000 31667 2243
28 253333 31667 2019
29 221667 31667 1794
30 190000 31667 1570
31 158333 31667 1346
32 126667 31667 1122
33 95000 31667 897
34 63333 31667 673
35 31667 31667 449
36 0 31667 224
合計 950000 144677


上記は自分がEXCELで計算しただけなので、あっている保証はありませんが・・・。
まあ金利の合計額も大体あっているのでそれほど大きくは違っていないと思います。

これだけ見ると、950,000円を3年も貸して利益が150.046円なので、年利にすると5%弱にしかならないように思います。
(実際にはさらにそれ以外にmaneoの手数料と税金も取られるのでさらに利益は少なくなります)

しかし、ソーシャルレンディングならではのメリットもあるのです。(次回)
  1. 2010/12/22(水) 19:24:21|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

maneoの金利計算の仕組み

95万円を年利8.5%で36カ月(3年)貸しているのに、収益が150.046円にしかならない理由について説明します。

考えてみれば当たり前なのですが、
「返済するごとに元本は減っていく」
そして、
「金利は元本に対してかかる」
のです。

つまり、最初の1回は確かに95万円に対する年利8.5%(の1カ月分)である6729円が利息として支払われますが、
以降は徐々に元本が減っていくので、支払われる利息も減っていくのです。

具体的には、今回の条件である
・貸出金利(年利) 8.50 %
・借入希望期間 36 ヶ月
・元本返済据置回数 6 回

に基づいた36ヶ月間の返済のされ方は以下のとおりとなります。


返済回数元本元本返済額利息
0 950000 --
1 950000 0 6729
2 950000 0 6729
3 950000 0 6729
4 950000 0 6729
5 950000 0 6729
6 950000 0 6729
7 918333 31667 6729
8 886667 31667 6505
9 855000 31667 6281
10 823333 31667 6056
11 791667 31667 5832
12 760000 31667 5608
13 728333 31667 5383
14 696667 31667 5159
15 665000 31667 4935
16 633333 31667 4710
17 601667 31667 4486
18 570000 31667 4262
19 538333 31667 4038
20 506667 31667 3813
21 475000 31667 3589
22 443333 31667 3365
23 411667 31667 3140
24 380000 31667 2916
25 348333 31667 2692
26 316667 31667 2467
27 285000 31667 2243
28 253333 31667 2019
29 221667 31667 1794
30 190000 31667 1570
31 158333 31667 1346
32 126667 31667 1122
33 95000 31667 897
34 63333 31667 673
35 31667 31667 449
36 0 31667 224
合計 950000 144677


上記は自分がEXCELで計算しただけなので、あっている保証はありませんが・・・。
まあ金利の合計額も大体あっているのでそれほど大きくは違っていないと思います。

これだけ見ると、950,000円を3年も貸して利益が150.046円なので、年利にすると5%弱にしかならないように思います。
(実際にはさらにそれ以外にmaneoの手数料と税金も取られるのでさらに利益は少なくなります)

しかし、ソーシャルレンディングならではのメリットもあるのです。(次回)
  1. 2010/12/22(水) 19:24:21|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての投資先選定(5)

さて、今回「わっつり」に95万円融資したわけですが、これで完済されたとしていくらの利益になるのでしょうか。
今回の融資条件は以下の通りです。
・貸出金利(年利) 8.50 %
・借入希望期間 36 ヶ月
・元本返済据置回数 6 回


maneoには「収益シミュレーション」という機能があり、これで融資金額を入力すると以下のように表示されます。

わっつり2

なぜかちょっと金額の数字がずれてしまっていますが・・・。

これをみると、
 ・税金・手数料差し引き前の収益: 150.046円
 ・税金(源泉税) 30,009円
 ・成約時手数料(税込)14,962円
 ・税金・手数料差し引き後の収益 105,075円

とのことです。

さてここで1つ疑問が出てきます。

95万円を年利8.5%で36カ月(3年)貸しているのだから、税金・手数料差し引き前の収益は
242,250円
になるのではないか?

なんでたったの150.046円にしかならないのか?
と思いませんか? 自分は最初そう思いました。

いろいろmaneoコミュニティなどを見てようやくその理由がわかりました。
それについて次回また書きたいと思います。
  1. 2010/12/21(火) 15:37:01|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての投資先選定(5)

さて、今回「わっつり」に95万円融資したわけですが、これで完済されたとしていくらの利益になるのでしょうか。
今回の融資条件は以下の通りです。
・貸出金利(年利) 8.50 %
・借入希望期間 36 ヶ月
・元本返済据置回数 6 回


maneoには「収益シミュレーション」という機能があり、これで融資金額を入力すると以下のように表示されます。

わっつり2

なぜかちょっと金額の数字がずれてしまっていますが・・・。

これをみると、
 ・税金・手数料差し引き前の収益: 150.046円
 ・税金(源泉税) 30,009円
 ・成約時手数料(税込)14,962円
 ・税金・手数料差し引き後の収益 105,075円

とのことです。

さてここで1つ疑問が出てきます。

95万円を年利8.5%で36カ月(3年)貸しているのだから、税金・手数料差し引き前の収益は
242,250円
になるのではないか?

なんでたったの150.046円にしかならないのか?
と思いませんか? 自分は最初そう思いました。

いろいろmaneoコミュニティなどを見てようやくその理由がわかりました。
それについて次回また書きたいと思います。
  1. 2010/12/21(火) 15:37:01|
  2. maneo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。