けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記(旧)

「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の旧サイトです。2015年7月までの記事を掲載しています。新サイトはhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/です。

【海外記事紹介】私の2012年第2四半期のP2P融資の結果(2)

前回紹介したP2P LENDING NEWSの記事の続きです。

【海外記事紹介】私の2012年第2四半期のP2P融資の結果(1)

<以下引用>
私の2012年第2四半期のP2P融資の結果
by Peter Renton

・レンディングクラブ(メイン)
私のメインのレンディングクラブ口座はもっとも大きく発展した。
今月でレンディングクラブのこの口座を開設してから3年となる。最初の2年は、私はこの口座について保守的な戦略をとってきた。A,B,Cグレードのローンに集中した。昨年は、私は作戦を変え、より高い金利の得られるD~Gグレードのローンにのみ投資するようにした。
直近12か月のリターンは、2011年12月に6.29%、2012年3月は8.04%、2012年6月は10.19%であった。
また、最近6か月の間に投資金額を追加し、倍以上に増やしたため、比較的新しい口座であるともいえる。

・レンディングクラブ(Roth IRA)
この口座は、レンディングクラブで得られるもっとも高いリターンはどの程度かを知るために2011年4月に開設した。
最初からD~Gグレードにのみ投資したため、平均金利18.51%というこれまででもっとも高い金利を得ることができた。ただ、ここでの平均借入期間は10か月以内であり、多くのデフォルトが発生するであろうことは認識している。とりあえず現時点では285件のうちたった5件のデフォルト・1件の返済遅延しか発生しておらず、今はこのパフォーマンスを喜んでいる。
この口座の入金額の全額を投資するのに6か月かかったため、12.91%というリターンは、口座に入金後、投資されずにいた期間も含んでいる。

・レンディングクラブ(Traditional IRA)
この口座は、妻が保有していて今は使っていないいくつかのレンディングクラブ・プライムの口座を引き継いだものである。
私は、昨年の11月から、レンディングクラブ・プライムではなく、直接運用することにした。すべての再投資はD~Gグレードのローンに対して行うようにし、リターンは少しずつ増えている。
この口座をレンディングクラブ・プライムから直接運用に変更したとき、貸出件数は1118件であった。そして7か月後の現在、1392件である。
貸出の大部分をD~Gグレードにシフトするには12か月以上かかるが、リターンは10%近くまで向上すると思われる。

(訳者注:この記事からすると、レンディングクラブ・プライムというのは、おそらく初心者や忙しい人向けのコースで、個別に貸し出し案件を指定しなくてもある程度自動でやってくれるコースなのではないかと思われます。)

・レンディングクラブ(Roth IRA – PRIME)
この口座は、上記のTrad IRA口座の開設と同時に、妻が会社で加入していたRoth 401kの口座を、レンディングクラブのRoth IRAに引きついたものである。
私は、この口座を、レンディングクラブ・プライムとして開設し、以下のように運用した。
私は、直接運用した方がよいと確信しているが、実験のためにあえてレンディングクラブ・プライムとのままとした。
直近の四半期で、この実験はやや失望させられる結果となった。この口座は約2年前から開設されており、直近のROIは5.13%である。これは、その6か月前の7.96%よりも低く、過去最低水準である。
この四半期には11件の新たなデフォルトを被り、そのためにリターンが低下した。

・プロスパー(メイン)
私は、このプロスパー(メイン)の口座に関してはこれ以上ないほど満足している。リターンは傑出しており、期待以上である。
私は、この四半期はROIは15%程度まで下がると考えていた。しかし、8件の新たなデフォルトにも関わらず、18%以上を維持し続けた。
このリターンの数字については、幻想は抱いていない。この口座は新しく、(平均貸出期間は7か月)今後デフォルトが発生する可能性があるためである。
最近投資した33件のローンに関して、この四半期にデフォルトが少なくとも2倍は発生すると予測しており、リターンを低下させるだろう。
Lendstatsで口座をチェックすると、確定した私のリターンは13%程度であり、長期的なゴールである15%を下回っている。しかし、現実的な数字として将来には近づいていくだろう。

・プロスパー(2)
私は妻の名義で2つ目のプロスパーの口座を持っている。昨年の4月に、特別な104$を運用するために開設した。
昨年1000$を追加し、比較的少額のままに維持している。
少額の口座でどの程度のリターンが得られるかを知るためである。
ここでは、私の持つ口座の中でも最も高い平均金利29.95%というハイリスクのアプローチをとった。
そのため、リターンは非常に高いが、まだこの口座は8か月と新しい。
Lendstatsで見ると、確定したリターンはほぼ18%である。しかし、まもなく13~14%程度に低下すると予測している。

・P2P融資のリターン全体
直近の四半期の成績は非常によかった。
私はROIを2012年3月末の8.58%から向上させようとし、2012年6月末には9.57%に向上させることができた。ほぼ1%の向上である。
私は昨年高金利ローンに集中するよう戦略を変更したが、このことがリターンを向上させるきっかけとなった。
年末までにはトータルリターンを10%以上にできるよう、この戦略を継続する。もしかすると次の四半期には達成できるかもしれない。
金利の金額は非常に重要で、初めて1年で10000$を超えた。
11,434$であり、前回よりも2000$以上増えた。(この金額は、IRAの範囲内なので無税である。)
3か月後にはまたこれらの口座の状況を報告したい。
<引用終わり>



海外のソーシャルレンディング投資の記事ですが、なかなか参考になる部分も多くあります。

レンディングクラブでは、当初安全なA~Cグレードを中心に運用していたが、昨年からハイリターンのD~Gグレードにシフトし、パフォーマンスが向上したとのこと。
D~Gグレードでは、285件のうち5件のデフォルト・1件の返済遅延が発生したとのこと。合わせても約2%程度です。
それを差し引いても15%以上のリターンが得られているということなので、貸出金利は20%近いのでしょう。うらやましいですね。

日本のAQUSHでもデフォルト率は低く1%以下なので、おそらく現状ではAA~Bの安全グレードで投資するよりも、C~Dのハイリターングレードで投資したほうがパフォーマンスは高くなるものと思います。私もそうしていますが。


また、IRAというのは米国の個人年金のことだそうですが、アメリカでは個人年金をソーシャルレンディングで運用できるようですね。
日本にも確定拠出年金を導入している企業はありますが、運用できる商品は銀行預金や株式・債券の投資信託など限られています。
日本でも年金がソーシャルレンディングで運用できるようになるとありがたいと思います。
スポンサーサイト



  1. 2012/08/11(土) 08:54:28|
  2. 海外の動向
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【海外記事紹介】私の2012年第2四半期のP2P融資の結果(1)

P2P LENDING NEWSの記事を紹介します。

My Quarterly P2P Lending Results – Q2 2012

<以下引用>
私の2012年第2四半期のP2P融資の結果
by Peter Renton

私は、レンディングクラブとプロスパーでP2P投資を行っており、そこから得たリターンの詳細を四半期ごとに公開している。
こうしているのにはいくつか理由がある。
1つは、投資リターンはもっとも読者にとって興味を持ってもらえるためである。
2つめに、私はただP2P融資について書くだけでなく、信頼性と透明性の高い情報を提供したい。
最後に、私には説明責任がある。世界に対して四半期ごとにリターンを公開する必要がある。

今週前半に、私はXIRRファンクションを用いてP2P融資のリターンを計算する方法について考えた。そして、私は自分のすべての口座に対して同じ方法でリターンを計算した。
私は、以下の表にあるとおり、6つの異なる口座を持っている。それぞれについて、開始時点と終了時点での残高と、口座に対する追加入金と、金利と実際のリターンを表示した。「サイトからのリターン」という項目は、レンディングクラブとプロスパーそれぞれから四半期の終了時点で得られたリターンを表示している。

口座残高(2011/6/30時点)追加入金額残高(2012/6/30時点)実質金利XIRR ROIサイトから得られたリターン
レンディングクラブ(メイン)$11,635.14 $14,000.00 $27,348.17 $1,713.03 10.19%10.09%
レンディングクラブ(Roth IRA)$5,011.70 $0.00 $5,658.63 $646.93 12.91%15.97%
レンディングクラブ(Trad IRA)$59,004.39 $0.00 $62,907.46 $3,903.07 6.61%8.03%
レンディングクラブ(Roth IRA-PRIME)$15,160.67 $0.00 $15,938.10 $777.43 5.13%7.62%
プロスパー(メイン)$5,208.74 $33,000.00 $42,222.39 $4,013.65 18.39%18.37%
プロスパー(2)$1,105.76 $1,000.00 $2,485.45 $379.69 20.54%19.86%
合計$97,126.40 $48,000.00 $156,560.20 $11,433.80 9.57% 


<引用終わり>

書いたのはアメリカの個人投資家のようです。
合わせて15万ドル以上をソーシャルレンディングで運用しているとのこと。すごいですね。
平均で年間9.57%のリターンを得ているということのようです。
特にプロスパーでは18%以上もの金利を得ています。プロスパーがどんな仕組みになっているのか是非調べてみたいと思います。

「XIRRファンクション」というのがどういうものか不勉強のためにわかりませんが、こうした投資リターンを計算する手法のようです。
この表の形式はなかなかわかりやすくてよいですね。自分も今度からこの形式で各社での運用実績を一覧にしてみたいと思います。
  1. 2012/08/04(土) 17:07:38|
  2. 海外の動向
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネット資金調達 米国の賭け

2012年4月24日の日経新聞に「ネット資金調達 米国の賭け」という記事が掲載されていました。

「アメリカでネットを通じ広く資金を集める「クラウドファンディング」が広がっている」という内容です。
ネット資金調達のインディーゴーゴーというサービス事例が紹介されていました。

今はやりの「クラウドコンピューティング」のはクラウドはcloud(雲)ですが、「クラウドファンディング」はcrowd(大衆)で、全然違う単語です。
日本語にすると同じになってしまうので大変紛らわしいのですが。


記事の中で特に気になった部分を引用します。

(引用開始)
潮流をワシントンもかぎ取る。これまでは寄付ベースだったが、今月成立した新法では、投資型でも一定範囲でネットを通じた募集を認めた。米証券取引委員会は来年、詳細な規則を決める。高失業率に悩むだけに「起業こそ新規雇用を生む」(ブラウン上院議員)ともくろむ。
(引用終わり)


アメリカではネットでの資金調達についての法整備を進めているとのことです。
アメリカにはすでに世界最大のソーシャルレンディング「レンディングクラブ」がありますが、さらに多様な新規企業が今後生まれるでしょう。

日本のmaneoやAQUSH・SBIソーシャルレンディングはサービス開始にあたり金融庁等から認可を受けるまで何年も費やしたそうです。このあたりに日本で新たな金融サービスがなかなか生まれない理由があるように思います。
投資家保護は確かに重要ですが、新たな金融サービス誕生を阻害することのないよう、過度の規制はないほうがよいのではないでしょうか。
極端に言えば、リスクや資金用途についての情報開示だけ義務付けるようにし、あとは投資家の判断に任せる、ということでもよいように思います。
  1. 2012/05/12(土) 19:02:00|
  2. 海外の動向
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

【海外ソーシャルレンディング紹介】Zopa(11)

前回に続きZopaのサイトを見ていきます。


■より早く貸出を行うための金利の範囲

Zopaヒートマップ


各マーケットごとに、どの範囲の金利を設定すればスムーズに貸出が行えるかを図にしたものです。
AQUSHのヒートマップと同じような意図のものでしょう。

一番金利の低いA*36ヶ月では約6%・一番低いC60ヶ月では11%程度の金利を設定すればだいたい良いようです。

ちなみに日本のAQUSHでは、貸出しやすい金利は2011年5月29日時点で一番金利の低いグレードAAが2.5%・一番金利の高いグレードDが6.4%です。

世界的に低金利とは言え、現在でもやはりイギリスよりも日本の方が3~4ポイントほど低金利のようです。
  1. 2011/06/04(土) 21:24:04|
  2. 海外の動向
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【海外ソーシャルレンディング紹介】Zopa(10)

諸般の事情で、今後は3日に1回程度の更新となります。


前回に続きZopaのサイトを見ていきます。

マーケットについて

概要
現在の貸し手から提供されている金額
4,252,658ポンド(約5500万円)

本日見積もられたローンの件数


本日の新たな借り手
11

本日の新たな貸出の申し出
7

Zopaのマーケットの数
10

Zopaのメンバーの数
584,246



本日が日曜なので新たなローンの件数は0件ということでしょうか。

マーケットの数が10というのは、A*,A,B,C,Youngの5つのグレードのそれぞれに貸出期間が36ヶ月と50カ月の2つがあるので10個ということだと思います。

そしてメンバー数が58万というのがやはりすごいですね。
日本ではmaneoがようやくメンバー2万を超えたところで、AQUSHは4500人程度です。
イギリスではかなり広く受け入れられていると言えるでしょう。


↑SBIソーシャルレンディングでの投資はこちらから





↑SBIソーシャルレンディングでの借入はこちらから


  1. 2011/05/24(火) 10:56:56|
  2. 海外の動向
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

当サイトについて

当サイトでは、「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の2015年7月までの記事を掲載しています。 最新の記事は、下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(新)
2015年8月にブログのテンプレートを変更した際、過去記事の一部の表などが表示されなくなってしまったため、過去記事を当サイトに移動しました。

プロフィール

kennygorou931old

Author:kennygorou931old
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
maneo (143)
ソーシャルレンディング (60)
AQUSH (67)
AQUSHヒートマップ (43)
SBIソーシャルレンディング (38)
その他 (4)
サイト紹介 (5)
サービス会社比較 (29)
セミナーレポート (11)
ソーシャルレンディングとは (2)
マーケットの動向 (1)
メディア掲載 (3)
投資本の書評 (17)
海外の動向 (19)
用語解説 (2)
運用状況 (145)
Q&A (1)
インタビュー (4)
ミュージックセキュリティーズ (5)
日本クラウド証券 (14)
jitsugen (1)
クラウドクレジット (6)
ラッキーバンク (2)
海外不動産投資 (4)
LCレンディング (1)
スマートエクイティ (1)
出版 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR