けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

投資型クラウドファンディング「jitsugen」がサービス開始

先日紹介したクラウドクレジットに続き、また新たな投資型クラウドファンディング「jitsugen」がサービスを開始しました。
運営するのはその名も「株式会社クラウドファンディング」です。

jitsugen

2014年7月7日から募集を開始した第1弾案件の概要は以下の通りです。

<三ッ星シェフの満腹ダイエット弁当>
・投資先:「株式会社おいしいプラス」
・予定分配率 : 売上(税抜)の10%
・目標リターン: 1.75倍
・契約期間: 6年間
・申込単位:500,000円
・分配支払: 年二回、半期ごとの業績に応じて
・募集金額: 3500万円
・運営手数料 :当該事業の売上(税抜)の3%
         (ただし半期ごとの投資家分配が投資元本を回収できるペースでなかった場合は0%)
・契約方法: 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申し込みいただき、取扱者によるお電話もしくは面談のうえ営業者と匿名組合契約を締結します。 なお、本契約は、出資者が出資金の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金が払い込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。
一度契約した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんおで、充分ご検討のうえお申し込みください。


予定分配率は 売上(税抜)の10%とあり、業績によってリターンは変動するようです。
想定通りの業績だった場合は、6年で約1.75倍のリターンを得られるとのことで、年利に換算すれば単利計算で約12%となります。
事業計画書にいくつかシミュレーションが示されており、楽観的なシナリオでは年利19.7%、もっとも悲観的なシナリオでは2年目で経営破たんし、最終利回り-91.5%とのことです。
ソーシャルレンディングと比べるとややハイリスク・ハイリターンと言えるでしょう。

投資期間は6年間と非常に長いですね。
せめて3年くらいにしてもらえるとよいのですが。
また、最低投資金額は50万円と高い金額です。
クラウドクレジットも金融業免許の関係で50万円でしたが、同じ理由でしょうか。
「jitsugen」も「株式会社おいしいプラス」も新会社であるにも関わらず、投資期間6年・最低投資金額50万円というのは非常にハードルが高いように感じます。

株式会社クラウドファンディングが徴収する運営手数料は成功報酬型で、事業から一定以上の売り上げが上がった場合のみ発生する形になっています。
運営手数料は売上の3%で、maneoと比べるとやや低いようです。

契約の際は、取扱者(株式会社クラウドファンディング)との電話もしくは面談が必要だそうです。
これも法律で求められているのでしょうか。

事業計画書が公開されており、そちらを見たところ、契約形態についてmaneoやAQUSHなど既存のソーシャルレンディングと大きく異なる点があるようです。
匿名組合契約の相手は、株式会社クラウドファンディングではなく、営業者(この場合は株式会社おいしいプラス)となるという点です。
資金も、営業者の口座に直接振り込むようになっています。
jitsugen契約形態

リスク説明によると、主なリスクは以下の通りです。
・流動性リスク(途中で解約不可)
・売上が想定を下回ることによる元本割れのリスク
・営業者(「株式会社おいしいプラス」)の破綻・債務超過のリスク


リスクの種別としてはソーシャルレンディングとほぼ同様のようです。
匿名組合契約の相手が直接営業者になるということは、逆にサービス会社(jitsugen)が破綻した場合に資金が損なわれるリスクはないということかも知れません。

なお、この案件は現時点ですでに3500万円を集めており、満額となっています。
日経新聞などでも紹介されており、注目度は高いようです。

株式会社クラウドファンディングの代表取締役社長は伊東さんという方で、30代半ばとお若いようです。
野村証券・モルガンスタンレーで営業を担当されていたそうです。


予め利率が決まっており、とりあえず出資先が破綻さえしなければ元本と金利が返ってくるソーシャルレンディングと異なり、売り上げによってリターンが変わってくる点が大きな違いであると感じます。
事業の収益性・将来性を見極める目が必要になるということなのでしょうが、自分にはこの弁当販売事業自体の成否はよくわかりません。
セミナーなどの機会があればぜひ参加し、さらに情報を収集したいと思います。






スポンサーサイト



  1. 2014/07/23(水) 05:00:00|
  2. jitsugen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR