けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新たな投資型クラウドファンディングサービス「オーナーズブック」とは

新たな融資型クラウドファンディングサービス「オーナーズブック」がスタートしました。

オーナーズブック

「新たな」といっても、私が知らなかっただけで、実は2014年9月には第一号案件を募集開始していたようです。
現在までに8案件・計1億円ほどが募集されています。

■運営会社
運営会社は、「ロードスターキャピタル株式会社」で、「不動産の自己運用・仲介・コンサルティング等を行っている総合不動産会社」とのことです。
つまり、オーナーズブックは、「不動産会社自身が運営しているクラウドファンディングサービス」ということになります。
これまでにない形態かもしれません(少なくとも日本では)。

■利回り:
これまでに募集された案件は、すべて予定利回り5.0%でした。
不動産担保ローンとしては、maneoやクラウドバンクとほぼ同様の水準と言えます。

■運用期間:
これまでに募集された案件では、運用期間は5ヶ月~10ヶ月の範囲でした。

■担保・保証:
これまでに募集された案件はすべて不動産担保がありました。

■最低投資金額:
1万円からです。
気軽に投資できます。

■手数料:
重要事項説明書に、「お客様が匿名組合員として出資していただくに際し手数料をお支払い頂くことはございませんが、本営業において発生した費用(以下の費用を含みます。)につき、営業者の本営業に係る組合財産から間接的に負担いただくことになります。」
と記載がありましたので、特に手数料はかからないようです。

■投資スキーム:
オーナーズブック画面20150528(2)

匿名組合形式をとっているところは他の融資型クラウドファンディングと同様です。
ただ、借り手は運営会社ロードスターキャピタル株式会社自身です。
この形式だと、投資案件を分散する意味があまりないような気がしますが・・・
(どの案件に投資しても、借り手は同じ会社なので)

資金用途はすべて不動産の取得費用です。

また、これまで募集された案件についてはすべて「メザニンローン」でした。
(今後の案件もそうなのかはわかりませんが)
「メザニンローン」とは、不動産物件などの取得のために資金が必要だが、自己資金と銀行からの融資ではお金が不足する時、追加で借りるローンのことだそうです。

第二種金融商品取引業・助言代理業・宅地建物取引業の免許はありますが、貸金業の免許はないようです。
借り手が自社なので特に貸金業免許は不要と言うことなのでしょうか。

また、
「(※)当初はロードスターキャピタルが保有する物件への貸付型(貸付先はロードスターキャピタル)からスタートし、将来的に投資型をリリースする予定です。」
という気になる記載があります。
今後投資型(ファンド型?)のサービスも手掛けるのかも知れません。

■サービスの特徴:
対象となる不動産の住所や写真が明示されているのが他のサービスとは異なる特徴と言えます。
オーナーズブック画面20150528

これなら対象となる不動産を完全に特定することが可能でしょう。
物件の具体的な住所や写真が記載されていないmaneoやクラウドバンク・ラッキーバンクよりも安心できると言えそうです。

5%の利回りは個人的には若干物足りないのですが、とりあえず口座開設は申込しました。
今後もう少し利回りの良い案件が出てきたら投資を検討したいと思います。


年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







スポンサーサイト
  1. 2015/05/30(土) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月29日 日経新聞記事紹介「ネットで小口融資 倍増」

3月29日の日経新聞で融資型クラウドファンディングが紹介されました。

ネットで小口融資 倍増

<以下引用>
インターネットでお金の貸し手と借り手を結ぶ融資型のクラウドファンディングが伸びている。
2014年末時点の累計融資額は310億円と、1年前の約2倍になった。
国内ベンチャーキャピタルの大型ファンドに相当する規模だ。数万円からお金を出せるため、銀行の融資を受けにくいベンチャー企業などが活用している。
金融庁は対価として株式を受け取る株式型も5月に解禁する。
<引用終わり>


融資型クラウドファンディングが最近伸びてるよ、という内容です。
maneo,SBIソーシャルレンディング,AQUSH,クラウドバンクの4社が挙げられています。

「累計融資額310億円」とありますが、内訳は明記されていません。

自分の把握しているところでは、現時点で大体

・maneo: 270億円
・SBIソーシャルレンディング: 40億円
・AQUSH:15億円
・クラウドバンク:30億円

なので、合計だと355億円くらいだと思うのですが、まあ若干タイムラグがあるということでしょうか。

記事に「1年前の約2倍になった」とあるのは、1年前は累計155億円くらいだったという意味でしょうか。

1年前の2014年4月時点では大体

・maneo: 160億円
・SBIソーシャルレンディング: 30億円
・AQUSH:12億円
・クラウドバンク:5億円

だったはずなので、合計では少なくとも200億円は超えていたと思うのですが、これもタイムラグ?なのでしょうか。
よくわからないところです。

それにしても改めてこうしてみると、maneoのシェアが圧倒的ですね。
2014年4月~2015年3月の1年間でみると、融資額およびシェアは以下の通りです。

・maneo: 110億円 (74%)
・クラウドバンク:25億円 (17%)
・SBIソーシャルレンディング: 10億円 (7%)
・AQUSH:3億円 (2%)

いずれmaneoに迫るサービスは登場するのでしょうか。



年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







  1. 2015/05/06(水) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(5)

クラウドバンクセミナーでまた登壇させていただきます。
「融資型クラウドファンディングの魅力」をテーマに30分ほどお話させていただきます。
お時間のある方は是非。

2015年4月27日(月) 19:00~20:45
東京国際フォーラム [セミナールーム:G402]

お申し込みはこちらから
https://www.crowdbank.jp/seminar/index.html


しばらくあいてしまいましたが、以前の記事
(2014年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(4))
の続きです。

先日所得税の還付金の振り込み通知が届きました。
無事に申告通り18万9000円が還付されました。
ソーシャルレンディングの源泉徴収税分はほとんど返ってきた形です。
とりあえず一安心です。

国税還付金振り込み通知書(マスク)

ただ、後日調査が入ることもあるらしいです。
まあ、別に脱税したり架空の経費を計上しているわけではないので、仮に調査が入っても説明はつけられると思います。


さて、今回の確定申告では初の試みとして経費を申請することで税額を減らすことに成功したわけです。
かなりの効果がありましたが、「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」という本によると実はさらに税額を減らす方法があるそうです。


フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
(2005/12/08)
きたみ りゅうじ

商品詳細を見る

その方法とは、
青色申告
をすることです。

青色申告をすると、「青色申告特別控除」として、それだけで65万円の控除ができるそうです。
65万円も控除できれば、私の場合はソーシャルレンディングの所得をほぼゼロにできるので、源泉徴収税をほとんど取り戻すことができそうです。
65万円の20%だと節税額は最大13万円となります。

ただ、この青色申告は貸借対照表など様々な決算書類を作らなくてはならず、結構面倒なようです。
例の税理士さんに聞いたところ、これらはパソコンソフトを使えば素人でもできるとのこと。
最近はクラウドで無料で利用できるものもあるそうです。

多少ハードルは高いようですか、13万円のためならやる価値はありそうです。

ただし、青色申告は思い立ってすぐにできるわけではなく、申告する前年の3月日までに、「所得税の青色申告承認申請書
を提出しておく必要があります。
こんな書面です。

所得税の青色申告承認申請書(用紙)

一枚なので書くのはそれほど大変ではありませんでしたが、少し難しかったのは、一番下の項目「備付帳簿名」の欄です。
よくわからないので、税理士さんに聞きつつ丸をつけました。

実は、こちらも確定申告と合わせて提出してきました。
来年は青色申告にチャレンジしてみたいと思います。
来年に備え、こまめに領収書やカード明細をとっておくようにします。


記事を書くのが遅くなって確定申告の時期が過ぎてしまい申し訳ありませんでしたが、来年のご参考にしていただければと思います。

なお、私は税金の専門家ではないので、ここに書いた確定申告や青色申告の仕方が正しい保証はありません。
あくまでご参考とお考えください。



年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







  1. 2015/04/15(水) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2014年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(4)

前回の続きです。

前回税理士さんにいただいたアドバイスに従ってまた確定申告を手直ししました。
収支内訳書を新たに作成し、経費に住居費(40万円)や水道光熱費(27606円)を入れました。

作りなおした確定申告書は以下の通りです。
確定申告書(1)
収支内訳書


結局、経費の合計として619,664円を計上しました。
これにより、所得税の還付額は189,026円となりました。
前回作成したバージョンに比べて、さらに4万円ほど税金が安くなりました。
住居費や光熱費を経費に入れたのが大きいです。

あと、この本も参考になりました。

完全図解版 あらゆる領収書は経費で落とせる完全図解版 あらゆる領収書は経費で落とせる
(2015/02/06)
大村 大次郎

商品詳細を見る



ようやくできたので、これで税務署に提出してみます。
無事認められるでしょうか。
また結果を報告します。

なお、私は税金の専門家ではないので、このような経費の申告が認められるのかは定かではありません。
もし同じように経費を申告して、税務署に何か指摘されても自己責任でお願いします。




年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







  1. 2015/03/25(水) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(3)

前回の続きです。

確定申告の内容に自信がないのでチェックしてもらうため、まずは税理士を探す必要があります。

最初、知り合いの個人事業主を通じて税理士を紹介してもらいました。
基本的に企業向けの税理士のようでしたが、確定申告のチェックもしてもらえるそうです。
ただ、費用を聞いたらなんと10万円とのこと。
せいぜい数万円の節税のために10万円の費用をかけるのは本末転倒なので、別の税理士を探すことに。

次は以下のサイトで探してみました。

比較ビズ

依頼内容や希望条件を入力すると複数の税理士から見積もりがもらえ、比較できるようです。
また、一般的な料金の目安も載っていて、それによると確定申告のチェックは3万円くらいとのこと。

見積依頼を出すと早速翌日にはいくつか見積が届きました。
そのうちのひとりの税理士さんは、住所が近所で、自転車でも行けるくらいの距離です。
料金も3万円でやってくれるとのことでしたので、そこに頼むことにしました。

アポをとり、事務所に行って書類を見せながら説明すると、その税理士さんはたまたまmaneoのことを知っており、話が非常に早かったです。
ついでなので今度出す本の話などもしたところ、興味を持っていただけました。
そして確定申告の仕方について次のアドバイスをいただきました。

・ソーシャルレンディング収益の経費として、ネット通信費などを計上するのは問題ない。

・自宅でやっているのであれば、住居費や水道光熱費も経費に入れてよい。
 ただし全額ではなく、作業に使っている部屋の面積で按分する。

・投資関係のセミナーなどに参加したら、その参加費や交通費も入れてよい。
 また、関係者と飲食したら、接待交際費として計上してよい。

・証券担保ローンなどで資金を借りて投資しているのであれば、支払った金利も経費に入れてよい

・アフィリエイト収入などきちんとした支払調書がない場合は、収益の額がわかるweb画面などを添付する。

・ソーシャルレンディングの収益は雑所得ではなく事業所得としてもよい。
 その場合は「収支内訳書」の提出が必要

収支内訳書(用紙)

どれも大変貴重なアドバイスでした。
ちなみに、一時間ほど相談してこれらのアドバイスをいただいて、相談料は一万円でした。
これで数万円は所得税が安くなるはずなので、全然元はとれそうです。

いただいたアドバイスを元に、確定申告を手直ししてみます。
いくら所得税が安くなるでしょうか。

なお、私は税金の専門家ではないので、ここに書いた確定申告や青色申告の仕方が正しい保証はありません。
あくまでご参考とお考えください。

3月19日の日経新聞1面に著書の広告が掲載されました!
日経広告2



年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







  1. 2015/03/21(土) 05:00:00|
  2. ソーシャルレンディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。